SNSで個人を発信して圧倒的になる。ブログ・Facebook・Twitterを楽しく1年間やり続けます。

皆様こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

26日の土曜日は、エクスマ71期東京塾の3回目でした。

通常より1時間早く集合して、自主勉です。合宿の時、事情で半分しか
出席できずれず、他己紹介ができなかった二人の発表も無事終わり、
71期生仲間の連携もより深まった中でいよいよセミナーが始まります。

今回のテーマはSNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
日之出のHPからも時折お問い合わせがあり、仕事が決まることがある
のですが、SNSには大きな将来性があります。 大きな会社が莫大な費用を掛けTVコマーシャルや宣伝をしても
なかなか売れない時代になってきている反面、小さな個人商店でも、
SNSで発信して人気を得ることができるようになったのです。
私の周りにもコツコツと努力して、良いところを発信し成功している
方が何人も出てきています。

この場合発信することが大事です。
良いものを持っていても、人に知られなければ無いのと同じ。
功を急ぎ、売り込み感が多いと、SNSでは敏感に伝わり嫌われます。

毎日発信していると、その人の人柄が自然に出てしまうのです。
あの人は感じがいい、誠実そうだな、あの人から買いたいなという昔懐か
しい繋がり経済なのですが、違うのはSNSは大きな拡散力を持っているのです。

大平会計事務所様のお薦めで、Twitterを5年半、Facebookも5年・・・
手さぐりでやってきたので、効果が薄かったかもしれませんが・・・
それでも、FacebookやTwitterでの繋がりで、遠方からご来社いただき
お客様になってくださった方や、既存のお客様との繋がりも深まりました。
楽天「インテリアのOtomeショップ」の主力商品の「オーラ岩盤浴製品」も
Facebookの繋がりが始まりでした。

先日、5年半前からのTwitter友達と一緒に伊良湖菜の花見物に行った
のも不思議なご縁です。来月は同業界のFacebook友達ご夫妻が、
遠方から来て下さるとのことで楽しみにしています。

今回のエクスマ塾で、そんな大事なSNSの効果的な発信の仕方を
みっちり6時間掛けて習ってきたのです。

そして塾生一人一人のサイトを見ての厳しい検証です。
プロフィール、カバー写真、発信内容の細部まで駄目だしの連続です。

そんなわけで、私も長年親しんだプロフィール写真と
決別することになりました。
松本百合子 写真

どこが悪いかというと、バッグが白抜きしてある、合成写真だから・・・
あっ!決して顔を盛ったりはしていないです(笑)

数年前は、Facebookのプロフィールを写真館で撮ったりするのが
流行りましたが、最近ではより自然な人柄がでる写真がいいそうです。

エクスマ塾の翌日そのまま実家に行ったのですが、
同期の塾生仲間が次々とプロフィールを変更しています。

とてりあえずスマホに入っている写真の中を探し、実家の弟の
意見も聞いて、FacebookとTwitterの写真を変更してみました。

DSC_1771

変更してすぐ、エクスマ講師や仲間から感想がいただけるのも凄いです。

仕事がわかる方がいいかと、背景写真をモップ糸に変更してみましたが、
講師のかっちゃん先生から、すぐ駄目だしが・・・
個人の趣味や好きなものの方がいいそうです。

12376618_1090723187658242_5860885633701889182_n

自然やお花や海が大好きなので、
ちょうど今頃咲いている枝垂れ桃にしてみました。

一年間ブログ、Facebook、Twitterを毎日やるとお約束しました。
最大の難関はブログです。
まず、ブログがスマホ対応できていない!!
スマホから投稿できるようにもなっていない!!
ノートパソコンが大きすぎて持ち運べない私には致命的です。 
「ゆりこの七転び八起き日記」のネーミングも悪いそうです。
なんだか苦しそうで、楽しくないそうです。
長年続けてきたブログ名変更は不利になると思ったのですが、
差程デメリットが無いそうです。そんなわけで、ブログ名は思ったほど
重要でないので、新タイトルはゆっくり決めようと思います。

SNSは自分が発信するだけでなく、他の人のを見て、いいね!
コメントをして、ブログも書いて一日二時間かけるとのことですが・・・・
今のところニ~三倍の時間が掛かりそうです。

エクスマ講師の先生方のSNSの時間の使い方は、
無駄なく効果的で素晴らしいです。

短パン社長が「最終セミナーが終わったら、二度と口も聞かないからね!」
と言われたのが印象的でした。
それくらいエクスマ塾の講師の先生方は塾生のために集中してご指導
くださっている、「このチャンスを最大限活かして集中して勉強して欲しい」
という愛のメッセージなのだと感じました。

大変ですが、苦しいと思ったらできないです。

楽しんでやれるかどうかに掛かっているのです。
71期の仲間と共に楽しく頑張りたいと思います。

 
ゆりこ

 
 
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ