Posts Tagged ‘#日之出’

日之出の2019年の目標「他人を認め、ともに成長する」

今日のディミーティングで、2月のお誕生日をお祝いし、



今年の目標「他人を認め、ともに成長する」について詳しく説明しました。



昨年の目標「共に楽しくやりきる」は、一見簡単なようですが、実はとても難しい深い意味合いのある目標でした。

先ずは楽しくなるには、社員皆がお互いを尊敬し合い協力し合い、成果が出なければなりません。
残念ながら、心からの信頼、「共に楽しくやりきる」というほどの段階には達していないと感じました。

また、圧倒的に利益も足りません。

「人はパンのみに生きず」とは言っても、生活の安定将来への希望が無くては頑張れません。

けれど収入の多い会社に勤めていても、必ずしも楽しいとは限りません。

一人一人が目標を持って努力しつづけて成長し、努力が認められるというのが楽しいのではないでしょうか。

その結果、お客様に喜んでいただき、会社の業績が良くなり、収入が上がるというのが最高です。

社会の役に立てる仕事ならもっと楽しいですね。

もちろん経営者が方向を考えるが一番大事です。

価格競争では生き残れない、時代遅れの業態になっていないか、日之出の技術・ノウハウを活かしてできる新ビジネスは何か、懸命に探り続けなければなりません。

一番できていないのは経営者の私ですが、今年は可能性を求めて積極的に行動していきたいと思います。

皆様もお知恵を貸してくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

ゆりこ

日之出株式会社は、創業99周年を迎えました。

こんばんは。
日本初のモップメーカー 日之出株式会社は、春分の日の2月4日、創業99周年を迎えることができました。



写真は、11年前に創業88周年を記念して、デザインに日之出の将来への希望を込めて、社員皆で創り上げたアニバーサリーマットです。

専業主婦から社長になって、いい会社にしたいという想いだけで、社内改革と新製品開発に努め、ようやくエコ製品のビジネスモデルが認められて賞をいただいたのも束の間、リーマンショックの影響で売り上げが激減し、1年以上も前から計画していた創業88周年行事の実施も危ぶまれたのです。



幸い、社員皆の意欲も高く、お取引先様や先代の友人達の協力もあって、ささやかだけれど想い出深い記念行事を行うことができました。



デザインの、百合の花はフランス王家の紋章で、清潔と繁栄を表し、周りにあしらった小さな花は風露草(ふうろそう)、花言葉は信頼と友情、背景のブルーは日之出カラーです。

「お取引先や友人の信頼と友情に恵まれ、清潔を追求し繁栄し続ける日之出グループ」という意味です。



東三河ビジネスプランコンテストで知り合ったテラコッタ作家の木村智一さんにデザインしていただき、日之出テックスの皆で手づくりいたしました。

相変わらず課題満載の日之出ですが、創業100周年に向けて、更に努力してまいりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


ゆりこ

「今ある仕事は断らない。」難題に挑むメーカーの覚悟

こんばんは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です

色々懸案事項が多かった11月ですが、日之出グループの今週の業務も何とか無事終了し、ホッとしています。

「基本的に今ある仕事は断らない。」と、積極的に難題に取り組む仕入先の加工メーカーさんの前向きな言葉に、励まされました。

結局は、人柄と信頼だと思っているのですが、コストが絡むと難しいです。

お客様に誠意と努力をわかっていただけるよう、心を尽くしたいと思います。



先代社長の主人が植えた薔薇が、寒さに耐えて咲いているのを見て、そんなことを考えています。



先日Googleマップを見て来たトラックが、看板が無いので通りすぎてしまいました。これからますますGoogleマップでの販促が重要になるそうです。

市橋さんがデザインしてくださった、売れる看板への変更も、やっと決心がつきました。

派手めの看板で、私も気恥ずかしいのですが、来週月曜日の朝礼で、趣旨をよく説明して、地味で真面目な日之出メンバーの抵抗が少ないようにしたいと思います。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。


ゆりこ

日之出HPから一般販売用モップのご注文ありがとうございました。

こんにちは!日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



先日長野県のI高校様に、M6サイズモップ20枚をお送りさせていただきました。

日之出製のモップハンドルをお持ちで、ハンドルに合わせたモップを求めて、日之出のHPにお問い合わせいただき、2回目のご注文です。

日之出の一般用モップは、以前全国の学校や公民館でたくさん使われていました。

最近では、販売店さんが廃業し、どこで買ったらいいか困って、インターネットで探されるお客様も多いようです。


3~40年前の日之出マーク付きモップがまだ使われていました。
昔の日之出マーク付きの数十年前に製造したモップが、H公民館で見つかったぐらい丈夫な日之出製品ですので、



まだ使える日之出ハンドルが多く残っているかもしれません。


ハンドルは青、又はシルバーの柄で、日之出マークのシールが目印です。



もし日之出の換えモップにお困りでしたら、0532-31-2237までお問い合わせくださいませ。

ハンドルが使えれば、運賃高騰のおりから、モップ糸だけお送りすれば、エコでリーズナブルですね。

もちろん新ハンドルもございます。

このたびは、お問い合わせ並びに、ご注文ありがとうございました。わざわざ探していただき感激しています。

モップや玄関マットなどで、お困り事がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

精一杯お答えさせていただきます。

ゆりこ

ブログを見て、テレビ局からお問い合わせが・・・

皆様、こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

ランチ休憩から帰社したら、テレビ局から「日本初のモップメーカーなんですか」とお電話があったとか・・・

取材かしらとちょっとドキドキ・・・番組内容をネットで調べてから、お電話してみました。



「雨の日特集なのですが、モップは雨の日にはよく売れますか?」

想定外のご質問だったので、一瞬考えてから、「雨の日には役に立つと思うので、エンドユーザー様は、お使いになると思います。・・・弊社はメーカーですので・・。」とお答えしました。



「ありがとうございました。」とあっさり電話が切れてから、可笑しくなりました。自意識過剰ですね。

「それだけ、話を膨らませなかったの。」と息子も笑っています。

主婦の頃は、目立つのが大嫌い、読み聞かせボランティアの友人達がTV取材を受けたときも、私は手伝いですのでとカメラに写るのを断ったり、寄付も匿名、老人施設のお手伝いによる善意銀行の表彰も辞退しました。

思いがけず社長になってからも、HPに写真を出すのも嫌でしたが、「社長は広告塔にならねばいけない」と人に言われ、いつの間にか平気になっていました。

お電話くださったテレビ局の方は、私のブログを読んでくださったのだそうです。

ありがとうございました。
やっぱりSNSにも力を入れた方がいいですね。



私は、皆が一生懸命にモップを造っているのを見るのが大好き、そんな日之出のモノづくりへの姿勢、お客様への熱い想いを発信して行きたいと願っています。



ゆりこ

ミカワリコピー販売様75周年によせて・・・顧客感動とリーダーの覚悟

ミカワリコピー販売株式会社様の75周年記念展示会&講演会に参加させていただきました。


大下 智常務様の㈱リコーでの大成功の体験を踏まえた経営哲学をお伺いし、身の引き締まる思いでした。



これからの目標である顧客感動への決意と、経営者の覚悟をお伺いし、大変勉強になりました。



世界最速のコピー機などの最新機器からお洒落な事務家具、防災グッズまで、いろいろな見学させていただき、面白かったです。



最後に日之出も導入しているサイボウズ社の方も交えて写真を撮っていただきました。



更に使いこなせるようトライしたいと思います。


ミカワリコピー販売さんの展示会は、明日も開催します。良かったら最新機器をご覧になってくださいね。😃💕

17年続く友情のお花

こんばんは。日本初のモップメーカー松本ゆり子です。



帰宅すると、玄関にきれいなお花が置いてありました。
ああ、今年も・・・
11月1日は夫の命日なのです。



もう17年、一度も欠かさずお花を贈ってくださる友人ご夫婦なのです。

夫の松本哲男が日之出の社長として、私の親友Yさんのご主人が苦境に有ったときに、ご支援をさせていただいたことを忘れないでいてくださるのです。
今では、ご立派な地位にあり、バリバリ仕事されているT様です。



お二人の真心が嬉しくて、あの頃のことを懐かしく思い出しています。

親友Yさんとは、豊橋に引っ越してきて以来の親友、お互いの子どもたちの成長もみつめてきました。

健康で友達がいることが一番仕合わせだとしみじみ感じています。


ゆりこ

会社での誕生日祝いの効用

夏休み明け初めての顔合わせ、みんな事故無く元気に出社しました。



ディミーティングは、8月生まれのバースデー、昨年9月1日入社のYさんのお誕生日もやっとお祝いできました。



約一年の日之出での職務を振り返り、今後の抱負を述べ、「皆さん一緒に頑張りましょう。」と締め括ったYさんのご挨拶は素晴らしかったです。



運良く入社直ぐお祝いした方や、時にはバースデーまで在籍しない方も有りましたが、お誕生日お祝いは、確実にみんなの節目になっているようです。
仕事のことだけでなく、人生の棚卸のようなものができれば最高です。

何のために仕事をするのか
なぜ日之出にいるのか
これからどう生きていくのか

一人一人が真剣に考え、より良い人生を送ることが、 日之出の仕事のためにも良い結果をもたらすと考えています。

お誕生日お祝いするほか、お客様や仕入先さんの状況、今起こっている問題等などを包み隠さず話します。 今日は日之出の決算の状況などもお話ししました。



夏休みのお土産もいただき、私もボンとらやさんのピレーネを皆にプレゼントしました。

お盆明けの2日間、留守を守ってくれてありがとう!
娘婿の唾石症手術も無事終わり、孫娘も寂しい思いをしないですみました。
「休んでくださいね。」って言ってくれた皆のおかげです。
これからも隠し事無く、何でも話せる会社、助け合う会社で有りたいと思います。


ゆりこ

中小企業の熱中症対策

先週よりは少しましですが、まだまだ暑い豊橋です。
皆様は、熱中症対策どうされていますか。

日之出では


・塩飴、梅干配布



・冷水補給(ウォーターサーバー)
・食堂のクーラーをつけっぱなしにして、休憩の推奨。
・スポットクーラー増設



・空調服購入

などをしています。



当初は好評で賈い足した空調服は、やっぱりベタベタすると、今日のダストクリーンの倉庫での積込作業には着用していませんでした。

保冷剤を入れるクールベストは、すぐに効果が無くなるとのことで、昨年から却下になっています。



クーラー3台起動の2階ミシン工場でも30℃以上、下の倉庫・出荷場は35℃にもなりますので、困っています。
何か良いアイディアがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

ゆりこ

花壇のチューリップト命の継承

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



桜は散ってしまったけれど、日之出の小さい花壇のチューリップは、まだ頑張って咲いていてくれています。
これは、2年前に豊橋信金西支店さんの40周年でいただいたチューリップをベテランTさんが、丹精して育ててくれているものなのです。今年もそろそろお花を摘み、球根を掘り上げる時期になりました。花は終わっても、次のお花を育てるために地道な努力を続けて行くことは、子育てや会社経営にも通じるものがありますね。



入園、入学、新社会人、転勤等、春は始りとともに別れのシーズンでもあります。家の子達も高校までは、成長の喜びだけでしたが、遠くの大学に進学した時は、違っていました。 こんなに勉強しないで合格できるのかとやきもきした長女の進学が決まり、アパート探しや準備に追われ、やっと送り出してほっとしたら、猛烈な寂しさが襲って来たのです。
なに見ても娘のことが思い出され、スーパーに行っても、あれもこれも送ってあげたいと、涙ぐむありさまでした。


その長女も就職、結婚出産を経て、ひとりっ子の入学式を迎えました。
大人になっても、幾つになっても、子どものことは一生気がかりだと思いますが、命の継承が成されて行くことは、素晴らしいことだと思います。



一生懸命咲いてくれている春のお花を見ながら、そんなことを考えています。



入園、入学、入社おめでとうございます。お友だちの皆様のお子さま達が実り多い人生を送られるようお祈りしています。

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ