Posts Tagged ‘#経済’

つながりの経済・・・ほの国百貨店の場合

皆様こんにちは。
日曜日、お世話になった方へのプレゼントを買いにほの国百貨店に行ってきました。
ほの国百貨店

ほの国百貨店に最近できた各地の銘菓を集めた「愛菓選」コーナーが嬉しいです。京都の五色豆や蕎麦ぼうろ、福井の羽二重餅、沖縄の黒糖など少量から買えるのが特にいいです。故郷三重県の銘菓「老伴」を見つけたときは嬉しかったです。伊勢市にもあまり売ってなく、ネットで取り寄せたこともあるのですが、豊橋で買えるなんて最高です。
先週、いろいろ取り混ぜて母の日第二弾で実家に送ったのですが、「老伴」が売っているうちに追加購入します。先週買って美味しかった長崎のカステラは売り切れでした。

13179041_1122646067799287_5781402057486675462_n

松阪の銘菓柳屋奉善の銘菓「老伴」です。今思うとすごいネーミングですが、私も弟も大好きで幼児の時から食べていました。母の実家に行くと大きなビンにたくさん保管してあり、祖母にビンから取り出してもらうワクワク感を思い出します。
柳屋奉善

ほの国百貨店さんは、時々行きますが、ほとんど地階の食料品売り場ばかりです。お客様への手土産のお菓子や、Facebook友達の豊橋・三河の食品、ドンクさんのパンは必ず買います。

ついでに行く洋服売り場も決まったところしか見ません。 以前仲の良い店員さんがいたころは、洋服は全部ほの国百貨店で買っていました。その方は私が手に取っただけで、「松本さんは、それじゃない、こっち」とはっきり言ってくれるし、私の持っているワードロープを把握していて的確なアドバイスしてくれるのがありがたかったです。非常に人気のある方だったので新作が出ると同時に売り切れになることも多々あり、私も5分でスーツ4点セットを買ったこともありました。時折お友達とゴルフに行ったとか、息子さんの話とか他愛のない短い会話も楽しかったのです。その方が辞めてからは、まとまった買い物はお歳暮だけになっていました。 ほとんど東京、品揃えの良い大手デパートで買っています。

ほんとうは豊橋で買いたいのです。
全国規模の大型量販店でなく地元のお店で・・・。
以前はゴルフ用品にも親切な店員さんがいて、そこのものばかり買っていたのですが、定年退職しました。能力は歳に関係ないのに、ほんとうにもったいないと思います。やさしく控えめなネクタイ売り場の店員さんもいつのまにかいなくなっていました。

最近またほの国百貨店で、洋服を買うようになりました。
昨年ふらりと入って、ブラウスを買った店員さんが明るくてはっきりして感じがいいのです。まだついでに行く感じですが・・・。通りがかったら明るく呼び止められたので、ちょっと見て少し買ってしまいました。お買い物セールだったそうですが、知りませんでした。「はがきを出しました。」と言われて、そういえばと言う感じです。印刷した案内はがき、手書きでも「来てください」だけの案内では、誰も心が動かない時代です。会うことができない分、ネットショップのお手紙の方が心がこもっています。自分の個を出し、お客様の暮らしを気づかうような短くても温かい文章、ゆるやかなお友達のような関係性が築けるとすごいことになると思います。
エクスマ塾で藤村正宏先生が、いつも充実した近況報告のお便りをくれる斉藤君のお店の洋服ばかり買っているというお話を思い出しました。

日之出から買いたいと思ってくださるお客様を死ぬほど大事にして、友情を築きたいと思います。
 
 
ゆりこ

看板を勧めない豊橋の看板屋さんことJimdo Cafe豊橋主宰市橋 求さんののFacebook活用セミナー

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

昨日、いつもお世話になっている豊橋の看板屋さんこと、Jimdo Cafe豊橋主宰の市橋 求さんのFacebook活用セミナーを受講しました。

DSC_8739

市橋さんのFacebookno活用方法は、他のセミナーと違っています。
会場はFacebook友達のカフェ Accodianaさんです。

DSC_8760

まず一切広告宣伝めいたことは載せません。
「市橋は何をしているのか?」ではなく「どんな人なのか?」が重要なのです。

日々のちょっとした出来事や面白話など、くすっと笑えるような内容が多いです。
一日に何回でも投稿するし、いいね!の数にもこだわりません。

DSC_8744

友達の数もTwitterこそ4万人ですが、Facebookは数百人と大分少ないようなのです。

市橋さんのFacebookの基本スタンスは、関係性を築く事を第一にしているので、交流のない人はどんどんお友達解除しているそうです。お客様まで解除してしまったという徹底ぶりに、みな びっくり!! 「影響なかったですか。」と聞いてしまいましたが、「お仕事がなくなった」こともあったそうです。

少なくなった友達を市橋さんはとても大事にしています。
セミナーでもランチ会でも、Facebookの招待機能は全く使わず、一人一人にメッセージを書いて招待してくれます。またセミナーなどの行事が終わった後も必ず全員にお礼のメッセージを書くのです。

そんなふうですから、市橋さんから招待が来たら、都合がつけば必ず参加する事にしています。参加表明をしてから、じっくり内容を見るという感じです。市橋さんは、いつも私たちの仕事がうまくいくように真剣に考えてくださるので、内容はいいものに決まっているのです。
「何を」ではなく「誰から」が大事とエクスマ塾で習った真理そのものです。
自分のPRはしない市橋さんですが、友達のPRは積極的にします。 市橋さんのやり方を見習った友達が市橋さんのpRをするようになりました。 仲間が応援してくれるので、自分で宣伝しなくてもOKなのです。
そんなわけで、市橋さん主催のセミナーはほとんど友人で埋まります。

DSC_8747

商工会議所のある時のセミナーの出席者130人(そもそも個人が主催するセミナーで、あり得ない数なのですが)Facebook上での参加者115人のうち、市橋さんが個別に招待した人が90人、10人がその他の友達、残りの15人のうちのほとんどが市橋さんの友達の紹介、何も関係なく来た人はたった3人! 商工会議所会員6,000社にチラシを配ったのですが、それを見て来た人も5人だけだったのです。チラシを配る必要も無いようなのですが、実験のため作り続けるそうです。

ほんとうに凄い時代になりました。まさに繋がりの経済が世の中を回しています。
豊橋生まれでない私も、Facebookを通じてお友達がいっぱいでき、友達の飲食店でお食事して、友達のカフェでコーヒーを飲み、身の回りのものもどんどん友達からで間に合うようになってきました。
少しお高めのバッグやアクセサリー、とうとう冷蔵庫までお友達から買ってしまいました

もし将来看板が必要になったときは、迷わず市橋さんにお願いします。そのときはもちろん「相見積もり」なんて絶対しません。市橋さんが日之出にとって最適なものを提案してくださる事を信じていますので。

 
ゆりこ

日常を明るく暮らし、経済を回し続ける。

このたび平成28年熊本地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

14日夜の前震から1週間以上経ち、交通手段も大分回復してきたようですが、被災地の皆様は、余震が続きさぞお疲れのことと心配しています。
昨日からボランティアの受け入れも始まりまったようです。
もしボランティアに行かれる方は、各自治体のHPを熟読し、指示にそって行動くださいませ。
熊本県社会福祉協議会災害ボランティア情報

たとえ善意でも独断で突っ走ると、かえって迷惑になることも多々あるのです。
直ぐに駆けつけて、被災地の方々を助けたいと思う心は、素晴らしいです。
若さも力も行く暇もない私は、若い方達の行動力を、つい励ましたくなってしまいます。
信頼できる方がFacebookで支援情報のシェアしていたので、ついシェアしてしまい、尊敬する大学の先生から、安易にシェアしないようにとご注意をいただきました。投稿は必ずしも善意の呼びかけばかりではないし、善意でも思慮にかけることもあります。

冷静になって考えてみると、若くても若くなくても、私達には毎日の暮らし、それぞれに与えられた使命があるのです。

今私達がしなければならないのは、日常を明るく暮らし、経済を回し続けること。落ち込んでなんていられないのです。

hinodeHull20

「明るい投稿をしようね。」と気づかせてくださったエクスマ塾の藤村先生はじめ講師の先生方、ありがとうございます。

目の前の人や仕事に楽しく真剣に取り組み、
被災地の方々のご無事を心からお祈りし続けてまいります。

 
 
 
ゆりこ

つながりの経済が、SNS発信で拡散力が数倍になる。豊橋の和菓子老舗・大正軒さんの場合

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー
日之出株式会社の松本です。

九州地方の地震とても心配です。
皆様のご無事を心からお祈りしています。

久し振りの連休でしたが、
つながりの経済を感じた二日間でした。

昨日、創業140周年の豊橋の老舗、
大正軒さんで手詰最中を購入して、
友人にお送りしました。

item05

大正軒さんは、モップ・マットレンタルの
㈲ダストクリーンの古くからのお客様です。
手作りの和菓子がとても美味しくて
時々購入させていただいていたのですが、
店主の若杉さんとFacebookで
つながってから、
関係性が変わりました。
P1010793TAISHOUKEN

若杉さんが一流の菓子職人であるとともに、 映画に造詣が深いことがわかったのです。 それも美大の映画科卒と本格的です。
とよはしシネマトーク倶楽部の会長で、
とよはしスロータウン映画祭開催の中心
メンバーであることもはじめて知りました。
洋菓子づくりのお得意な奥様のこと、
お子様たちの進学や就職のこと、
90歳を超えたお母様がお店に出られている
ことなどを投稿で知ることができたのです。
お正月やお祝い季節には、
夜中の2~3時からお菓子を作って
いらっしゃることもわかりました。

そんなことを知れば知るほど、ますます 大正軒さんのお菓子が美味しく感じられ、 お店でランチを食べ、遠くへのおみやげも 大正軒さんで買いたくなりました。 以前は、ご愛顧いただいているお客様への お礼の気持ちでの購入だったのですが、 今では友達である若杉さんの魅力に惹かれ、 大正軒さんの大ファンとなったのです。
DSCF715714

 
P1010786danngoseizouki みたらし団子がくるくる回りながら焼かれる 団子焼器も有名で、度々TVで放送 されていますが、若杉さんやファン達が Facebookで発信することによって、 波及効果は数倍になっていると思います。
もともと老舗で、美味しく楽しくて 豊橋の人気店なのですが、 和菓子づくりは、手も気も抜けず、 朝早くから仕込む大変なお仕事です。 大正軒さんに、もっと楽に儲けていただいて お子様たちが喜んで継いでくださり 豊橋の象徴として、末永く続いて いかれることを願ってます。
 
 
ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ