創房泰豊・・小田順子さんのこと

蒲郡の創房泰豊さんを訪問しました。

創作三河木綿「なごみの風」の織元さんです。

昨年東京の展示会で、一目見た瞬間から魅せられてしまいました。

これまでの規則正しい三河木綿とは、全く違った印象でした。

美しい色を重ねた不揃いな縞、色々な糸を使用した楽しく自由な織物です。



エコ製品だからこそ、美しくなくてはならない。

初めて繊維リサイクルに取り組んだ時から、思い続けてきました。



反毛により蘇ったエコ布の古布のような風合いが好きです。

「なごみの風」を合わせたら、もっと素敵です。



20080917-nagominokaze1.JPG



「たくさん売りたくない。楽しいのが一番。」と微笑む

織り手の小田順子さんが、素晴らしいです。

一流デパートからの申込も断ったそうです。

以前は子供達のため紙芝居を作り、あちこちから引っ張りだこでした。

絵本も出版されています。

NHKの特集番組で取材された事も納得です。



作品を見せて戴きながら創作への楽しいお話を伺う内に

あっと言う間に3時間が、過ぎていました。

温厚なご主人様もずっとご一緒でした。

時々、お孫さんが顔を出し順子さんの気を引きます。

黒猫のカゲトラ君は、そばでおとなしく寝そべっています。



20080917-odazyunko.JPG



人間としてバランスの取れた方だと思いました。

美しい生き方をされています。



新しい織地を分けて戴き、私の両親の作務衣とワンピースの製作もお願いして

満ち足りた気分で帰路につきました。



帰りの車内で、同行した縫製マネージャーの杉原さんが、

「声も、お顔も亡き母にそっくりな方でした。」

と言ったのにはびっくりしました。

彼女も静かな感動の中にいるようでした。


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ