2008年11月29日 土曜日

新鮮でした・・湯谷温泉

16日の日曜日に、会合で湯谷温泉に行ってきました。

紅葉には早いと思っていましたが、小雨に濡れた渓谷の透き通った流れと、

緑の中に紅葉が際立ち、何度も訪れている鳳来、湯谷が、こんなにも美しい所

だったかと新鮮な驚きを感じました。



20081130-DSCF7167resutoitaziki.JPG



はず別館の佐野さんに教えて戴いた、

「レストハウス板敷」さんの釜飯は、とても美味しかったです。

中身の鶏も、ゴボウも椎茸も皆地元で採れた食材と聞いて、

皆満足して戴いた後、車で会議場に向います。



20081130-DSCF7173dasukomu.JPG



「湯の風HAZU」さんのテラスからの景観に、皆から喜びの声が上がりました。

「これは素晴らしい。」「愛知にはこんなに良い温泉があるんだね。」



20081130-DSCF7170yunokaze.JPG



会議は、渓谷を望み油絵の展示された

素敵な部屋で始まりました。



仮予約した日程がずれ、「湯の風HAZU」さんは、16日は満室でした。

お断りのお電話をしたところ、佐野さんが機転の効いた良いご提案を次々に

して下さったので、会議は「湯の風HAZU」さん、宿泊は「はづ別館」さんに

お世話になることになりました。



http://www.hazu.co.jp/hazu/
20081130-DSCF7193yunokaze.JPG



会議終了後作務衣をお借りして、紅葉の綺麗な、「湯の風HAZU」の

露天風呂に入ります。



20081130-DSCF7196rotennhazu.JPG



その後、車で「はづ別館」に移動し(下の橋を渡れば歩いても4~5分ですが・・)

お抹茶を戴いた後、忘年会です。



都合で豊橋に帰る私は、5時52分の特急を待つ間、加藤社長の奥様にお心遣いの

お礼を言うために、駅そばの「はづ別館」さんによりました。



「湯の風HAZU」とは違った趣のある、静かなロビーでお抹茶を戴き、

宿泊するお部屋も見せて戴きました。

床の間付きの10畳と6畳にお茶室までついた特別室二部屋に加えて、

民芸調のお部屋もご用意して戴けると嬉しいお心遣いです。

窓からの清流の眺めと落ち着いた佇まいに、今度は私も

是非このお部屋に泊まってみたいと思いました。



20081130-DSCF7240bekkann kawa.JPG



すっかり日の暮れた単線の小さな駅から一日二本しかない特急「ワイドビュー伊那路」

に乘り帰途につきました。普通電車で1時間10分、特急で45分で豊橋に着きます。

湯谷温泉駅は、夕方の特急発車後は、無人駅になります。改札口も無いホームに

入り、普通電車が来ても、ドアーは開きません。自分で開けて車内で車掌さんから

切符を買います。あまり早くホームに来ると、猪が突進して来る事もあるそうなので

要注意です。

普通電車の最終は午後9時30分頃。豊橋直通は、昼間でも1時間か2時間に

1本しか有りませんので、乗り遅れは厳禁です。



湯谷温泉は、豊橋からあまり離れていないのに、交通不便です。

それだけに、他の温泉地に無い清々しさが有ります。

温泉も本物で、温泉スタンドで売っている位湯量も豊富です。

駅の近くの「まつや」さんでは、とびっきり美味しい五平餅が食べられるし、

各旅館の人々も親切で俗化していません。



ここから少し離れた寒狭川沿いの日之出の新城(元鳳来)工場も、

風光明媚な所に有ります。

元中学校跡地に建つの広い工場に、6人の方が、モップの製作に励んでいます。

離れているので、私は滅多に行かれなくて、申し訳無い思いですが、

皆さん、陰ひなた無く真面目に働いて下さっています。

ありがたい事です。



きれいな水と美しい自然の中に暮らすと、人柄も清々しくなるのかもしれません。

本当に鳳来(湯谷)は、良いところです。


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ