Posts Tagged ‘#モップ’

「今ある仕事は断らない。」難題に挑むメーカーの覚悟

こんばんは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です

色々懸案事項が多かった11月ですが、日之出グループの今週の業務も何とか無事終了し、ホッとしています。

「基本的に今ある仕事は断らない。」と、積極的に難題に取り組む仕入先の加工メーカーさんの前向きな言葉に、励まされました。

結局は、人柄と信頼だと思っているのですが、コストが絡むと難しいです。

お客様に誠意と努力をわかっていただけるよう、心を尽くしたいと思います。



先代社長の主人が植えた薔薇が、寒さに耐えて咲いているのを見て、そんなことを考えています。



先日Googleマップを見て来たトラックが、看板が無いので通りすぎてしまいました。これからますますGoogleマップでの販促が重要になるそうです。

市橋さんがデザインしてくださった、売れる看板への変更も、やっと決心がつきました。

派手めの看板で、私も気恥ずかしいのですが、来週月曜日の朝礼で、趣旨をよく説明して、地味で真面目な日之出メンバーの抵抗が少ないようにしたいと思います。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。


ゆりこ


日之出HPから一般販売用モップのご注文ありがとうございました。

こんにちは!日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



先日長野県のI高校様に、M6サイズモップ20枚をお送りさせていただきました。

日之出製のモップハンドルをお持ちで、ハンドルに合わせたモップを求めて、日之出のHPにお問い合わせいただき、2回目のご注文です。

日之出の一般用モップは、以前全国の学校や公民館でたくさん使われていました。

最近では、販売店さんが廃業し、どこで買ったらいいか困って、インターネットで探されるお客様も多いようです。


3~40年前の日之出マーク付きモップがまだ使われていました。

昔の日之出マーク付きの数十年前に製造したモップが、H公民館で見つかったぐらい丈夫な日之出製品ですので、



まだ使える日之出ハンドルが多く残っているかもしれません。


ハンドルは青、又はシルバーの柄で、日之出マークのシールが目印です。



もし日之出の換えモップにお困りでしたら、0532-31-2237までお問い合わせくださいませ。

ハンドルが使えれば、運賃高騰のおりから、モップ糸だけお送りすれば、エコでリーズナブルですね。

もちろん新ハンドルもございます。

このたびは、お問い合わせ並びに、ご注文ありがとうございました。わざわざ探していただき感激しています。

モップや玄関マットなどで、お困り事がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

精一杯お答えさせていただきます。

ゆりこ


ブログを見て、テレビ局からお問い合わせが・・・

皆様、こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

ランチ休憩から帰社したら、テレビ局から「日本初のモップメーカーなんですか」とお電話があったとか・・・

取材かしらとちょっとドキドキ・・・番組内容をネットで調べてから、お電話してみました。



「雨の日特集なのですが、モップは雨の日にはよく売れますか?」

想定外のご質問だったので、一瞬考えてから、「雨の日には役に立つと思うので、エンドユーザー様は、お使いになると思います。・・・弊社はメーカーですので・・。」とお答えしました。



「ありがとうございました。」とあっさり電話が切れてから、可笑しくなりました。自意識過剰ですね。

「それだけ、話を膨らませなかったの。」と息子も笑っています。

主婦の頃は、目立つのが大嫌い、読み聞かせボランティアの友人達がTV取材を受けたときも、私は手伝いですのでとカメラに写るのを断ったり、寄付も匿名、老人施設のお手伝いによる善意銀行の表彰も辞退しました。

思いがけず社長になってからも、HPに写真を出すのも嫌でしたが、「社長は広告塔にならねばいけない」と人に言われ、いつの間にか平気になっていました。

お電話くださったテレビ局の方は、私のブログを読んでくださったのだそうです。

ありがとうございました。
やっぱりSNSにも力を入れた方がいいですね。



私は、皆が一生懸命にモップを造っているのを見るのが大好き、そんな日之出のモノづくりへの姿勢、お客様への熱い想いを発信して行きたいと願っています。



ゆりこ


中小企業の熱中症対策

先週よりは少しましですが、まだまだ暑い豊橋です。
皆様は、熱中症対策どうされていますか。

日之出では



・塩飴、梅干配布



・冷水補給(ウォーターサーバー)
・食堂のクーラーをつけっぱなしにして、休憩の推奨。
・スポットクーラー増設



・空調服購入

などをしています。



当初は好評で賈い足した空調服は、やっぱりベタベタすると、今日のダストクリーンの倉庫での積込作業には着用していませんでした。

保冷剤を入れるクールベストは、すぐに効果が無くなるとのことで、昨年から却下になっています。



クーラー3台起動の2階ミシン工場でも30℃以上、下の倉庫・出荷場は35℃にもなりますので、困っています。
何か良いアイディアがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

ゆりこ


大学の工学部を出ていなくても、中小企業の得難い人財、100歳までよろしくお願いいたします。

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。
一昨日は、ほんとうに風が強かったですね。
皆さんの所ではご被害なかったですか。

日之出でも、私の窓辺のひさしが、壊れて落ちてしまいました。



ベテランのMさんに相談したら、有り合わせの材木を裁断して、



残り物のぺンキを塗って、すぐに直してくれました。



可哀想な姿になぎ倒されていた、水仙にも支柱を建ててくれて、起き上がることができました。



Mさんは、モップハンドルの開発に携わり特許も取得した日之出の技術者です。
自分で開発した機械を使って、静電気除去モップを製造するのが主な仕事です
年齢は重ねましたが、山登りするほど身体壮健、フォークリフトやトラックの運転などお手の物です。
そればかりか困った時は、何でも相談して解決してくれる頼もしい存在。
日之出の宝です。

大学の工学部を出たわけではありませんが、中小企業にはほんとうに役に立つ人財がいるものです。
いつもほんとうにありがとうございます。
お身体にお気をつけて、100歳までもよろしくお願いいたします。

ゆりこ


3月1日はエンドレ糸発明者の松本哲男の誕生日・・・今日もエンドレスモップを造っています。

こんばんは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆりこです。
3月1日は、日之出の先代社長松本哲男の誕生日です。



今日縫製部では、エンドレス糸を使ったエンドレスモップを製造していました。
エンドレス糸は、松本哲男が若き日に苦心して開発したエコで丈夫なモップ糸です。毛先がツイストしたループ形状のモップ糸というのが特許で、アメリカやヨーロッパの海外特許も取得した自信作でした。ちょうど私達が結婚したころ、寝食も忘れて、開発していたのです。



糸の形状もですが、エンドレス糸の製造機の開発が大変でした。あちこちの機械屋さんを訪ね、試行錯誤を繰返し、小さなものから大きなものまで、何台も造ったと聞いています。
特にループ糸を縒る中心となるスパイラル機構が難しくてどこも出来ず、やっと見つけたのが豊橋の名人の加工屋さんでした。 
「豊橋の技術は大したものだね」ととても喜んでいました。


以前ほどご注文は少なくなったのですが、埃をとる力が優れていること、丈夫なことで根強い人気があります。



繊維製品をリサイクルした、日本初のエコマークモップが造れたのも、エンドレス糸製造技術が有ったからでした。

心血を注いで開発した、機械の所有権を私に登記したと、嬉しそうに話してくれた、主人の笑顔を思い出しています。
あの時は、あまりピンと来なかったのですが、経営者となった今は、主人の気持ちが有難いと、しみじみ感謝しています。

そのエンドレス糸製造機も古くなり、私の代で数年かかってリニューアルしましたが、



エンドレス糸の弱点は、糸を手で巻かなければならないこと、



縫製してから染めなければならないことです。

何とか工夫して、改善出来るよう、努力して行きたいです。

ゆりこ


嬉しくもちょっぴり残念・・・日之出の未来の人財募集中です。

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



やっと椿が一輪咲いた今日、Kさんが挨拶にきてくれました。


定年まで勤めたいと、凛々しく入社して1年1ヶ月、うら若き女性ながら、フォークリフトを運転しての出荷作業に従事し、時には重い荷物を運んだり、華奢な身体で頑張ってくださいました。
出荷作業の無いときは、どんな仕事も嫌がらず 気持ちよくやってくれる姿を見て、社内の皆から好感を持たれていましたね。
たまたまご縁が有った彼が遠方に住む人だったので、残念ながら退社することになりました。明日には引越しの荷物が出て、明後日からは新生活が始まるという忙しさで、送別会もやってあげられなくてごめんなさい。



今日は、二人でささやかなランチをいただいて、お別れを惜しみました。
礼儀正しく素直で真面目な貴女は、きっと素敵な家庭を築いて行かれることと思います。
もしも赤ちゃんが産まれたら、必ず見せに来てねとお約束しました。
ありがとうございました。
末永いお幸せをお祈りしています。





素敵な出会いでしたが、工場での労働面や同じ会社でずっと働き続けるには、女性の方がハードルが高い面もあると思いました。

これからも将来の日之出やダストクリーンの人財を育て続けたいと願っています。
やる気のある若者のご応募、ご推薦お願いいたします。
少しでも興味を持たれた方は、お気軽に日之出を見に来てください。
話を聞いてみて、合わないと思われたら遠慮なく断ってください。
もしかして、やってみたいと思われたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


ゆりこ


今日から9月、ローテクでもいい会社、愛の溢れる会社にしたいです。

おはようございます。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。



今日から9月、新しい人が来てくださいました。
以前の職場は、小さな会社から技術を磨き、世界に認められるまで成長した先進技術企業だそうです。
また創業社長様以来、社員を大切にをモットーされているとのことです。


多品種少量生産を職人の腕でこなしている日之出は、ローテクながらどこよりも丈夫で長持ちするモップを造って、お客様に喜んでいただいています。

大きな会社、一流会社と競争する気はありませんが、人の活用にはには自信を持っています。
多くの企業では、まだまだ学歴、年齢、性別に拘っているようです。
そのようなことを気にしない日之出は、種々の人材を紹介していただける機会が多いのです。
そんなわけで今回も素晴らしい人柄の方が入社してくださって、ありがたいと思っています。



課題もいっぱいありますが、勇気を出して乗り越え、愛が溢れる会社にしたいと願っています。


皆様、今月もよろしくお願いいたします。

ゆりこ


レンタル用お掃除クロスの点検仕上げ

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

日之出では、主にレンタル用のモップや玄関マットを造っているのですが、レンタル用のお掃除クロスもたくさん作っています。

糸から手配して、織機、精錬、裁断、縫製、染色を終え、一枚一枚丁寧に点検して仕上げます。
縫うのも一枚一枚手作りですので、1,000枚縫えたら、まとめて染色します。

今日染色が終わり、仕上げ室ではクロスの点検仕上げに大忙しでした。



リーダーのNさんが、一枚一枚手際よく点検しています。



さすがベテラン、丁寧かつ素早く仕上げしていく様は気持ちがいいです。

染色して乾燥機から出したら、直ぐに仕上げなければ皺が伸びませんので、いつもは縫製部が応援して大勢で一気に仕上げるのですが、今は受注残を抱え超忙しくて人手が足りません。
代わりに楽天担当のSさんがせっせと作業してくれていました。

日之出に他の部署も気持ちよく手伝うという社風が、育っているのが嬉しいです。

ありがとうございます。
季節の変わり目、身体に気を付けて皆で頑張りましょう。


ゆりこ


大きな家族のような会社でありたい

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

農家を継いだ元日之出メンバーのナナちゃんが、また甘夏を届けてくれました。



ルビーという珍しい品種を甘夏好きの私にと、忙しいなか寄ってくれたのです。
車の中には可愛い双子の赤ちゃんときれいな娘さんが待っています。
39歳、とても若いおばあちゃんですが、日之出でミシン仕事をしていた頃と同じ明るくきびきびした所作を見ていると、楽しい幸せな家庭が目に浮かびます。
入社した28歳の頃は、明るく元気でちょっとおっちょこちょい、誰からも愛されていたナナちゃんですが、34歳で農家を継ぐため辞めるころには、とてもしっかりして皆から頼られる存在になっていました。
あれから数年、明るい性格はそのままに、ますます立派に成長していました。
目が覚めた赤ちゃん達の間に「毎日楽しいよ」っと言って乗り込んだ、ナナちゃんの笑顔が自信に溢れてとても素敵でした。

今日はもうひとつ嬉しいことがありました。



先月入社した新メンバーから「幸せの連鎖でやる気があがる会社」という素敵な感想をいただいたのです。



ダストクリーンのIさんも、コミュニケーションが取れていて、会社が従業員を信頼し、モチベーションがあがると書いてくれました。

私は、これまでいい会社にしたいという思いだけでやってきました。
いい会社とは、「社員が幸せで、お客さんが喜んでくれる会社」です。

幸せはお金やものだけではありません。
少しでも気持ちよく楽しく働ける会社でありたいと願っています。

中小企業は大きな一つの家族のようなもの!

長年かかって皆で築いてきた社風を大事にしたいと思っています。

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ