Posts Tagged ‘#モップ’

緊急事態宣言の全面解除

皆様、こんばんは!日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

緊急事態宣言の全面解除が発表された5月25日月曜日の夕べ



日之出のバラは1輪になってしまいましたが、



ご近所のバラ達が美しく咲いています。




油断すること無く、日常生活を取り戻したいと思います。

新型コロナウイルス対策でカウンターパーテーションを製作しました。

皆様、こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

全国緊急事態宣言を受けて、3密の解消のため、ベテランのTさんが、有り合わせの材料で、カウンターのしきりを作ってくれました。



事務所のデスクを配置換えして分散し、一部テレワークも実施しました。
営業部長は出張には行かず電話とメールで在宅勤務、楽天担当のSさんも原則自宅でパソコン仕事、午後から出荷作業のみに出社して帰ります。



小学低学年のママメンバー3人の内1人が出勤してくれました。今日はおばあちゃんが子ども達をみてくれるそうです。

県外からの電車通勤の縫製メンバーは、5月6日までお休みです。

Sさんにお願いした緊急社内連絡網がもうすぐ出来ます。
朝礼もディミーティングも中止しているので、皆に安心できるようなメッセージを送りたいと思います。

いくら手を尽くしても万全という事は無いですが、とにかく命を一番に考えてできるだけの対策をとりたいと思います。

ゆりこ


ちょうど100年前、スペイン風邪大流行のパンデミックのさ中に日之出は創業した!!

ちょうど100年前、日之出が創業した1920年2月は、スペイン風邪大流行の真っ盛りだった。

創業者松本繁次郎がアメリカから帰国して自動車会社を起こした1918年頃には、既に大勢の人が感染し、多数の人が亡くなっていたのです。当時の日本の人口のおよそ4割の2200万人以上が感染し、45万人もの日本人が犠牲になったと知り、驚いています。
https://g.co/kgs/YRTN8s
あの時、祖父が掃除用品のモップを製造し始めたのも、スペイン風邪を撲滅するため、清潔・清掃の必要性を感じたからかもしれないと初めて思いました。
スペイン風邪からやっと抜け出したのもつかの間、1923年には関東大震災でまる焼け、東京大空襲にも遭遇し、苦難の連続だったのですが、祖父母からは、苦労話のようなものはあまり聞いたことがありませんでした。
安倍首相の全国の緊急事態宣言を聞きながら、そのころに比べたら今は恵まれていると、勇気が湧いてきました。
皆で力を合わせて、明るく真剣に立ち向かおうと思います。

ゆりこ


創業100周年を迎えました。

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

日之出株式会社は立春の2月4日大安吉日に、創業100周年を迎えることができました。

お客様、お取引先様、ご支援くださった皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

初代松本繁次郎が京都から上京し、銀座4丁目の安藤七宝店に勤務していた22歳の頃、東京市より選ばれ日英博覧会の職員として1910年に渡英、その後数年間の米国の商社勤務を経て帰国し、1918年に同士と共に自動車関連会社を起こした後、1920年2月4日東京深川にて、平安堂松本商店を創業、モップの製造販売を開始したのが始まりです。



初代のチャレンジ精神を忘れることなく、社員共々更に精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ゆりこ

最低賃金1000円の時代、日之出メンバーの自律により活路を目指す!

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。



今日のディミーティングで、10月1日からの最低賃金上昇に伴って、僅かですが、正社員の昇給も発表しました。



継続雇用の補助金や年金が有る嘱託の皆さんには、申し訳無いのですが昇給は有りません。



政府の唱える最低賃金1000円に迫って来た愛知県ですが、ローテク(丁寧な手づくりの匠の技と思いたい)の日之出は、産業の少ない地方県の同業者より、かなり不利になっています。

私が社長になった絶不況の18年前、駄目な企業は2年以内に去れという政府の方針で、銀行の貸し剥がしの嵐の洗礼を受けましたが、親切丁寧な仕事と働き方改革、エコ製品開発のイノベーションで、何とか生き残って来ました。



当時に比べて、リサイクルが当たり前になり、エコマットも珍しく無くなりましたが、環境対応や自然エネルギーへの要望は、ますます高くなってきています。



常に新しいことにチャレンジすると共に、日之出メンバーの一人一人が自律し、精一杯前向きに楽しく仕事していくよう伝え続けたいと思います。

ゆりこ

いつまでもあると思うな親と糸(金)!

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

GW前の金曜日、品薄のモップ糸追加分が入荷しました。
モップ用の糸は、綿などの太め糸を埃をとりやすく掃除しやすいように加工した専用の糸です。中でも耐久性に優れたレンタル用のモップ糸を造れるメーカーは全国でも限られています。



化学繊維の玄関マット用の糸は、それこそロットも大きく、年々の値上げや入手難に頭を悩ませてきたのですが、モップ糸は、これまで遅滞なく納めていただいていたので、安心しきっていました。

人手不足や、お客様の即納のご要望にお応えするため、製品在庫を造って対応してきたのですが、糸の在庫まで考えていませんでした。

重くて嵩張るモップ糸は余分に取ると置場に困り、足りなければもっと困る😫
倉庫に置けない分は、新城工場に一時保管することにしました。



今回も、新城在住のベテランTさんが両工場を行き来してくれるので、助かりました。



いつも花壇のお世話もしてくださってありがとうございます。お体に気をつけてこれからもよろしくお願いいたします。

日之出は、明日の土曜出勤日を6月15日と入替えて、お休みさせていただき、連休明けの5月7日火曜日から営業させていただきます。



皆様も良いGWをお過ごしくださいね。

ゆりこ

「今ある仕事は断らない。」難題に挑むメーカーの覚悟

こんばんは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です

色々懸案事項が多かった11月ですが、日之出グループの今週の業務も何とか無事終了し、ホッとしています。

「基本的に今ある仕事は断らない。」と、積極的に難題に取り組む仕入先の加工メーカーさんの前向きな言葉に、励まされました。

結局は、人柄と信頼だと思っているのですが、コストが絡むと難しいです。

お客様に誠意と努力をわかっていただけるよう、心を尽くしたいと思います。



先代社長の主人が植えた薔薇が、寒さに耐えて咲いているのを見て、そんなことを考えています。



先日Googleマップを見て来たトラックが、看板が無いので通りすぎてしまいました。これからますますGoogleマップでの販促が重要になるそうです。

市橋さんがデザインしてくださった、売れる看板への変更も、やっと決心がつきました。

派手めの看板で、私も気恥ずかしいのですが、来週月曜日の朝礼で、趣旨をよく説明して、地味で真面目な日之出メンバーの抵抗が少ないようにしたいと思います。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。


ゆりこ

日之出HPから一般販売用モップのご注文ありがとうございました。

こんにちは!日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



先日長野県のI高校様に、M6サイズモップ20枚をお送りさせていただきました。

日之出製のモップハンドルをお持ちで、ハンドルに合わせたモップを求めて、日之出のHPにお問い合わせいただき、2回目のご注文です。

日之出の一般用モップは、以前全国の学校や公民館でたくさん使われていました。

最近では、販売店さんが廃業し、どこで買ったらいいか困って、インターネットで探されるお客様も多いようです。


3~40年前の日之出マーク付きモップがまだ使われていました。
昔の日之出マーク付きの数十年前に製造したモップが、H公民館で見つかったぐらい丈夫な日之出製品ですので、



まだ使える日之出ハンドルが多く残っているかもしれません。


ハンドルは青、又はシルバーの柄で、日之出マークのシールが目印です。



もし日之出の換えモップにお困りでしたら、0532-31-2237までお問い合わせくださいませ。

ハンドルが使えれば、運賃高騰のおりから、モップ糸だけお送りすれば、エコでリーズナブルですね。

もちろん新ハンドルもございます。

このたびは、お問い合わせ並びに、ご注文ありがとうございました。わざわざ探していただき感激しています。

モップや玄関マットなどで、お困り事がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

精一杯お答えさせていただきます。

ゆりこ

ブログを見て、テレビ局からお問い合わせが・・・

皆様、こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

ランチ休憩から帰社したら、テレビ局から「日本初のモップメーカーなんですか」とお電話があったとか・・・

取材かしらとちょっとドキドキ・・・番組内容をネットで調べてから、お電話してみました。



「雨の日特集なのですが、モップは雨の日にはよく売れますか?」

想定外のご質問だったので、一瞬考えてから、「雨の日には役に立つと思うので、エンドユーザー様は、お使いになると思います。・・・弊社はメーカーですので・・。」とお答えしました。



「ありがとうございました。」とあっさり電話が切れてから、可笑しくなりました。自意識過剰ですね。

「それだけ、話を膨らませなかったの。」と息子も笑っています。

主婦の頃は、目立つのが大嫌い、読み聞かせボランティアの友人達がTV取材を受けたときも、私は手伝いですのでとカメラに写るのを断ったり、寄付も匿名、老人施設のお手伝いによる善意銀行の表彰も辞退しました。

思いがけず社長になってからも、HPに写真を出すのも嫌でしたが、「社長は広告塔にならねばいけない」と人に言われ、いつの間にか平気になっていました。

お電話くださったテレビ局の方は、私のブログを読んでくださったのだそうです。

ありがとうございました。
やっぱりSNSにも力を入れた方がいいですね。



私は、皆が一生懸命にモップを造っているのを見るのが大好き、そんな日之出のモノづくりへの姿勢、お客様への熱い想いを発信して行きたいと願っています。



ゆりこ

中小企業の熱中症対策

先週よりは少しましですが、まだまだ暑い豊橋です。
皆様は、熱中症対策どうされていますか。

日之出では


・塩飴、梅干配布



・冷水補給(ウォーターサーバー)
・食堂のクーラーをつけっぱなしにして、休憩の推奨。
・スポットクーラー増設



・空調服購入

などをしています。



当初は好評で賈い足した空調服は、やっぱりベタベタすると、今日のダストクリーンの倉庫での積込作業には着用していませんでした。

保冷剤を入れるクールベストは、すぐに効果が無くなるとのことで、昨年から却下になっています。



クーラー3台起動の2階ミシン工場でも30℃以上、下の倉庫・出荷場は35℃にもなりますので、困っています。
何か良いアイディアがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ