2016年5月9日 月曜日

メキシコ料理と鮮やかな色彩のドレス・非日常の母の日プレゼント。

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカーの松本ゆり子です。
一日遅れの母の日のディナーをご馳走になりました。

仕事終わりの6時半出発、場所は御津町です

DSC_8642

雨で真っ暗ですが、渋滞も無く7時に到着、浮かび上がったレストラン「アルパライソ」のシルエットが斬新です。
アルパライソ

DSC_8644

DSC_8643

ずっと以前、やはり息子と来たときは、明るい海の香りがする二階席でしたので、全く違うところに来たような感じです。

DSC_8640

息子が予約してくれた店の奥に座って期待にワクワクします。飲み物は辛口のジンジャーエール、ワインも好きですが一人ではあまり飲みません。

DSC_8656

やっぱりメキシコ料理らしい、チェリソーやタコスを中心にオーダーし、分け合って食べることにしました。

DSC_8658

あっと言う間にお料理が揃いました。

DSC_8665

というのも、お客様は私たちだけなのです。
昨日友人たちが予約するのが大変だったと話していましたが、一日外すだけでゆっくりできました。

DSC_8664

エビやお肉、じゃがいも、野菜等をくるんで、辛味ソースをつけて食べるタコスはとても楽しかったです。

DSC_8669

DSC_8671

お店からデザートをサービスしていただき、カプチーノを味わい心もお腹もいっぱいになって、帰ろうとしたとき、お店の雑貨が気になりました。
普段使いに良さそうなオーバーブラウスを手に取ると、お店のマダムも薦めてくれるので、買おうとすると、「そんなの薦めちゃだめだよ。」と息子が一言。

DSC_8647

「買うならあれがいい」と指さしたのは、ピンク、ホワイト、ネイビーの三色の鮮やかな花柄のドレス(上衣)です。正面上部に飾ってありますので、もちろんお店の一押しとわかります。私もいいなと思ったのですが、派手すぎる、どこに着ていけばいいの、など考えてしまうのです。
「どこでもいいんだよ、ショッピングや、食事でも」
そう言われるとそんな気が・・・。真ん中のホワイトが特にきれいで、ちょうどそれに合うカーディガンもあります。サイズもぴったりなので、購入することにしましたら・・・息子がプレゼントしてくれました。「本人が気に入って俺がいいと思うものをプレゼントしたい。」そうです。

DSC_8698

レジにあったブルーのミサンガをながめていたら、マダムがブルーとレッドの二つをおまけしてくれました。デザートもサービスしていただいたのに申し訳ないのですが、こんな暇な雨の日に遠くからきてくれたのが嬉しいそうです。

息子は、これまでいろいろな人を連れて来店している常連なのです。自然な人柄のマダムとの間の信頼関係が心地よく感じられました。

DSC_8684

帰宅してから、ドレスを試着してみました。
非日常で楽しい母の日プレゼントでした。

 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ