2017年3月

東日本大震災から6年、東北地方の方々の前向きな頑張りを尊敬します。

皆様、こんにちは。
東日本大地震から6年経ちました。
テレビによりますと、地震とその後の影響で亡くなられた方が2万人、
いまだに避難生活を送っていらっしゃる方々は12万人もいらっしゃるそうです。

当時モップ・マットレンタル業会の役員だった私は、東北地方の会員企業の方々の安否を確認するのに必死だったことを思い出します。

電話は全く通じず、会員企業全部に連絡するのに丸二日かかりました。
幸い人命に別状は無かったのですが、社屋や車、自宅等にかなりの被害がありました。

特に地震と原発でダブル被害を受けた福島県の社長様が、業界会長だったので、大変だったと思います。

お見舞いのとりまとめやらで、東北の皆様と話す機会が多かったのですが、愚痴や弱音を吐く人がいないのに驚きました。

その年の総会を東北支援を兼ねて青森で開催し、ねぶた祭りを見学した折り、被災した企業様から飲み物などの差し入れをいただき恐縮したことを思い出します。

↓被災社長様の頑張りのご様子と当時の気持ちを綴ったブログです。良かったらお読みくださいませ。

今私にできること

2014年の夏、同じ会で被災地見学に出かけた時のことも忘れられません。



http://otome-blog.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/–3489.html
現地で知り合いFacebook友達になった女子大生さんが、
お取引先の東京の支店に就職して元気でいるのも嬉しいです。

過ぎたことは過ぎたこと、今できることを前向きにやっていきたいと思います。

日々の暮らしに感謝して、周りの方々に明るくやさしく笑顔で接するよう心がけたいと思います。

 
ゆりこ

伊良湖への道筋で見つけた渥美花の寺・法光院

皆様、こんばんは!

先週伊良湖菜の花ガーデンに行く途中、友人に素敵な花のお寺を教えていただきました。
サンテパルク田原の手前、5分ぐらいの法光院さんです。

渥美花の寺・法光院


数十本もの河津桜が青空に映えてそれは美しかったです。



夏みかんがたわわに実っていたのも気に入りました。



私は夏みかんが大好きなのです。



高価なメロンをいただくより夏みかんをいっぱいいただいた方が嬉しいのです。
冗談でもしもの時は、私を夏みかんで埋めてねって言ってるくらいです。

椿も美しかったです。

夏には珍しいお花も咲くらしい・・・

皆様もご覧になったら・・・
こんな所にと、驚かれると思います。

東三河を歩こう・法光院 より転載

↑法光院の入り口は目立たないので、上記のHPをご参照ください。

今日、明日の休日も菜の花がきれいだと思います。
お時間のある方は、ぜひ行ってみてくださいませ。

 
ゆり子

「産業雇用安定センター」様の賛助会員になりました!

皆様、こんばんは!新入社員のKさんと、Eさんをご紹介くださった「産業雇用安定センター」のOさんが来社されました。


折よくレンタル業務から帰社したダストクリーンのEさんから、近況報告してもらい、先輩から、「これまでで一番良い人財」と評価されていることもお話して、喜んでいただけました。

倉庫作業をしていた日之出のKさんにも来てもらいましたら、「フォークリフトやってるの?」と聞かれました。フォークリフトの免許は同センターさんのご手配で取得させていただいたのです。「クラッチが難しいけど、頑張ります。」との明るい返事に満足そうなOさんでした。

昨年は、日之出もダストクリーンも人財募集に大変苦労しました。
シニアが頑張ってくれているですが、皆年齢を重ね、ドクターストップや療養中の方が続出、若い方もアレルギーや体調不良、産休に入ったりして人材不足になっていました。

日之出の仕事は、手作り的な職人技が多いので、育成するのに時間がかかります。
早いうちに若い後継人材を入れなければ困るのは目に見えています。

ハローワークは勿論のこと、岡崎ビジネスサポートセンターさんで教えていただいた株式会社ビズリーチさんの求人サイト・スタンバイのページを作り、HPに掲載し、Facebook やTwitterで呼びかけ、友人にもずいぶんお願いしました。

Facebook のお友達が拡散してくださったお陰で、モップ糸づくりの後継者さんが入社してくれて助かりました。その後、パートメンバーは見つかりましたが、次代を担う若手の正社員がなかなか決まりませんでした。

そんな折に、イトーヨーカドー閉店に伴う人財の再就職支援をされていた「産業雇用安定センター」のOさんと知り合い、素晴らしい人財をご紹介していただけて幸運でした。

そういうわけでこのたび、「産業雇用安定センター」様の賛助会員になりました。



 
年額たった一万円の会費で、情報満載の会報を送って下さり、HPにも社名を載せてくださるそうです。人財確保にお困りの皆様は、ぜひ産業雇用安定センター様にご相談されることをお勧めいたします。

 
ゆりこ

歯医者さんは苦手ですが、今年の目標通り「楽しく治療をやりきります。」

皆様、こんにちは!
今日は、アクシデントがあって歯医者さんに走りました。



飛行機も高い所も大好きで、怖いもの知らずと思われるのですが、
歯医者さんは苦手です。


口を開けたままの治療は
意思を表現できないし
時には痛かったり、腫れたりして
楽ではありません。
長期間通わなければならないのも
苦になります

歯の健康の大事さもわかっているので、
昨年はきちんと治療しようと通い始めたのですが、
仕事の都合でキャンセルしたままになってしまい
数十年来お世話になっている歯医者さんに申し訳ないです。

放っとかれても仕方がないのに
「また通ってくださいね。」
と、優しく言っていただいてありがたかったです。

笑顔で受け付けてくださった奥様にも感謝です。

日之出の今年の目標は、 「楽しくやりきる」なので、
「楽しく治療をやりきります。」 と、明言しました。

旭川の友人のうらちゃんのように
治療室にスマホを持ち込み


友人うらちゃんの「アイブログ」から転載 http://planningai.sblo.jp/article/178735308.html
↑「アイブログ」です。治療中の様子も載ってます。

撮影するほどの度胸はありませんが・・・
歯の事、治療方法の事など、いろいろ観察して楽しみたいです。

待合室での時間も読書やSNSの交流などに充てれば、
きっと楽しいですね。

楽しく歯医者さんに通い、口腔の環境を整え、 美味しくご飯をいただければ、心身共に健康になれそうです。
皆様は、正しい歯のメンテナンスを心がけて、 私のように重症にならないようにお気をつけてくださいね。



ゆりこ

RINE@活用セミナーを受講して

皆さん、こんにちは。
今日は、ソーシャルメディアコンサルタントの松浦法子先生のLINE@セミナーを受講しました。



国内利用者数6,800万人のLINEのビジネスアカウントがLINE@です。
メーカーの日之出には関係無いかと思っていたのですが、モップ・マットレンタルのダストクリーンには、有益なツールになりそうな予感がします。
正式なビジネス認証済みアカウントは、まだ25万店とのことですので、先行者利益があるそうです。
設定の仕方も丁寧に教えていただきましたので、先ずは登録からトライしてみます。



松浦先生、素敵なセミナーをありがとうございました。



ご親切に企画して下さった市橋さんにもお礼申し上げます。

ゆりこ

夢の実現ため想いあうピュアな愛と努力の素晴らしさ「ラ・ラ・ランド」

皆様こんばんは!休日の夕方のひとときに



ユナイテッド・シネマ豊橋18で「ラ・ラ・ランド」を見て来ました。



★第89回アカデミー賞® 監督賞(デイミアン・チャゼル)、主演女優賞(エマ・ストーン)含む6部門受賞した話題の映画です。
ユナイテッド・シネマ豊橋18 上映作品

理想を追うジャズピアニストのセブと女優を夢見るミアの 恋と夢の行方は~
二人のピユアな想いが胸を打ちます。



音楽もダンスも素晴らしく、背景のロサンゼルスの景色も夢のような美しさです。



映像や音響に優れたIMAXデジタルシアターで見られて良かったです。
皆様も良かったら、ぜひご覧くださいね。

ゆりこ

青空に一面の菜の花畑の黄色が美しい伊良湖菜の花ガーデン

皆様、こんにちは。休日の土曜日、思い立って伊良湖に行ってきました。



昨年購入した伊良湖ビューホテルの入浴回数券の期限が3月5日だったのです。露天風呂の景色はいいし、昨年より岐阜からお湯を運んで温泉になったのも嬉しいのです。



何より伊良湖菜の花ガーデンの菜の花が満開と聞いていてもたってもいられなくなりました。若いころから、海や山が好きだったのですが、歳を重ねるごとに、ますます自然が好きになってくるようです。



今年は、河津桜にも間に合ったので良かったです。



伊良湖ビューホテルのお風呂に入って、ほとんどスッピンでしたが、嬉しくて写真を撮ってもらいました。恥ずかしがり屋の友人の素敵な笑顔を載せられないのが残念です。

 


菜の花ガーデンの駐車場に入れなかったので、先に伊良湖岬に行きましたが、こちらも激混みで食事ができず、やっとのことで大アサリ焼きだけ注文できました。



友人が伊良湖灯台側の一番奥のお店で「天むす」を見つけてくれて、パイナップルも買えたので助かりました。

帰りがけに伊良湖菜の花ガーデンに行ったら、スムースに駐車場に入れました。

伊良湖菜の花まつり・菜の花ガーデン

この時期の休日の伊良湖は、とても混みますので訪れる順番が大事です。
菜の花ガーデン早朝か午後3時以降でないとなかなか駐車場に入れません。
伊良湖岬での食事は避けるか、11時開店の30分ぐらい前から待っていた方がいいかもしれません。

菜の花畑は広いし浜辺にも出られるので、駐車さえできれば、ゆっくり楽しめます。
家族で楽しめるイベントも多いし、菜の花滑り台では、そりも貸してくれますので、子供たちも大喜びすると思います。

豊橋から一時間ちょっとでこんな素晴らしい景色を満喫できますので、ほんとうに恵まれています。

お出かけの際は、国道259号は混みますので、他の道を行かれた方がいいと思います。
私はいつもライフポート豊橋付近から県道2号線で三河湾大橋を渡り、三河湾沿いに走り、浜田橋西の交差点を左折し、259線を横切りサンテパルクの前を通って、赤羽根町への道を使っています。赤羽根に出るまでは、夏のハイシーズンでも渋滞にあったことが無いので、お勧めです。

菜の花まつりは3月31日までですので、皆様ぜひお出掛けくださいませ。

 
ゆりこ

 
 
 
 
 

お雛様は娘を想う親心☆ご縁ある元スタッフのしあわせを祈ります。

青々とした立派なブロッコリーをいただきました。



元縫製スタッフのナナちゃんからです。
農家を継ぐため辞めた後も、年に1~2回、リーダーのAさんのところに野菜を届けてくれるのです。昨年、娘さんが専門学校を卒業したと聞いて、びっくりしたのですが、なんと”おばあちゃん”になったのだそうです。とびっきり元気で若々しい笑顔しか思い浮かばないので、想像もできません。

二十代から三十代の半ばまでを日之出で過ごしたナナちゃんは素直で明るい性格で皆に好かれていました。ご主人の実家の農家を継ぐと決まって、退社時期を二年半も前から会社に申告してくれる律義さのおかげでスムーズに業務の引き継ぎができました。

月日の経つ速さに驚かされます。会社にも顔を出すようにAさんに言づけたけれど、遠くて日曜日にしか来られないのかもしれません。

お子さんも無事に成長したけれど、それなりに苦労もしたらしい・・・。
ナナちゃんのこれからの人生が幸せでありますよう祈らずにはいられません。

今日はお雛祭り、娘たちもお嫁に行って、お雛様は倉庫にしまい込んだままです。
母を亡くした一人娘のため、毎年お雛様を飾る実家の弟の心情が尊く感じられます。
お雛様は、いつかはお嫁に行ってしまう娘の仕合せを祈る親心なのだと思います。



ブロッコリーはサラダの他、ポトフにも入れて楽しみました。
ナナちゃん、ありがとう。ご馳走様でした。
 
ゆりこ

お客様に忘れられないよう、お客様の喜ばれることを発信し続けます。

昨日、日之出のレンタル部門である有限会社ダストクリーンのお客様の新工場にお伺いし、初めてお会いするご重役に、エコマークマット納入の経緯をお話しさせていただきました。

社長になって初めてご挨拶に伺った時、当時の社長様から、「前社長とお約束したエコマットは、創ってくれますか。」と聞かれ、「前社長がお約束したことことなら、必ず実現いたします。」と即答しました。

当時は玄関マットのエコマークの基準が厳しすぎて、無理と思われていたのですが、日之出の皆と取引先の協力の元、試行錯誤を繰り返し、製造方法の工夫により、ようやく1年半後に達成できた時は、ほんとうに嬉しかったです。

同時に取り組んだ使用済繊維製品を再生して作ったモップもエコマークを取得できたことから、リサイクルの研究仲間のご紹介で日本経済新聞さんに取材を受け、3回も記事にしていただけたのは幸運でした。



ご依頼いただいたお客様にも大変喜んでいただけ、無事納入させていただいたばかりか、2004年の環境報告書に記載しただいたことなどもお話させていただきました。



ご依頼をいただき共に創り上げた「お客様専用の玄関マット」であることはご存知だとばかり思っていましたが違いました。

考えてみますともう10年以上前のことですので、ご存じなくても当然でした。
採用していただいたからと言って、胡坐をかかないよう・・・
お客様に忘れられてしまわないよう・・・
常にお客様に喜んでいただけることを発信し続けようと思います。


ゆりこ

3月1日は前社長の誕生日☆日之出を継いで15年4か月!弱音を吐かなかった前社長の気持ちは、今の方が心から理解できます。

3月1日は前社長松本哲男の誕生日です。
毎年お赤飯を炊いて、ご馳走を作りお祝いしたのを思い出します。

妻は家庭にと考える前社長は、仕事のこともあまり話さず、私は日之出のことをほとんど知りませんでした。朝・昼・晩の食事の他に一日に数回も家に帰ってくる主人のため、いつも家にいて、家族以外の人との交流は少なかったのです。その代り、子ども達や主人の両親とは濃密な関わりを持って暮らしていました。

晴天の霹靂で社長になって、あちこち気軽に出かけ、多くの方々とお会いできるようになり、百八十度生活が変わったのも面白い運命だと思います。
二十数歳までは、気楽な核家族で「一番たいせつなものは自由」をポリシーとする父の影響を受けてのんびり育ち、大家族に嫁ぎ「人の一生は重き荷を背負い・・・」の家訓を見せられびっくりし、夫と両親の意向に沿って真面目に堅実にをモットーに二十数年を過ごしました。

社長になってからは、自由だけれど何でも自分で決めなければならない責任感の重さを痛感し、初めて経営者の孤独を知りました。
創業者の松本繁次郎に請われ、前社長が日之出に入社したころ、お金が無くて苦労したと聞いたことがあります。将来を嘱望されたサラリーマン時代の実績と実力で乗り切ったのでした。



私が継いだ時は、資金(保険金)はありましたが、実績と信用がゼロでした。
当時は景気も業績も振るわず、他に社長のなり手は誰も無かったのです。

前社長の 「会社を売ってもいい!」 「潰してもいい!」 「お前ならできる。」の声に励まされ、 覚悟は決まっていましたので、迷うことは少しもありませんでした。
主人の友達、親せき、実家の父など頼れる方々全てに教えを請い、会計士さん、社労士さん、弁護士さん、お客様、お取引先様のご援助と日之出の社員みんなの力で無事に経営してこられたことが本当にありがたく、心から感謝しています。
愚痴や弱音を吐かなかった前社長の気持ちは、今の方が心から理解できます。 会社や家族のために一生懸命頑張ってくれた主人に感謝するばかりです。

毎年、創業の2月4日や3月1日は記念日としてお休みにしたいと思うのですが、月初はお客様のご注文も多く、ご迷惑をかけますので、できかねています。

せめて3月のお誕生日お祝いの日に、日之出のみんなに美味しいお菓子でも配ろうと思います。



前社長の大好きなフリージアの花、数年前にベテランのMさんが植えてくれました。

前社長の会社を想う心を日之出メンバーにも伝え続けたいと思います。

ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ