Posts Tagged ‘#豊橋 #桜 #城’

愛の溢れる会社にしたいーアイディアボックス

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。
アイディアボックスや配置転換のことなどを書きまして、愛の溢れる会社ですねとお褒めいただいたりしたのですが、最初からそうだったわけでありません。

「何でも好きなことを書いてね」と「アイディアボックス」を設置したのですが、当初は、無記名の誹謗中傷の投稿が何枚も出てきました。

DSC_2386

よそから引っ越してきて、豊橋の人は真面目で優秀だけど、PTAなどで意見を言う方が少ないと感じていました。でも人間ですから言いたいことはあるはずです。気軽に意見を言える風土を日之出に根付かせたかったのです。ガス抜きは必要ですから、驚きませんでしたが、無記名と人の悪口は禁止にしました。当然ですね(笑)
それ以外でしたら、どんな投稿でも1ポイント(500円)ー当時はポイント制でしたー差し上げることにしました。「どんなことを書いても笑いません。あとでこっそり笑います。」なんて冗談みたいに言いましたので、気軽に書いてくれました。

ある時、遠くの市外から来てくださった方がいました。大手の自動車シートを縫っていたエキスパートです。「近くにも縫製の仕事があったのに、わざわざ日之出を選んでくれたのはなぜ?」と聞いてみました。「アイディアボックスが気になったから。」だそうです。以前勤めていた大手工場は、福利厚生もしっかりしていたけれど、意見を聞いてくれるという雰囲気は無かったそうでした。小さなお子さんが二人もいるのに「二交代で朝6時から来てね。」と言われて、やむなくやめたそうです。
とてもきれいなお仕事をするおとなしい方で、ほとんど意見も投稿しなかったのですが、意見を聞いてくれるという安心感だけで良かったようでした。
三人目を産むことになって、さすがに通いきれなくなったのですが、しっかりとした仕事の手順書を書いて残してくれました。

DSCF8648.jpg351

赤ちゃんが生れて、約束通り会社に見せに来てくださったのが嬉しかったです。
お母さんやお祖母さんの立場の人ばかりの日之出ですから、赤ちゃんを順番に抱っこして大騒ぎでした。そんなことも皆の楽しい思いでとなりました。

 
ゆりこ

後何回桜が見られる・・・豊橋花巡り散歩その2

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

ようやく晴れ間の見えた3日の日曜日
旧友と岩田運動公園、豊橋競輪場と桜を求め・・・
豊橋競輪場をあとにして、車で10分ほどで
豊橋公園駐車場につきました。
夕方ということもあり、ここも楽々止められます。

DSC_7817

まずは美術館の奥を抜け、吉田城鉄櫓(くろがねやぐら)へ、
午前十時~午後四時まででしたら、途中の三の丸会館の
豊川を望む景色の良い立礼席で、お抹茶が400円程で
楽しめますので、ぜひお寄りくださいね。
吉田城

鉄櫓(くろがねやぐら)も、最近中を見学できるようになりました。
観光ボランティアの方の説明も受けられるそうですので、
豊橋観光コンベンション協会までお問い合わせくださいませ。
http://www.honokuni.or.jp/toyohashi/info/000014.html


DSC_7818

鉄櫓の傍には枝垂れ桜が咲いていました。
そこから急な石段を下ると豊川べりに出ます。

ゆうゆうと流れる豊川沿いにも桜が植えられている道を、
気持ち良く散策して元の駐車場から、市役所に向かいます。

DSC_7825

駐車場から川を経て石段を登って鉄櫓、市役所の
順路の方が良かったかもしれません。

市役所前の庭園では、すでに夜間のお花見を
楽しんでいるグループがちらほら見かけました。
エレベーターで市役所の13階の展望室に昇ると、
上からお花見が楽しめます。

13階のレストランは、今日は予約で満席でした。
豊川や市内が見渡せる気持ちの良いレストランで、
費用もリーズナブルですので、ご予約はお早めにどうぞ。

DSC_7827 (2)

すっかり暗くなった6時過ぎ、ライトアップされた
豊橋公園をあとにして、豊橋花巡りは終了です。

駅そばの「ねりや花でん」さんで、楽しい夕げの
ひとときをすごし、話題は尽きません。
長く友情を育んできた友達と、
ステキな一日を過ごせて幸せでした。

いつごろからか、「あと何回桜が見られるか」
と考えるようになりました。
お世話になった方々に、少しでもご恩返しがしたい、
お礼の気持ちを伝えたいと思うようにもなりました。
今日あることを感謝して、
日々を大切に過ごしたいと思います。

 
 
 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ