Posts Tagged ‘#中小企業’

中小企業の熱中症対策

先週よりは少しましですが、まだまだ暑い豊橋です。
皆様は、熱中症対策どうされていますか。

日之出では



・塩飴、梅干配布



・冷水補給(ウォーターサーバー)
・食堂のクーラーをつけっぱなしにして、休憩の推奨。
・スポットクーラー増設



・空調服購入

などをしています。



当初は好評で賈い足した空調服は、やっぱりベタベタすると、今日のダストクリーンの倉庫での積込作業には着用していませんでした。

保冷剤を入れるクールベストは、すぐに効果が無くなるとのことで、昨年から却下になっています。



クーラー3台起動の2階ミシン工場でも30℃以上、下の倉庫・出荷場は35℃にもなりますので、困っています。
何か良いアイディアがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

ゆりこ


大学の工学部を出ていなくても、中小企業の得難い人財、100歳までよろしくお願いいたします。

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。
一昨日は、ほんとうに風が強かったですね。
皆さんの所ではご被害なかったですか。

日之出でも、私の窓辺のひさしが、壊れて落ちてしまいました。



ベテランのMさんに相談したら、有り合わせの材木を裁断して、



残り物のぺンキを塗って、すぐに直してくれました。



可哀想な姿になぎ倒されていた、水仙にも支柱を建ててくれて、起き上がることができました。



Mさんは、モップハンドルの開発に携わり特許も取得した日之出の技術者です。
自分で開発した機械を使って、静電気除去モップを製造するのが主な仕事です
年齢は重ねましたが、山登りするほど身体壮健、フォークリフトやトラックの運転などお手の物です。
そればかりか困った時は、何でも相談して解決してくれる頼もしい存在。
日之出の宝です。

大学の工学部を出たわけではありませんが、中小企業にはほんとうに役に立つ人財がいるものです。
いつもほんとうにありがとうございます。
お身体にお気をつけて、100歳までもよろしくお願いいたします。

ゆりこ


皆の歓声とミシンの音が響く中、すやすや眠る赤ちゃんが可愛いです。

皆様、こんばんは!



今日育児休暇中のIさんが赤ちゃんを連れて来てくれました。
お母さんの多い日之出は大騒ぎです。
先ずは、手先をアルコール消毒して、私が一番初めに抱っこさせてもらいました。
目鼻立ちのはっきりした女の子、まだ一月半なのに、首もしっかり座って安心感があります。
マネージャーのSさんとAさんは、日ごろ孫のお世話になれているので、さすが抱っこも上手です。

工場の入り口で出荷担当のYさんと新人Kさんにもご挨拶して、二階の縫製部に向かいます。
二階の扉を開けると、リーダーのTさんが待ち構えていました。



「皆さん、Iさんの赤ちゃんですよ。」と呼びかけると、皆ミシンの手を止めて、駆け寄ってきます。



 

「綿埃がひどいから。」と遠慮しながら赤ちゃんをのぞき込む人、早速抱っこする人、いろいろですが皆の笑顔で溢れます。
こんなに大勢の人の歓声を浴びたのは初めてだと思いますが、赤ちゃんは皆に抱かれても平気です。



それどころか、仕事に戻った皆のミシンの音が響く中、すやすやと眠ってしましました。お腹の中でミシンの音を聞いていたので、故郷のように感じるのでしょうか

これまで何人かの人々が赤ちゃんを見せに連れて来てくれました。
ほんとうに仕合せな時間です。
数年前三番目の女の子を見せに来てくれたMさんが、育休後も頑張ってくれて、今月から正社員になったのも嬉しいです。
数日前に育休に入ったYさんに会えなかったのを残念がりながらも、来月の約束をしてIさんは会社を後にしました。来年の4月には赤ちゃんも保育園に入り、日之出に復帰する予定です。



中小企業は大きな家族のようなもの、皆で喜び合い、助け合いながら、少しでも楽しく仕合せに暮らしていきたいと思います。

ゆりこ


新メンバー入社

今週から工場も本格的に操業です。

15895244_1342789509118274_4802840595911152419_n

昨日新メンバーが入社しました。
12月にご紹介があった時は、少し戸惑いました。
Tリーダーの下で縫製作業をしながら、生産管理も覚えてくれる女性を希望していたのですが、定年退職された男性だったのです。しかも立派過ぎる経歴の持ち主でした。
素晴らしい人柄の方とのことで、とりあえずお会いしてお話を伺いし、本気でミシンもやってみたいというご意思を確認できましたので、来ていただくことにしました。
今日覗きに行きましたら、先ずはノート作りと縫製の下準備をしてくださっていました。

夜、OL時代の先輩のNさんに電話して相談しました。
中小企業と大企業の間には、考え方に大きな壁があると以前聞いたことがあったのです。
組織で動く大企業とワンマンだったり、決まりがなかったりする中小企業とは違うのは当然とも言えますね。
カルチャーショックがあると思いますが、お互いに思いやりの心で柔軟に対応していけば、良い方向に向かうと思います。

明日は工場内作業の女性が入社します。
新しい風が入るのはいいことですね。

人に温かく、仕事に厳しい会社でありたいと思います。

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ