Posts Tagged ‘#社長’

数えきれないほどの支援プログラム有☆先ずは商工会議所に相談が一番!

豊橋商工会議所のアドバイザー委員連絡会議に出席しました。



商工会議所で実施している多数の中小業者支援プログラムの報告を受け評価させていただく委員を仰せつかているのです。

商工会議所というと、各種セミナーや商談会、景気動向調査、生命共済、中小企業相談所がパッと思いつくのですが、説明を受けてみると実に多彩なプログラムがあることに驚かされます。


無料の記帳相談や財務分析などの財務相談はもちろんのこと、労務、法律、特許、国際ビジネス、金融、不動産鑑定まで、事業運営上に必要な多岐に渡る相談を受け付けてくれています。
創業支援、経営革新、販路開拓、事業継承相談ばかりか、プレスリリースの書き方まで指導してくださるのです。

そのほか、豊橋祭り、駅前のキラキライルミネーション、炎の祭典、まちゼミ、高校生エコカーレース、親善旅行、会員企業の婚活など楽しい催し物も一ぱいです。

会員の有志で活動する青年部(50歳以下)、女性部会の活躍も見逃せません。
中でも、中学校でのビジネスパークや炎の祭典は目覚ましい成果を上げています。

振り返ってみると、私も主婦から社長になった当時は、ずいぶん商工会議所さんのお世話になりました。第二創業塾に通って、ビジネスプラン作成の勉強をしたことから運が開けたのです。 せっかく勉強したのだからと、日之出のエコビジネスのプランを立てたことが、東三河ビジネスプランコンテスト最優秀賞、豊橋商工会議所会頭賞、愛知環境賞に繋がり、大手企業様との商談が成立したのでした。


皆様も、事業の事で何かお困りごとがありましたら、まずは商工会議所にご相談に行かれることをお勧めします。
私も原点に立ち上り、商工会議所様にお知恵をお借りしたいと思います。
 
ゆりこ

SNSを通じ、ご縁は続くつながりの経済

私がニックネームに決めた「ひまわり」には、特別な想いがあります。
「ひまわり」は日之出の命運をかけて開発したエコマークモップの名前なのです。
13年前、社員全員から100以上の名前を募集して、皆の投票で決めました。

その頃親切にしてくれた十六銀行の支店長さんのお勧めで参加したセミナーでトヨタ自動車の肌附安明先生に出逢い親しくなりました。リーマンショックの不況に苦しんでいた私を励ますために送ってくださったメールに添付されていたのが、ひまわりの写真でした。

%e3%80%8c%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%80%8d%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%b8%82%e5%ba%83%e5%b7%9d%e7%94%ba-2

その後いろいろな勉強会に呼んでいただき、いろんな方をご紹介いただきました。
ホテルアソシア名古屋ターミナルの柴田総支配人様や、女性中央会のO会長様達と共に学んだ日々は、忘れられない楽しい思い出となりました。その後O会長のご紹介で、素敵な女性経営者様達とも親しくお付き合いさせていただいています。
やはり肌附先生のご縁で島根の青年経営者Mさんと知り合い地域に産業を興し、雇用を創生するという理念に深く共感しました。忙しくて遠いMさんとは、あまりお会いする機会はなかったのですが、twitterやfacebook通じて交流していましたので、いつも身近に感じることができました。

そのMさんのご紹介で、先日伊勢にご一緒した方々の交流会に三年前に入会したのです。息子の指導をお願いしたくて入会した会でしたが、あまりにいい雰囲気で私の方が熱心になってしまったのです。

そのご縁で、展示会に来てくださったり、出張の折豊橋に寄ってくださったり、時にはお知恵を貸していただいたりしています。会員のIさんが撮ってくれた「ノンスリップシート」の写真が素晴らしかったので、パンフレットに使わせていただきありがたかったです。

これらのご縁を通じたお付き合いは、仕事に直結することは少ないかもしれませんが、私の人生を彩り楽しいものにしてくれています。

ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ゆりこ

15年間、変わらぬ真心に感謝しています。

今年も親友のOさんから美しいフラワーアレンジメントが届き、

14991991_1259880877409138_7108597469567691174_n

日之出の取締役のKさんも亡夫のお参りにに来てくださいました。

14947459_1259880890742470_279629287202250099_n

早いものでもう15年、一年も欠かさず、ほんとうにありがたいです。

14947718_1259878620742697_8594405839678912276_n

私の社長歴も15年、いつのまにかベテランの域に入っています。
細かい事は何も言い残さなかった主人ですが、肝心なことはちゃんと言ってくれたと感謝する日々です。
全社員を集めて、私が継ぐ事も発表してくれましたし、普段はワンンマンで意見など全く聞いてくれなかったけれど、「お前ならできる。」と言い残してくれました。
「会社を売ってもいい、潰してもいい。」とも言ってくれたのも気休めになりました。

以前とは、会社を取り巻く状況も環境も変わりましたが、何とか対応してきました。
大きな開発や投資はできなかったけれど、小さな改善はずっとやってきました。
新製品開発も、なるべくお金をかけないよう工夫して続けています。

ありがたい事にここ数年は業績が安定していますが、設備も古くなり、従業員も高齢化しています。

Kさんも会社の未来が気になるようで、じっくり2時間話して帰られました。

モップ・玄関マット等を製造するという本業から外れず、従来のお客様をとことん大切にすると共に、新しい用途も探りたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 
 
ゆりこ

過去に下した決断を悔やんではいけない。自分の選んだ道に自信を持とう

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー
日之出株式会社の松本ゆり子です。

専業主婦から社長になったので、 いろんな人から聞かれました。 よく決断しましたね。 後悔しませんでしたか?
決断も何も、心当たりの方にお願いして
皆に断られたので、
私がやるしかなかったのです。
断られたおかげで、私の方針に反対する人は
一人もいなかったのはラッキーでした。

後悔なんてする暇ありませんでした。 経営も製造も何もわからなかったので、 勉強が忙しくて、おもしろくて夢中でした。
経営のことは、
いろんな方に片っ端から聞きました。
主人の友達、父、父の友人の銀行マン、
決算書を抱えて、大企業重役の従兄弟を
横浜に訪ねて、新幹線に乗り遅れ、
浜松から在来線で帰ったこともありました。
唯一の勤務経験の住商で心酔していた先輩を
探し出して、教えを請いました。
海外赴任されてから長年音信不通でしたが、
三十年振りに交流が復活、時に厳しく親身に
相談に乗っていただいています。

日々決断の連続とも言える経営業ですが、 直ぐに決断できることと そうでないことがあります。 簡単なことは即決し、 難しくて複雑な問題は、お茶を濁して 時を待つこともしばしばです。
どちらにしても、
過去に下した決断を悔やんではいけない。 上手くいっている時は、気にならないが、
不調のときは、内心迷うときもあります。

経営者が迷っては、社員が不安になります。
経過がどうであれ、決めたことに責任をもつ。

moppy_3.ai 切り抜き

経営だけではありません。 進学でも就職でも結婚でも、どんな時でも、
自分の選んだ道は正しかったと思う・・・ その方が幸せです。
今健康で仕事ができる、
気の合わない人もいない・・・
こんな幸せなことは無いと思います。

思い悩み後悔することが、 今の状況をよくする事はありえない。 今ある事を感謝し、 どうすれば良くなるかを真剣に考えれば 必ず道は開ける。
自分の選んだ道に自信を持って、 前向きに進んで行こうと思います。
 
 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ