2017年3月20日 月曜日

谷津干潟自然観察センター

連休最終日、弟に誘われてウオーキングに出かけました。



実家から2キロ足らずの所に、谷津干潟があります。
若いころ、谷津遊園のバラがきれいで、友人と一緒に見に行ったのも懐かしいです。

東京大空襲で被害にあい、深川のバラックから引っ越してきた夫は谷津遊園の傍で中学2年生まで育ちました。
当時谷津干潟は高速道路も無い海辺で、魚釣りをしたり楽しかったそうです。

うちの子たちが幼い頃、谷津遊園・動物園もあって、遊びに行ったこともありました。



入園者が減ったせいか、遊園地は閉園し、住宅地とマンション群になりました。
美しいバラ園だけが残されて、今でも多くの人の目を楽しませています。



汚れて荒れていた谷津干潟が、1993年6月にラムサール条約指定湿地に認定され、渡り鳥の飛来地として整備され、谷津干潟自然観察センターには多くの人が訪れています。
谷津干潟自然観察センターHP



入館料大人370円、65歳以上180円、小中学生以下は無料で、 指導員の方が親切に教えてくださるし、子供も楽しく野鳥の事がわかる仕掛けがいっぱいです。
鷺や鴨などが眺められるカフェも、入館料なしで利用でき、軽食もあるのでお勧めです。

 
一時は埋め立ての危機に会った谷津干潟が、気持ちの良い散策路になっているのを知ったら夫もさぞ喜ぶことと思います。

ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ