2009年8月

モッピィちゃん携帯ストラップ・・ゆる~い感じで発売中です。

モッピィちゃん携帯ストラップ」が好評です。



20090825-strap003moppy.jpg


モッピィちゃんは、~十年前からずっと日之出のマスコットキャラクターでしたが・・

いつの間にか社内で忘れられていました。

日之出創業88周年記念準備委員会の会議中、「これ何!かわいい。」と

比較的新しいメンバーの目に留まりました。

とぼけたお顔とマジシャンみたいな不思議な模様の洋服を着た元祖ゆるキャラです。



20090825-moppy2..JPG


「モップちゃんじゃないか?」と、M君

「モッピィちゃんよ」と、私。



最近は、ノンパッケージのレンタルモップを中心に制作している日之出では、

モッピィちゃんの姿は、新鮮に映ったのです。



名前さえ忘れられていたモッピィちゃんは、「ケミカルダスター」や「乙女雑巾」などの

販売商品のパッケージの上で、モップを担ぎ、あちこち拭いたり、ゴルフクラブの

お手入れまでして、ずっと大忙しでお掃除し続けてきたのです。



20090825-strap001.jpg


モッピィちゃんは一瞬にして日之出のアイドルとなりました。

創立88周年記念に、空飛ぶ絨毯のような赤いマットもプレゼントしてもらい、

縁起の良い末広がりの8.8mmX88mmのストラップに繋がれた

幸運の携帯ストラップに大変身を遂げたのです。



20090825-moppy24.JPG


若者にも大人気です。

娘の友人や先輩はじめ多方面から販売して欲しい、ノートやシールに

して欲しい、とのお声が届いております。

皆様のご要望にお応えして、先週より日之出の通販サイトで販売を開始致しました。

よろしかったらご覧下さいますれば嬉しいです。

http://tenant.depart.livedoor.com/t/hinode/item5503710.html


メッセージをお寄せ下さい。

先日、南想会の忍田会長様からメッセージを戴きました。

お許しを得ましたので、掲載させて戴きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お名前: 忍田 明治 様



メッセージ: 南想会をご紹介頂き有難うございました。

とても細やかな配慮された記事で、本年ご欠席の方々への素晴らしい贈り物です。

慰霊祭・懇親会が網羅されており出席者全員が感謝していることでしょう。

起業講座や会社を経営されておられる努力家としても尊敬の念を深めました。

お父上にもお話したいと思います。



20090726-DSCF0225hata10.JPG


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブログを書き始めて1年が経ちました。、

仕事のこと、日々感じたことを書いていくと意外と楽しいのですが、

だんだん物足りなさを感じるようになりました。

私からの一方的な発信ではなく、お読み戴いて下さっている皆様から

ご感想を戴けると嬉しいです。



ネットは想像できない危険性もはらんでいますが、

全世界に情報を発信できる素晴らしい可能性を持っています。



智惠と努力によっては、小さな会社でも、一流会社や大会社以上に

皆様に知って戴けたり、支持して戴けるかもしれません。


たとえ一人の意見でも、大きな声となって世の中を動かすことが

あるかもしれないのです。




日之出株式会社の良い所、できる事や、目指す方向を広く皆様に知って戴き、

ビジネスに繋がることも勿論あると思います。

もしかして、お客様やお取引先様、友人知人の方々も読んで下さっているかも

しれないと思うと張り合いがあります。



また、社員の皆様に読んで戴くことににより、日之出の経営理念、目標を

しっかり理解して戴き、全社一丸を達成する
ための一助にもなります。



日之出の理想、社風に共感して「素晴らしい人財」が入社するかもしれないとも

密かに期待しています。



私のブログを愛読して下さっている方もいらっしゃると伺っております。

モップを手にした素敵なキャラクターを描いて下さり、心よりお礼申し上げます。

皆様、どうぞご感想をお寄せ下さいますようお願い申し上げます。



ブログ上に勝手に掲載されることは決してございませんので、安心して

「このブログへのメッセージ」の所をクリックしてメッセージをお寄せくださいませ。

できる限りお返事させて戴きます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


「緑のワタ」の種から・・赤い花です。

ワタの花が咲きました。

日之出創立八十八周年行事で、蒲郡の「手織場」を見学させて戴いた折の

ワタの種を日之出の工場の塀際のネコの額ほどの小さなスペースで育てていたのです。



20090819-DSCF0319watahanaaka.JPG


何と「緑のワタ」の種から咲いたのは、赤い花です。



小森(株)の河合社長様が届けて下さった日本のワタの種をベテラン技術者の

森谷さんが自宅で発芽させ、苗を希望者に分け、工場にも植えてくれたのです。



お盆休みの水やりは、会社の隣に住むOTOMEバッグ開発リーダーの

春江さんが進んで引き受けてくれました。



なるべく自然にと思い、消毒しなかったので、虫食いでちょっと頼りない姿ですが、

風にそよぐ赤い花びらは可憐です。

石部さんが自宅で育てているワタ達は、もっと立派だそうです・・・。



20090819-DSCF0268watasiro.JPG


普通の白いワタの種子からは、清楚な白い花でした。



どちらもワタを付ける日が来るのが楽しみです。

社員さんの中でも、綿花の事を良く知らない人もいるようです。



繊維を扱う日之出ですので、ワタや素材に興味を感じて戴き、

仕事に夢と愛情を持って戴けると嬉しいです。


九州出張・その2・・価格戦略in博多

総会は、博多駅から車で5分の「グランドハイアット福岡」で開催されました。

宿泊だけでも○万円する、博多っ子も驚く超一流ホテルです。



20090810-grandfaiatto.JPG
        グランドハイアット福岡HPより転載



シアター、ショッピング等何でも揃う複合商業施設「キャナルシティ博多」と一体化

していますので、高級で有りながら、賑やかで楽しい雰囲気に溢れています。

ホテルマンの方々も勿論丁寧で親切です。



懇親会で美味しいお食事を堪能した後、近くの櫛田神社に案内して戴きました。



20090810-DSCF0282kusida18.JPG


祇園山笠で有名ですが、実物より大きい山笠の模型がライトアップされていました。



20090810-DSCF0279yamakasa.JPG


一人旅のイギリス人男性と写真を撮りあい、片言の英語で楽しい交流をしました。



翌日は、地下鉄祇園駅近くの「ドーミーイン博多祇園」に泊まりました。



20090810-76404.jpg
 HPより転載



3月にできたばかりのビジネスホテルですが、何と温泉付きです。

向かいには7月にオープンしたての「ダイワロイネットホテル博多祇園」があります。

どちらもきれいで清潔な施設、リーズナブル価格ですが、温泉が決め手になりました。



20090810-gionnoyu.JPG
 HPより



「天然温泉御笠の湯」と名付けた大(?中)浴場に、露天風呂、サウナ、手揉み所も

完備して旅の疲れが癒されました。

フロントの女性の明るい応対と、清潔で合理的な室内設備にも感心します。



翌朝、町の賑わいを眺めながら朝食をとっていると、バスが次々走って来ます。

何処でも100円で行ける循環バスも多いそうです。



バスで行こうと思いましたが、タクシーが来たのでつい乗ってしまいました。

初乗りは550円です。愛知県から来ると驚きの安さです。



「ドーミーイン博多祇園」の宿泊料は、「グランドハイアット福岡」の数分の一です。



ゆとりのある豪華な設備と、きめ細かいサービスに特化した高級ブランドによる

高価格戦略に対して、無駄を省き徹底した合理主義+一点豪華による

差別化を加味した低価格戦略。・・・全く正反対の戦略です。




どちらにしても中途半端なものは受け入れられない時代だと思います。



日之出のものづくりも、十分戦略を練って取り組んで行かなければならないと

強く感じました。


九州出張 その1・・飛行機が大好きです。

ダストクリーンが所属する、モップ・マット等のレンタル業界の総会出席のため

2日から九州に行ってきました。



中部国際空港から飛行機で一時間足らずです。

夏休みのせいか、小さいお子さんも多く乗っていました。

隣の若いお母さんは、わずか生後4カ月の赤ちゃんを抱いています。

ご主人のご実家に初めての里帰りだそうです。

博多から更に特急で佐賀まで行くそうですので大変です。

抱っこした上からシートベルトをしたらむずかり始めました。

しっかり胸に抱きしめて離陸です。



実は、私は飛行機が大好きです。

いつも窓側の景色のよく見える席をとりたがるので皆に笑われています。

こんな便利で快適な乗り物に、何で新婚旅行以来~十年も乗らなかったのか

不思議に思います。



長い滑走路を不器用にドタドタと走り、フアット浮いた瞬間の爽快さがたまりません。

どんどん小さくなる車や建物、キラキラ光る海や、白く流れる雲を眺めていると、

アクセクとした日常は、どこかに消え去っていきます。



20090809-b75.jpg
 ANAのHPから転載



赤ちゃんもお母さんの胸の鼓動に安心したのか、すやすや眠っています。

笑顔を絶やさないキャビンアテンダントさんから、パインジュースのサービスを受け、

スカイ通販カタログ・・便利でスタイリッシュな拘り商品が多い・・を楽しんでいると

もう福岡空港に着陸体制に入ります。



機内に軽い緊張感が走り、旋回して徐々に高度を下げ、滑走路めがけ、

ドンと着陸した瞬間、『よくやった。』と褒めたくなります。



お洒落な抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこし直した若奥さんに

「お利口さんでしたね。気をつけてね。」と会釈して別れます。



こんなに好きな飛行機ですが、到着するやいなや、どんどん歩いて、

一目散で空港を後にするのも勝手なものですね。


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ