貴女がいなかったら、私はこんなに元気で生きてこれなかった。

皆様、こんにちは。
蒼風さんのアトリエで楽しい一時を過ごし、友達の住む郊外の駅にたどり着いた私でしたが・・・迎えに来てくれた親友とともに帰宅すると、すっかり夕食の支度ができていました。

13310439_1130394343691126_6811239103367390106_n

天然の出しで味付けされた煮物や白和え、薄味のロールキャベツなどなど、すべて心のこもった手作りのお料理の数々です。学校ボランティアや英語サークルの世話役として忙しい彼女に、外での食事を誘ったのですが、出かける前に準備してくれたのです。
見ると横の和室にはふかふかのお布団まで敷いてくれています。

まずは和室に飾られたご両親のお写真にご挨拶、お兄様と私も顔見知りのご友人のお写真も飾られています。若いころ、ずいぶん可愛がっていただきました。懐かしい思い出が駆けめぐります。

疲れ休めにとハニーレモンジュースで乾杯、以前私がお贈りした豊橋の川合果樹園さんの無農薬レモンでの手作りです。ここ数日体調を崩していた私にも気力が戻ってくるようです。おいしくて身体にやさしいお料理をいただきながら、近況報告します。蒼風さんの個展の様子や、親友の中欧旅行のお土産話など話は尽きませんが・・・。体調を気づかってくれる彼女に甘えて、上げ膳据え膳でゆっくり休ませていただきました。

翌朝いつもの時間に目覚めた私ですが、「ゆっくり寝ててね」の言葉でもう一眠り、起きたときはすっかり朝食ができていました。手作りのカリフラワーのスープ、手作りのヨーグルト、サラダの亜麻仁油ドレッシングもタマネギ・ニンニクたっぷりのヘルシードレッシングです。コーヒーの香りとともに、ブランチのようにゆっくりお食事し、ゆったりと時が流れていきます。せっかくの日曜日なのに、出かけることもなく・・・。身体も腰も痛い私に湿布も貼ってくれてつきあってくれます。

DSC_9027

今日中に豊橋に帰らなければならない私に、荷物になるけれどと、ゴディバのクッキーをおみやげに・・・お腹がすいては可哀相と何か作ってくれそうなのを断り、近所のお蕎麦屋さんに出かけたけれど準備中です。愛知に帰る友のためと店主さんにお願いしてくれて、美味しいお蕎麦をいただくことができました。結局ここでもご馳走するつもりがご馳走になってしまったのでした。

十八歳の時初めて出会い、お互い忙しく十年ぐらい会えない時もあったけれど、~十年間友情を育んだかけがえのない親友です。貴女がいなかったら、私はこんなに元気に生きてこれなかった。ありがとう!!貴女に出会えたことを神様に感謝します。
これからもお互いに身体に気をつけて、明るく生きていきたいと願っています。




ゆりこ
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ