2016年10月1日 土曜日

大先輩大橋鎮子さんモデルの「とと姉ちゃん」最終回の今日からブログを再出発します。

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

とうとうブログに挫折しているのを見つかってしまいました。
昨日、日ごろお世話になっている看板屋の市橋さんから、豊橋のfacebookのお友達のグループ「100日ブログやります(^^)」にお誘いいただいたのです。
ワードプレスの使い方もよくわからないし、書くことにも詰まって苦慮していたのですが、せっかくいただいたチャンスですので、覚悟をきめて頑張ってみようと思います。
とりあえず継続することを目標にしますので、中身がちょっとという時や、短か!という時もあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

ところで今日最終回を迎えたNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のモデル大橋鎮子さんは、高校の大先輩です。というか私が東京都立三田高校に入学するきっかけになった方でした。

dscf0369201

1964年東京オリンピックの年、よりによってなんで受験生なのと、TVを横目で見ながら勉強に励んでいた中学三年の秋、母が一冊の本を買ってきました。記憶が定かではないのですが、「暮らしの手帖」だったのではないかと思います。
そこには三田高校の前身「東京府立第六高等女学校」のことが十数ページにわたる特集で取り上げられていました。初代の丸山丈作先生が、女学校で初めての洋装の制服や修学旅行など自由で革新的な校風を作り上げたこと、大正時代に建てられた校舎は鉄筋コンクリート造りで、情操教育のためのスタインウエイのピアノや体力づくりのための温水プールまであったことが書かれていました。

14485005_1225440607519832_4727316207092226389_n

すっかり記事に魅了された両親の強い勧めで、三田高校を受験することになったのです。
入学してからは勉強よりも、合唱コンクールや文化祭に熱心に取り組んだこと、毎日見上げた東京タワーのことが記憶に残っています。

何十年もたってから、東京から離れた豊橋で東海地区の同窓会を開くご縁に感慨深いものがあります。同窓の皆様にお会いできる10月30日を楽しみにしています。

ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ