2011年3月

頑張らないでください

地震の三日前に、「どん底はツキの始まり」という本を読みました。



生涯において本当に苦しいいことは三回しかない。

「一つ目は産まれ出てくるときの苦しみ。」

「もう一つ苦しみは、己が死ぬとき。」

「あと一つは、大切な人を亡くしたとき。」



とありました。



今回は、その三つに遭遇してしまった方も多かったかもしれません。



泣きたい時は、思いっきり泣いた方がいい・・・

泣くことさえできない方も・・・



頑張ってくださいなんて言えません。



命さえあれば・・・いつか・・・

いつかは立ち上げれる時が来る事を信じています。



今は、どうぞ頑張らないでください・・。



ひとの助けを遠慮なく受け・・・自分に優しく、自分を甘やかして・・・

時が来るのを待ちたいと思います。




ゆりこ


今私にできること

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、

ご家族の皆様、被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。



また、被災者の救済や現地の復興のために、献身的な活動を

されている皆様に心からの敬意と感謝を申し上げます。



一日も早い救済、復興をお祈り申し上げます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



地震発生以来、今私にできることは・・・と、考え続けてきました。



ツイッターやfacebookを覗くと、

被災者の救援に役に立つ情報を集め、情報発信をし続ける方々。

物資を集め被災地の仲間と協力して救援に駆けつけたJCの皆様。

募金活動に率先して街頭に立つ方々。

企業・個人で寄付をする方々。

個人で寄付と援助物資を集め、許可を取って被災地に直接届けた

岐阜の西岡社長のような猛者もいらっしゃいますが・・・



20110324-t02200165_0720054011119392855.jpg
西岡徹人氏・・GIFUで働く社長のブログより転載

http://ameblo.jp/maximas/entry-10837981092.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter



それぞれ自分で考えた最善の努力をされています。



今私に何ができるのか・・・



一日におにぎり一~二個しか食べられない・・・

雪の中、毛布も、暖房も足りない・・・



テレビで被災された方々の惨状を見るたびに、

なぜ、もっと早く救援できないのか・・・

こんなことが日本であってはならない・・・

もどかしい思いにかられます。



たまたま業界の役員の私は、東日本の方々の安否を訊ねるのが任務でした。

無駄な電話で、現地にご迷惑をかけないよう、慎重に時を選んで電話をかけ、

全員の安否を確認できたのは14日の朝でした。



東北地方の方は大なり少なり建物・設備に被害を受けられていましたが、

社長様はじめ従業員の皆様が全員無事だったことに安堵しました。



建物・設備・車などの物的損害に加えて、

お客様が、倒壊、流失、閉店して半分になってしまった・・・

モップ・マットのレンタルに行きたくてもガソリンが無い・・・

景気の疲弊している東北地方で、どうやって社員を食べさせていこうか・・・



以前よりレンタル価格のデフレに苦しみつつ、精一杯の努力をしてきた

レンタル業界の社長様のつぶやきに胸が詰まります。



原発事故、放射能漏れの危険と、風評被害まであり・・・



実際、もし豊橋で、こんな大災害にあった時、

社員の命を守れるだろうか・・・。会社は・・・

時折無力感が襲います。



今私にできることは、



今あるお客様、今ある仕事を大切にして、一所懸命に努力する

あちこちで行われている募金に協力し、できるだけの寄付をする



ただそれだけ・・・



やっと被災地への運送も再会したので、お米でもお送りしようかと、

「できることがあったら何でも言ってくださいね。」と、電話したら



「お米はいただいたし、子供達3人が自転車買い出し隊となって、食料・日用品を

調達してくれているから大丈夫。電器釜を会社に持ち込んで、ご飯を炊いて毎日

お昼におにぎりを握って社員に配っている。」と、明るい声でした。



素敵です。



守るべきものがある方は、強いなと感動しました。





ゆりこ






ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ