一番です・・2001・11・1

深夜会社から帰宅すると、玄関先に楚々としたフラワーアレンジメントが

置かれていました。



20081108-P1010434-1ota.JPG



「あっ、今年も・・」と胸がきゅんとなりました。

十一月一日は、主人の命日なのです。



あの時、ご夫婦で駆けつけて下さった親友の太田さんは、

数年に渡り、規則正しく毎月一日にお花を届けて下さいました。

あまりに申し訳なくて、何回もご辞退したのですが、

今でもお彼岸やお盆など折に触れて贈り続けて下さっています。



太田さんが苦境にあった時、主人がご支援させて戴いた事を

忘れないでいて下さっているのです。

ありがたいことです。



二日の日曜日には、日之出取締役の小松さん夫妻がお参りに来てくれました。



20081108-P1010433-1komatu.JPG



七年前、会長、社長が相次いで亡くなった混乱時に、

「日之出はやって行ける。価値がある会社だ。」と言ってくれた

彼の言葉を信じて、私は専業主婦から社長に転身したのでした。



あれ以来、まさに苦楽を共にし、日之出のために誠心誠意尽力してくれました。

日之出テックス社員の無口な奥様も、家に仕事を持ち帰るほど熱心に、

玄関マット作りに励んでくれています。

本当にありがたいです。



お客様や仕入れ先様、銀行様、社員や友人など

多くの皆様のお蔭で、ここまでやってこれました。

振り返ると感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました



2001年11月1日

負けず嫌いで、一番が好きだった主人の命日です。



私もモップ・玄関マットで一番にこだわり続けたいと思います。

また、これまでお世話になった方々に少しでもご恩返しができるよう、

更に努力して行きたいと願っています。

ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ