Posts Tagged ‘#セミナー’

「あいち女性中央会」に出席。やっぱり女性は凄い!!肝っ玉経営者が多いと感心しました。

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

名古屋で開催された「あいち女性中央会総会」に出席しました。久しぶりに名古屋にきたので、まずはきしめんをいただきます。

DSC_9307

いつも大賑わいの駅構内のきしめん屋さんで、看板メニューの「駅釜きしめん」を注文、えび天、椎茸、蒲鉾、わかめ、卵焼きなど9種の具材が釜飯のようにトッピングされています。

DSC_9306

薄味でとお願いしましたら、気持ちよく対応してくれました。
甘く煮た椎茸などの具材が美味しくて、私にはちょうどいいお味を堪能しました。

 
DSC_9312

珍しく地上を歩いて、

DSC_9313

会場の名古屋キャッスルプラザホテルに向かいます。

今年は、新年会も恒例のお伊勢参り旅行にも行かれなかったので、皆さんが盛んに声を掛けてくださいます。呼ばれるままに入会同期のS社長の隣に着席、総会は予定通り50分弱で終了しました。

その後、三井住友銀行の方の「世界経済」のセミナーです。
「難しい話だと困るね。眠くなるから。」女性同士はざっくばらんで気楽です。

予想に反して、大変面白いご講演で、楽しく勉強ができました。

その後、別室で4時半から懇親会ですが、今度は、鉄鋼関係のH社長に「松本さん、ここ」と指定されて、いつもの仲間でテーブルを囲みます。
仕事の話はほとんどせずに、趣味の話し、ペットの話しに花が咲きます。隣席のKさんが、趣味のボーリングを5ゲームすると聞いてびっくり、私より一回り上のお歳です。
食品会社のT社長から、おから料理の話し、H社長のらっきょうのつけ方、人気の惣菜店経営のS社長からは簡単なローストビーフの作り方を教えていただきました。

会員の女性社長の三分の一は私のように亡くなった主人の跡を継いだ人、三分の一は実家の家業を継いだ人、残りの三分の一が自分で起業した人です。好きな料理で起業した後、実家の印刷会社も継いだという強者もいます。
皆様、超明るくて元気ですが、病気で手術された方や怪我をされた方もありました。
やっぱり女性は凄い!!肝っ玉経営者が多いと感心しました。
愚痴や暗い話は全く出ず、とても楽しかったです。
あまりに楽しくて写真を撮るのも忘れていたのが残念です。

ゆりこ

看板を勧めない豊橋の看板屋さんことJimdo Cafe豊橋主宰市橋 求さんののFacebook活用セミナー

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

昨日、いつもお世話になっている豊橋の看板屋さんこと、Jimdo Cafe豊橋主宰の市橋 求さんのFacebook活用セミナーを受講しました。

DSC_8739

市橋さんのFacebookno活用方法は、他のセミナーと違っています。
会場はFacebook友達のカフェ Accodianaさんです。

DSC_8760

まず一切広告宣伝めいたことは載せません。
「市橋は何をしているのか?」ではなく「どんな人なのか?」が重要なのです。

日々のちょっとした出来事や面白話など、くすっと笑えるような内容が多いです。
一日に何回でも投稿するし、いいね!の数にもこだわりません。

DSC_8744

友達の数もTwitterこそ4万人ですが、Facebookは数百人と大分少ないようなのです。

市橋さんのFacebookの基本スタンスは、関係性を築く事を第一にしているので、交流のない人はどんどんお友達解除しているそうです。お客様まで解除してしまったという徹底ぶりに、みな びっくり!! 「影響なかったですか。」と聞いてしまいましたが、「お仕事がなくなった」こともあったそうです。

少なくなった友達を市橋さんはとても大事にしています。
セミナーでもランチ会でも、Facebookの招待機能は全く使わず、一人一人にメッセージを書いて招待してくれます。またセミナーなどの行事が終わった後も必ず全員にお礼のメッセージを書くのです。

そんなふうですから、市橋さんから招待が来たら、都合がつけば必ず参加する事にしています。参加表明をしてから、じっくり内容を見るという感じです。市橋さんは、いつも私たちの仕事がうまくいくように真剣に考えてくださるので、内容はいいものに決まっているのです。
「何を」ではなく「誰から」が大事とエクスマ塾で習った真理そのものです。
自分のPRはしない市橋さんですが、友達のPRは積極的にします。 市橋さんのやり方を見習った友達が市橋さんのpRをするようになりました。 仲間が応援してくれるので、自分で宣伝しなくてもOKなのです。
そんなわけで、市橋さん主催のセミナーはほとんど友人で埋まります。

DSC_8747

商工会議所のある時のセミナーの出席者130人(そもそも個人が主催するセミナーで、あり得ない数なのですが)Facebook上での参加者115人のうち、市橋さんが個別に招待した人が90人、10人がその他の友達、残りの15人のうちのほとんどが市橋さんの友達の紹介、何も関係なく来た人はたった3人! 商工会議所会員6,000社にチラシを配ったのですが、それを見て来た人も5人だけだったのです。チラシを配る必要も無いようなのですが、実験のため作り続けるそうです。

ほんとうに凄い時代になりました。まさに繋がりの経済が世の中を回しています。
豊橋生まれでない私も、Facebookを通じてお友達がいっぱいでき、友達の飲食店でお食事して、友達のカフェでコーヒーを飲み、身の回りのものもどんどん友達からで間に合うようになってきました。
少しお高めのバッグやアクセサリー、とうとう冷蔵庫までお友達から買ってしまいました

もし将来看板が必要になったときは、迷わず市橋さんにお願いします。そのときはもちろん「相見積もり」なんて絶対しません。市橋さんが日之出にとって最適なものを提案してくださる事を信じていますので。

 
ゆりこ

千人に一人しかできない!!「良いと思ったらすぐやる、悪いと思ったらすぐやめる」

社長になったばかりの頃、当時のメインバンク支店長から、大平会計事務所の大平所長のご本を4冊いただきました。

DSC_8436

社長業はおろか経営のことも何も知らなかった私は、その本を頼りに勉強し、時々商工会議所で開催される大平吉朗先生のセミナーにでかけました。
200名の満席の商工会議所の一番前の中央席に取締役と三並んで受講していたとき、「良いと思ったことはすぐやる、悪いと思ったことはすぐやめる」そんな簡単のことさえ、千人のうち一人しかできない。」という大平所長の言葉に頭を殴られたような衝撃を受けました。更に「良い会計士は会社を生かすが、悪い会計士は会社と心中する。」と言われて大ショック。
そして中小企業再生支援のパンフレットが3枚配られました
Aは、電話、メール、faxでの相談無料、指導員が毎月1回来てくれて指導。顧問料10万円/月。
Bは、メール、℡、メーfax相談無料、大平先生は2カ月に1回来社。顧問料5万円/月。
Cは、メール、℡、fax相談無料、大平先生は来社しない。顧問料1万円/月。

帰宅後すぐ実家の父に相談し翌日、朝一でBの申込書をfaxすると、午後一番で、所長のご長男の大平社長が来てくださいました。

その後、何回もこの言葉を思いだし、社内改革を進めました。 取引銀行も変え、手形を廃止、適材適所の人事移動、毎日の朝礼もやめ、全員参加のディミーティングの実施、作業場の移転、・・・人は変化を嫌います。何かを変えようとすると必ず反対があります。関連会社の工場長を降格したときは、非難の眼差しで見られました。顧問会計事務所を変えた時は、辛くて泣いてしまいました。
できていないこともいっぱいあります。 でも大平先生のこの言葉が無かったら、もっとできていなかったと思います。 当初は大平先生や大平社長にご相談に伺いましたが、今では担当のFさんがたいていのことに答えてくださっています。信頼できる顧問会計事務所を持つことの安心感は計り知れないです。
あの時いただいた大平先生の「同族企業の〇〇戦略シリーズ」4冊を、親しい方が起業される時にお贈りして喜んでいただいています。

 
ゆりこ

「エクスマ=愛」実践して成功するのが講師の方々の願い!!

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

「 すべての出会いは 素晴らしい出会い. 協調.調和. 楽しんで.おもしろがろう! 」
DSC_8074.jpg2

私のために書いてくださったメッセージが 言霊となって私の胸に響いてきます。
エクスマ東京塾71期が始まってからも、 毎日のように飛行機や新幹線に乗って あちこち講演に行かれる藤村先生! 中国にも行かれましたよね、 そんなお忙しい合間に、
71期16名の終了証書を、 一人一人に似合う言葉を考え、 デザイン、額装してアートにして・・・ しかも手書(描)きで・・・
いつ書(描)いてくださったのか 見当もつきません。
Facebookやツイッター、ブログ等で、
自分が発信する以上に、他の人の投稿を
見て、いいね!やコメント、リツイートする
ようにご指導していただいた私達は、
藤村先生や講師の方々を追いかけ、
行動が丸見えなのです。

SNSでの発信は、単純のようで深い
慣れないブログを毎日書くなど、
正直なかなか大変なのだけれど、
苦しくはない・・・
楽しむことが基本だから

もっと忙しい講師の方々が
毎日をブログを書き、SNSで発信
塾生のブログ、発信を読み・・・
コメントに返事をくれる。

セミナー三回目、ゆかりんがツイッターの
講義を2時間、短パン社長が2時間15分
ぶっ通しで話し、「塾が終了したら二度と
口も聞かないからね!」と言ったことが
忘れられない。

一期一会の気迫を感じ・・・ 気持ちが引き締まった。 ハッピーやかっちゃんが、
皆のSNSにビシバシメスを入れて
プロフィールをその場で変えた人も・・・

そうなんだ!習うよりも慣れろ 何より実践なのだ
講師の方々の半端ない情熱が伝わった とびきり熱い、ほとばしる愛を感じた だから皆頑張れたし 胸に温かいものが残った。
8371_1148965448489015_8111403918505178603_n

絆が生まれた
塾生が実践して成功するのが 講師の方々の願い
”愛”には”愛”で答えるしかない 楽しく実践し続けたいと思います。
 
ゆりこ

「モノを売るな!体験を売れ!」のエクスマ塾を卒業。

皆様こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

9日の土曜日は、エクスマ東京塾71期の最終回でした。
”モノ”を売らず”体験”を売るという藤村正宏先生の 「エクスペリエンス・マーケティング」=「エクスマ」に 出会ったのは、随分前のことでした。
51AFP2EXY9L._SX334_BO1,204,203,200_

今回思い切って、エクスマ塾に申込んで驚いたことは、
藤村先生の本も読んだこともセミナーを受講したことも無い 方が3~4人もいたことでした。しかも若いサラリーマンや、 利益に関係の無い看護学校の先生もいます。
藤村先生の塾を卒業したお弟子さん達が全国で 活躍しているので、そのご縁で来たようでしたが・・・ 決してお安くない受講料を若い方が自腹で申し込む 決断力と前向きさにショックを受けました。
一回目の2月13日の土曜日、東京和泉多摩川にある
エクスマスタジオに1時間以上前から続々と受講生が集まり、
午後1時開講、10分程度の休憩2~3回のみで夜7時まで
情熱的な講義が展開します。引き続きスタジオのすぐ前の
ベトナム料理店で懇親会、あっという間に時間が過ぎ、
最終の新幹線に乗り遅れないように神戸のゆっきーと
沼津のさくらちゃんと共に急ぐことに・・・

講師は藤村先生の他、短パン社長こと奥ノ谷圭祐先生、
ハッピーこと橋本 亨先生、かっちゃんこと勝村大輔先生、
ゆかりんことYukari Sato先生、受講生たちも71期塾生の
Facebookページで、ニックネームを決めてきています。

12837420_745261938938771_1399800056_o

ニ回目は伊豆長岡のはなぶさ旅館での合宿。
宿のご主人も塾生OB、なぜか旭川のうらちゃんと
浜松のはだっちが一緒に車で来ています。
合宿の最大の目的、他己紹介の課題のため夜中の3時まで、
グループワークしたことで、全員急激に親しくなりました。

三回目の課題はSNS、ゆかりん先生のツイッターの講義
から始まり、受講生全員のブログ、Facebook、ツイッターを
検証して、徹底的に駄目ダシされます。

12931273_1100816013315626_8216286000914899470_n

そして最終回、藤村先生はじめ、講師の先生方の 講義と励ましの言葉のあと、終了証書をいただきました。 なんと藤村先生の手書きです。絵も字も一人一人違います。 塾生OBも応援に駆けつけて、エールを送ってくださいました。
いつものお店での懇親会も温かく和やかに過ぎていきます。
東京に泊まる人が多い中、後ろ髪を引かれる思いで、
先生方や仲間にご挨拶、全員の方と固い握手を交わしました。
うらちゃんは店の外まで出て見送ってくれました。私のことを
紹介してくれた時は、名前もよく覚えてくれていなかったのに、
いつの間にか親友のようになっていました。

最終のひかりに2分前に滑り込み、心のこもった大切な
終了証書と共に温かい気持ちで帰りました。
藤村先生はじめ講師の先生の皆様、愛に溢れる 熱血 ご指導ありがとうございました。 同期の皆様、一緒に学ばせていただき嬉しかったです。 今日からが本当の始まり、これからもよろしくお願いいたします。
 
ゆりこ

藤村正宏先生のエクスマ東京塾合宿で「関係性を深める」課題に没頭。知っていると実践する差は大きい!!

皆様こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

3月5~6日、エクスマ東京塾の合宿で伊豆長岡に行ってきました。

http://www.ex-ma.com/
藤村正宏先生のご本に出会って10年、閉塞感に悩む今年は
できることは何でもやろうと一大決心しての入塾でした。

知っていると実践する差は大きいです。 講師の先生方はもちろん、塾生の方々のパワーが凄くて圧倒されます。
藤村先生のセミナーを一度も聞かずに申し込んだ方も何人もいて、
その決断力に驚かされました。
DSC_7384.jpg3

午後1時伊豆長岡温泉の「はなぶさ旅館」に集合、和気あいあいとランチをいただいた後、待ちに待った藤村先生や短パン社長のエクスマセミナーが始まりました。

その後他己紹介のやり方を勉強し、A5等級の伊豆牛など数々の豪華な夕食を挟んで

夜中の3時過ぎまで、塾生同士の「関係性を深める」課題に取り組みました。

翌朝は5時半に起きてやっと温泉を堪能することができましたが・・・

DSCF3720.jpg20

美味しい朝食をいただいた後、グループで自習、セミナー、リファーサル、

 
12790077_745261902272108_1808257268_o 写真はゆかりん先生が撮ってくださいました。
本番と続き午後3時までみっちり研修が続きました。

ほとんど眠れませんでしたが、なぜか全然眠気も疲れも感じませんでした。

やっぱりエクスマは楽しいのが基本ですね。

 
 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ