Posts Tagged ‘#介護’

無事誕生日を迎えました。多くの皆様からあたたかいお祝いの言葉をいただき感激しています。

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

今日お誕生日を迎え、67歳になりました。

DSC_9522

末娘夫婦からのプレゼントです。


大勢の皆様からあたたかいお祝いのメッセージをいただき、感激しています。
1949年7月12日、三重県度会郡小俣町、今の伊勢市の田舎町に生まれました。
ちょうど庭に百合の花がいっぱい咲いていたので、父が付けてくれた名前です。

父の仕事の関係で、四日市→伊勢→京都→伊勢→東京と移り住み、物心をついたのは京都でした。最初に覚えたのが京都弁で次が伊勢弁でしたので、方言に苦労し、ちょっと内気で口下手な少女時代でした。

進学や就職までは、ごくごく平凡に順調に過ごしたのですが、
結婚してからは結構波瀾がありました。

皆様もきっとそうなのだろうと思うのですが・・・

自分の家は普通だと思っていたのですが、
核家族の実家はとても自由だったのです。

テレビは歌番組か、父と一緒に時代劇や映画ばかりで、ホームドラマを見たことがなかったので、大家族の大変さなんて、未知の世界でした。

夫の父母、祖父母との三世代同居は、面食らうことばかりでした。
松本家の人々は、裏表の無いいい人ばかりなのですが、意見をはっきり言う家風でした。
父の言うことさえ聞いていれば平和な実家とは違って、
こちら立てればあちらが立たずと行ったことがしょっちゅうでした。

ある時、私のタンスの置き場をめぐって、家中で大喧嘩になり、
私は一言も意見を言っていなのに、「どうしてこうなるのだろう」と驚くばかりでした。
「船頭多くして船山に登る」とはこのことだと実感しました。

祖母からの毎日の小言にも神経がまいりました。
「年寄りは改められない、若いお前が合わせるしかない。」という主人の言葉に従って、なるべく祖母の良いところを探して好きになるよう努めました。自分のことを好いてくれる人のことはあまり嫌いにならないと思ったからでした。

祖母の認知症の介護、子どもの喘息等で、どこにも出かけられず、親友とも会えなかった10年間が、弱かった私を強くしてくれました。
あの時の経験があったからこそ、会社を経営することができたと思っています。

また、そんな日々を支えてくれたのが、そっと見守ってくれる実家の両親の愛と、若いころ読んだデール・カーネギーの「人を動かす」やアランの「幸福論」の考え方でした。

私に厳しかった祖母は、家族の名前がわからなくなっても、私の名前だけは忘れませんでした。いつも私の名前を呼んで、姿を追い求めてくれる祖母は、いつのまにか私の宝物になっていました。

その後も両親の看病や介護の他、人に言えない辛い経験もしましたが、良い友人に恵まれ、子育てや趣味やボランティアに打ち込むことができたのは仕合わせでした。

社長になってからも、いろいろな方に親切にしていただき、助けていただいたご恩は忘れられません。
何歳になっても人間は完成するものではありませんが、健康で少しでも人のお役に立てる良い人生を送りたいと願っています。
皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 
ゆり子

後期高齢者になっても、ディサービスより会社に行ってお給料をもらおう。

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

皆様は、何歳まで働きたいと思っていらっしゃいますか?
私は、お仕事が好きな方は年齢に関係なく好きなだけ働いた方がいいと思っています。日之出には後期高齢者の方もいらっしゃるのですが、すごく元気で楽しそうに働いてくれています。同じ年頃の方でディサービスに通っていらっしゃる方も多いのですが、お仕事が好きな方は会社の方が楽しそうです。
895503337359683584_full

今日、嘱託のTさんと、Iさんの契約更新をしました。二人とも元気でまた一年働いて下さることになりありがたいです。Tさんは勤続18年、モップの糸作りのエキスパートです。20数種もあるモップ糸を機械で規格に合わせて造りあげるという責任ある仕事を一人で担っています。後継者と期待されたOさんがお父様の介護のため退職して気落ちしていたのですが、来月から良い方が入社することになり張り切っています。責任感が強いので、あまり一生懸命教えすぎないよう、「ゆっくり気長に教えてね。二人で糸作りと他の仕事を半分づつやればお互い休みもとりやすいし。」といいますと。以前に比べると体力も能力も落ちて他の仕事をしても前のようにお役に立てないと嘆くので、「そうは見えませんが、もし仮に今の能力が8になっていたとしても、余りある他の能力があるので、それで十分です。経験と知恵、愛社精神、協力精神、子育てしている若い人を思いやる気持ち、そんなオーラが若い方に伝染して会社が良くなるのです。」「8しか無いのではなく、8あれば十分、もう65歳ではなく、まだ65歳。」と言うとパッと表情が明るくなりました。
「後期高齢者になってもディサービスに行くより会社に通って給料をもらう方が楽しいし、国の費用も使わず世の中の役に立つ。」というと「世の中の役に立つのですね。」と更に嬉しそうです。身近にお手本があるのですから、実現可能と希望が出ます。
Iさんは、まもなく68歳、モップ縫製機のオペレーターでしたが、50代半ばからミシンを練習してマスターしました。いつも「電車代がかかってすみません。」と謝られるのが心苦しく、「いえいえ、わざわざ電車に乗って遠いところからありがとう。」とお礼をいいます。昨年一時仕事が少なくて、シニアの方々に時短していただいたのが辛かったのかと申し訳ない気持ちになります。Iさんにも同じ話をすると、もともと明るい性格なので、表情も華やぎます。「とりあえず4年後、日之出100周年まで頑張りたい。」そうです。
 
人間目標ができると、気力が出るし、そのために体調や日々の暮らしも整える努力をすることができるのです。皆と同じような年代の私も、もう少し毎日の暮らしに気をつけて、健康で頑張れるよう心がけようと思います。

 
ゆりこ

花はそれぞれ違って美しい☆姉妹の場合

一週間遅れで末娘から母の日のアレンジメントが届きました。

13241267_1124582074272353_6074695326837030009_n

白と淡いグリーンを基調にした清楚な感じのアレンジメントです。

13139169_1118442381552989_3933275948287901594_n

長女夫婦から贈られた華やかなアレンジメントとは趣が違っています。

お花の選択だけでなく、二人は同じ家に生まれた姉妹と思えないほど、顔も性格も違っています。

長女は調和を重んじる人、アレンジメントも同級生のご実家の花屋さんに依頼しました。祖母にもお花を毎年欠かさず贈り続けています。母の日もお誕生日も決して遅れることはありません。親戚への挨拶や年賀状なども欠かさず、親善大使のようになっています。子供のころから人に好かれましたが、争いごとが嫌いな性格のためか、深い交流はちょっと苦手のように見えます。

末娘はこだわりの人、自分がいいと思うことへの探究心はものすごいです。以前は喜怒哀楽がはっきりして、泣いたり笑ったり賑やかだったのですが、大人になってぐっと自分の中に納めることができるようになりました。
いいものを贈ろうという情熱もすごいのですが、記念日はしょっちゅう忘れます。わかっているので私はいいのですが、婚家のお母様にちゃんとしているのかちょっと心配です。

優等生っぽく見える長女も、幼いころはとても活発な面白い子でしたが、小学生になるころには、わがままも言わず、けんかもしないおだやかなお姉さんになっていました。
大家族に生まれた最初の子で、一身に注目と干渉を受け、祖母の介護などで不自由な思いもさせ、知らず知らずに我慢させていたのではと、申し訳ない気がしています。

末娘が生まれたころは、介護も最盛期で皆余裕が無く、ほとんど干渉されずに育ったら自由な子になりました。友達ともけんかするし、鞄は破くし、男の子と混じってサッカーもやるような元気で明るい子でした。

真ん中の息子とともに、同じ家庭で育っても、生まれ順やそのころの状況により環境が大きく変わるのですから、違う性格になるのは当然とも言えます。

同じ並び順の3人の子を持つ友人と、長女はね!とか、息子がね!とか、末っ子はね!とか話すと共通点があるのが笑えます。

どの子も違った個性があるけれど、どの子もみな素晴らしいと信じ続けたいと思います。

ゆりこ

人は適材適所に活かしてこそ宝になる!!

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

DSC_7604

工場の縁に作られた小さな花壇に春のお花が咲いています。
ここは日之出のシニアメンバーMさんが中心となって管理してくれています。

00370001

お花の種類もすべておまかせなので、次に何が咲くのか楽しみです。

今、日之出では六十歳以上の方が十人以上も
元気に働いてくださっているのですが・・・

「また一年よろしくお願いいたします。」
来月六十五歳になるKさんの明るい声が社長室に響きました。

正社員として三十数年、六十歳からは嘱託として真面目に勤務してくださった
Kさんですが、高齢のご両親やご自身の事情で一度は退社を決意したのです。

ご両親のことも気がかりですが・・・
Kさんは、聴力に少々・・・

お客様から「話が通じない。担当を変えてほしい。」と苦情をいただき、
経営ブレーンからも、「勤務は無理なのでは」と言われた十数年前を思いだします。

無口で愛想はないけれど、誠実で一所懸命な彼女にそんなことできません。
リーダー達とも相談し、数カ月考え、事務所から工場へ配置転換
することを決意しました。

 
パソコンや電話に向かう事務仕事から、縫製リーダーの下で
細々としたモップ縫製の下ごしらえに従事する日々・・・

心配したのですが、以前より明るくなったKさんでした。

口にはださないけれど、不安が大きかったのでしょう。
事務所ではよくため息をついていました。

納期対応に真剣で、聞こえないこともあり、言葉もきつくなりがちで、
「事務所の方が偉いと思っている。」と誤解されていたのです。

彼女を受け入れる環境、温かい雰囲気を作ってくれた
リーダー達はじめ縫製チームの配慮もありがたかったです。

やがて会社歴の長い彼女は生き字引のように何でも知っていて、 皆に頼りにされる存在になりました。
リーダー、サブリーダーの近くにいれば問題ありません。
筆談でもOKです。

ご両親の介護は、有給休暇で対応すればいいし、
勤務も5時間ですから、毎日お見舞いに行かれます。

 
人は適材適所に活かしてこそ宝になる!!
あの時の決断は間違っていなかった。

仕事と会社が大好きなKさん、
お身体に気をつけて、これからもよろしくお願いいたします。

 
 
ゆりこ

 
ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ