2009年6月

世界の食卓に佃煮を・・平松食品さん工場見学。

15日の月曜日に平松食品さんの工場を見学させていただきました。

選ばれたばかりの日之出5S実践推進委員と、5S監査役、私の9名の参加です。

5S講師の今井嘉紀先生のお骨折りで、新型インフルエンザで難しい時期ですのに、

見学させていただき感謝にたえません。



広々とした御津工場で、今井先生と待ち合わせ、玄関を入って

ご挨拶もそこそこにまず手肌の消毒です。

見学の説明中の会議室に、平松社長様が元気に入ってこられました。

つい先だって「モンドセレクション最高金賞」授賞式のためベニスから

お帰りになったばかりのお忙しい中ですので、嬉しい驚きでした。



担当の若い社員さんから説明を受けた後、帽子を2ヶ被り、マスクを付け、

白衣を着てから、いよいよ生産工場へ・・。

ドアを開けると、ビニール袋を足に被せ長靴を履き、消毒液の中を歩き、

異物の確認にコロコロで白衣を撫ぜ、風除室を潜り抜け、また消毒と

なかなか行き着きません。

工場内では、防除服に身を包んだ驚くほど大勢の社員さん達が、

一つ一つ丁寧に作業されていました。

てきぱきとお仕事されながらも、「いらっしゃいませ。」「こんにちは。」と

気持ち良くご挨拶して下さいました。



20090620-P1020413hiramatushachou.JPG


再び会議室に戻り、平松社長様のレクチャーを受けます。

同じメーカーでも、食品(佃煮)とモップでは、天と地ほど違い、

皆カルチャーショックを受けたようです。



伝統技法を守りながらも、一早くISOを取得すると決意され、

社員さん共々前向きに取り組まれた経験談は説得力があります。

ISOの「~してはいけない。」と強制する考えは、社員さん達の心にそぐわない。

その代わりに、「世界の食卓に佃煮を。」という””を目標にして、これまで

突き進んでこられたのです。



現在ISO9001、HACCPシステム(食品製造上の食品安全確保の管理システム)、

に続き、国内初のISO22000(食品安全マネージメントシステム)も取得され、

愛知ブランド企業に輝いておられます。

今井先生のご指導、ご助言があったのは勿論の事です。



20090620-20090616_0812.jpg
                        平松食品HPより転載。



来週からは、夢の実現に、「TERIYAKI FISH(佃煮)」を携え、

台湾、香港に出発されるそうです。



17日のデイミーティングで、5S実践推進委員長の今泉さんから皆に

「一番良かったのは、平松社長でした。」との発表がありました。



美味しい佃煮のおみやげまで頂戴して感激です。

豊橋市梅藪町の本社工場直営店「美食倶楽部」では、お中元キャンペーンを

開催されているようですので、近々覗いてみようと思っています。



20090620-bisyoku01hiramatu.JPG
 HPより。

営業時間は9:30~18:00(平日、土曜)、9:30~17:00(日・祝)です。



平松社長様、社員の皆様、今井先生、ありがとうございました。

日之出も””をエンジンに、少しずつでも5Sを実践して行きたいと願っております。


世界にひとつだけの花・・彩色健美 美楽 「押し花彩菓」です。

5月29日金曜日は、肌附先生の2回目の研修会でした。

前回に引き続き、テーマは「夢と希望を持って本気で生きる」です。



メーカー社員に不可欠なものづくりの心構えと基本~

仕事を「やる気」になる智惠とコツ~

お客様第一の本質とは何か、その大切な心について~

社員の「全員参加」の本質の大切さ~



などを中心にしたご講義です。

先生の熱く、時には軽妙洒脱な語り口に、皆引きこまれていきます。

「そうそう・・。」と思い当たったり、

自分の至らなさに気づき、ほろ苦く反省したり、

「今日から改めればいいんだ。」と勇気も沸いてきます。



豊橋市の花田校区市民館に暖かい空気の流れるなか

エヌ・イー・ワークスの三澤誠社長様がご挨拶に来てくださいました。



20090606-P1020404misawasi.JPG


三澤社長は若干三十三歳、落ち着いています。

創業7年足らずで、社員数百名。 

ぶれない強さを感じます。



エヌ・イー・ワークス社は、島根県奥出雲にある電子部品メーカーです。

クリーンルームで携帯電話の精密部品を組み立てる技術を活かして、

ピンセットで押し花を独特な煎餅にあしらい、「押し花菓子」を創作しました。

彩色健美 美楽 「押し花彩菓」 の誕生です。

その上、「オリジナル押し花器」と「せんべい焼き機」も自社で作ってしまいました。

材料のお花や野菜も勿論、社員さんや地域の人々の手作りです。



http://mi-raku.com/index.html



電子部品業界は、仕事に波があります。

産業の乏しい地方にとって、一番大切なのは職場をつくることです。

電子部品の組み立てができなくても、押し花菓子を作ることはできます。

それもできなくなっても、お花の栽培ができます。

65歳だった定年を、最近70歳に引き上げられたそうです。



20090606-P1020252osibanasaika.JPG


肌附先生のサロンで、初めて「押し花菓子」を目にした時、

その美しさに魅せられてしまいました。



お菓子も美しいけれど、社員さんや地域の人々の幸せを願う

三澤社長の心はもっと美しいです。

肌附先生はじめ多くの方々が応援されるのもよくわかります。



20090606-P1020208osibanasennbei.JPG


ネットで取り寄せた「押し花菓子・チョコレートサンド」をお配りしました。

研修の合間の一時の癒しにと思ったのですが、社員さんの多くは、

大切に家に持ち帰って家族と共に味わったのでした。

ごめんね、一ヶだけで・・。



真面目で一所懸命な六十~歳の鈴木さんが、

感動して泣けてしょうがなかった・・そうです。



肌附先生、三澤社長様、感動をありがとうございました。

研修会以来、社内の雰囲気が柔らかくなったような気がします。

日之出も良い会社を目指して、皆で努力してまいります。


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ