「南想会(戦友会)」その1・・独立自動車第45大隊の戦友会です。

実家の父の名代で「南想会」に出席するため修善寺に行って来ました。



20090726-DSCF0220syuzennzi.JPG



「南想会」は、旧陸軍により昭和16年9月に名古屋で編成された

独立自動車第45大隊の戦友会です。

第二次世界大戦勃発と同時に、ジャワ・スマトラ・ビルマ(ミャンマー)に赴き、

インパール作戦では、2000m級の山地で、連合軍の空爆をかいくぐっての

トラック物資輸送業務を担っていました。



終戦より一年遅れて、昭和21年7月21日に広島・大竹港に上陸・復員し、

それぞれの故郷に帰還する際に再会を約束、5年後の昭和26年7月21日に

伊豆修善寺の仲田屋旅館で第一回南想会を開催し、今年で59回目です。



大学を繰り上げ卒業し、昭和17年2月に鯖江連隊に入隊、翌18年8月に

スマトラに転属になった父は、インパール作戦での筆舌に耐え難い辛苦の中から

生還し、遺骨収拾のため数次ビルマにも渡り、できる限り出席して来ましたが、

心臓と腰を痛め3年前から欠席しています。



三連休後の7月21日・22日という日程もあり、昨年は断ったのですが、

88歳の父のたっての願いを無視できず、代わりに出席すると決めました。



戦後64年が経過し、会員の高齢化により各地の戦友会が消滅しつつある中、

戦友子息の忍田明治氏(東京)を第4代会長と仰ぎ、「戦没者の慰霊をし続け、

戦争の悲惨さを後世に語り継ぎたい。」
という、遺族会員の高い志により

継承された新生南想会は、ウィキペディアにも掲載されている貴重な存在です。



南想会の紹介はこちら



20090726-DSCF0225hata10.JPG



驚いた事に、23歳の可愛い娘さんが出席していました。

幼い頃、大好きなお祖父さんに連れられて来ていて、4回目の出席です。

戦友会のため有給を申請し、会社の人たちにびっくりされたそうです。



自動車隊の象徴であるトラックが、南十字星の元、椰子の木間を走る

様子が、南想会旗にデザインされています。



修善寺での慰霊法要を終え、20名足らずの参加者での記念撮影の後、

5分程歩いて、北条政子が息子頼家の供養のため建立した指月殿に移動します。

源頼家の墓所の隣にある戦友の供養塔にお参りするためです。



20090726-DSCF0246tou13.JPG

十三重の塔です。



昭和43年戦友の23回忌にあたり、会員が寄付を募り、建立した「南想塔」は、

苔むして風情があります。



20090726-DSCF0242sekihi10.JPG



由來を記した詩碑の裏には、300名を越える寄進者の名前が刻まれています。



20090726-DSCF0230tenkai10.JPG



一人一人が線香を手向けお参りを済ませ、二等兵の戦友が作詩したという

独立自動車第45大隊の歌を皆で合唱します。

修善寺のお導師様から、慰霊の法要を続けている事の尊さについての

ご法話を戴き、清々しい気持ちになりました。

来年も是非出席したいと思います。

ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ