Posts Tagged ‘#帆前掛け’

帆前掛けを世界に・・・前掛け専門店エニシング二川工場見学会

こんばんは!日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



豊橋の帆前掛けを世界に広められている前掛け専門店エニシングさんが二川に建設された新工場の見学会に行って来ました。



木の温もりのする新工場の中には、博物館にあるようなレトロなシャトル織機がいっぱい✨一番古いのは1917年式のトヨタ織機です。



往完町の芳賀織布工場から、重い機械を移設して、据付けメンテナンスするのに3ヶ月も掛かったそうです。



圧巻は、経糸整径機、なんとうら若い女性職人さんが、一人で組立てたというから、ビックリです。大工さんに頼んだら莫大な費用が掛かると聞いての決断だったそうですが、やり遂げてしまうのが凄いです💖



日之出の旧いお取引先の芳賀さんから、東京に面白い若者がいるとの話を聞いたのが15年くらい前でした。

西村 和弘 (Nishimura Kazuhiro)さんの記事をブログに書かせていただいたご縁で、10年前から交流が始まり、書家の 本田 蒼風 (Honda Soufu)さんもご紹介していただき、私の人生の彩が豊かになりました。

芳賀さん、前掛けと共にニューヨークへ!


自分の代で廃業と決めていた芳賀さんや、多くの豊橋の職人さん達に、希望を与えて下さった西村社長は素晴らしいです💖

まだまだ困難なことがたくさん有ると思います。

皆様、どうぞ応援よろしくお願いいたします。


廃業覚悟から世界への夢への物語「伝統を紡ぐ帆前掛け」

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。



広報とよはしの6月15日号に、「伝統を紡ぐ 帆前掛け」の特集が掲載されています。



廃業もやむなしと覚悟されていた芳賀正人さんの織る帆前掛けは、柔らかくて美しい独特の風合いがあります。



 
その帆前掛けに魅せられた東京の若者㈲エニシングの西村社長との出会いにより、新しい市場開拓、海外への展開を果たし、



新たな夢に向かってチャレンジする物語に、心から感動しています。
芳賀さんに織っていただいていた日之出の「乙女雑巾」を数年前に廃盤にしてしまったことが残念です。



雑巾といえども指名入札になるようなブランド雑巾で、今でも時々お問い合わせがあり、もっと他に売り方があったのではと思っています。

何を捨てて何を生かすかは難しい選択ですが、変化の激しい時代には、考え方も180度変えて行かなければならないと思います。

真面目にやっているだけでは利益の出にくい時代、失敗を恐れずチャレンジして行こうと思います。

 
 
ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ