2016年4月2日 土曜日

ご近所の方々から信頼されてこそ、町工場は生き残れる。

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。
昨日、第二工場のお向かいの住人の方から、
コストコで買いすぎたからとパンをたくさんいただきました。

DSC_7761

第二工場の真向かいにお家が三軒できた時、
正直心配しました。
工場ですので、トラックや車の出入りも多く、
極力ご迷惑をおかけしないようシュミレーションし、
社内はもちろん各運送屋さんにも徹底しました。

日之出本社のある豊橋市錦町は
豊橋駅から1㎞という便利なところにあります。
以前は工業地帯で、工場も多かったのですが、
いつの間にか、日之出一軒になってしまいました。

第二工場は、住民の反対運動で廃業した
元鋳物工場ですので、余計気になります。

以前第二工場の一部を改築した折り、
周囲のお宅にご挨拶に伺ったら、
20軒以上にもなり結構大変でしたが・・・

台風の時に工場のプラスチック波板が
お隣の壁に張りついたり、ボイラーの蒸気煙突が
道路に転がったりしたこともありますので、
ご挨拶していて良かったと思いました。
ご近所の建築工事や法事などの時には、
日之出駐車場をお使いいただいているのは、
とても喜んでくださっています。

DSC_7753

本社工場の右隣の一角に町会長さんが
住まれているのも頼もしく、その隣のお宅の花壇に
目を愉しませていただき、左隣の元小学校の先生とは、
出勤時にほぼ毎朝挨拶を交わしていました。
昨年の秋、お見かけしないと心配していましたら、
入院されて間もなく亡くなられたとのこと・・・

お元気で一人暮らしをされていましたが、
90歳と娘さんから伺いびっくりしました。
工場の塀沿いの小さな花壇の世話をしている
日之出のMさんとは、偶然同じ新城出身で
話が弾んだようでした。
通学中の中学生が、ゴミを捨てたり、
花をむしったりするのを注意したり、
休みには水まであげてくださっていたと聞き、
ほんとうにありがたく、もうお会いできないのが寂しいです。

PSX_20160402_154250

住む人がいなくなったお宅がどうなるのかも
心配でしたが・・・
一時同居されていたお孫さんが結婚されて、
建て直して住まれると聞きほっとしました。

一昨年には町内の老人会の方々が、
昨年は校区の小学校の先生方が見学に来られました。

近くに日之出が有って良かったね、
と思っていただける会社でありたいと思います。

 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ