Posts Tagged ‘#進学’

花壇のチューリップト命の継承

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。



桜は散ってしまったけれど、日之出の小さい花壇のチューリップは、まだ頑張って咲いていてくれています。
これは、2年前に豊橋信金西支店さんの40周年でいただいたチューリップをベテランTさんが、丹精して育ててくれているものなのです。今年もそろそろお花を摘み、球根を掘り上げる時期になりました。花は終わっても、次のお花を育てるために地道な努力を続けて行くことは、子育てや会社経営にも通じるものがありますね。



入園、入学、新社会人、転勤等、春は始りとともに別れのシーズンでもあります。家の子達も高校までは、成長の喜びだけでしたが、遠くの大学に進学した時は、違っていました。
こんなに勉強しないで合格できるのかとやきもきした長女の進学が決まり、アパート探しや準備に追われ、やっと送り出してほっとしたら、猛烈な寂しさが襲って来たのです。
なに見ても娘のことが思い出され、スーパーに行っても、あれもこれも送ってあげたいと、涙ぐむありさまでした。




その長女も就職、結婚出産を経て、ひとりっ子の入学式を迎えました。
大人になっても、幾つになっても、子どものことは一生気がかりだと思いますが、命の継承が成されて行くことは、素晴らしいことだと思います。



一生懸命咲いてくれている春のお花を見ながら、そんなことを考えています。



入園、入学、入社おめでとうございます。お友だちの皆様のお子さま達が実り多い人生を送られるようお祈りしています。

ゆりこ


つながりの経済が、SNS発信で拡散力が数倍になる。豊橋の和菓子老舗・大正軒さんの場合

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー
日之出株式会社の松本です。

九州地方の地震とても心配です。
皆様のご無事を心からお祈りしています。

久し振りの連休でしたが、
つながりの経済を感じた二日間でした。

昨日、創業140周年の豊橋の老舗、
大正軒さんで手詰最中を購入して、
友人にお送りしました。

item05

大正軒さんは、モップ・マットレンタルの
㈲ダストクリーンの古くからのお客様です。
手作りの和菓子がとても美味しくて
時々購入させていただいていたのですが、
店主の若杉さんとFacebookで
つながってから、
関係性が変わりました。

P1010793TAISHOUKEN

若杉さんが一流の菓子職人であるとともに、
映画に造詣が深いことがわかったのです。
それも美大の映画科卒と本格的です。
とよはしシネマトーク倶楽部の会長で、
とよはしスロータウン映画祭開催の中心
メンバーであることもはじめて知りました。
洋菓子づくりのお得意な奥様のこと、
お子様たちの進学や就職のこと、
90歳を超えたお母様がお店に出られている
ことなどを投稿で知ることができたのです。
お正月やお祝い季節には、
夜中の2~3時からお菓子を作って
いらっしゃることもわかりました。

そんなことを知れば知るほど、ますます
大正軒さんのお菓子が美味しく感じられ、
お店でランチを食べ、遠くへのおみやげも
大正軒さんで買いたくなりました。
以前は、ご愛顧いただいているお客様への
お礼の気持ちでの購入だったのですが、
今では友達である若杉さんの魅力に惹かれ、
大正軒さんの大ファンとなったのです。

DSCF715714

 

P1010786danngoseizouki
みたらし団子がくるくる回りながら焼かれる
団子焼器も有名で、度々TVで放送
されていますが、若杉さんやファン達が
Facebookで発信することによって、
波及効果は数倍になっていると思います。

もともと老舗で、美味しく楽しくて
豊橋の人気店なのですが、
和菓子づくりは、手も気も抜けず、
朝早くから仕込む大変なお仕事です。
大正軒さんに、もっと楽に儲けていただいて
お子様たちが喜んで継いでくださり
豊橋の象徴として、末永く続いて
いかれることを願ってます。

 

 

ゆりこ


過去に下した決断を悔やんではいけない。自分の選んだ道に自信を持とう

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー
日之出株式会社の松本ゆり子です。

専業主婦から社長になったので、
いろんな人から聞かれました。
よく決断しましたね。
後悔しませんでしたか?

決断も何も、心当たりの方にお願いして
皆に断られたので、
私がやるしかなかったのです。
断られたおかげで、私の方針に反対する人は
一人もいなかったのはラッキーでした。

後悔なんてする暇ありませんでした。
経営も製造も何もわからなかったので、
勉強が忙しくて、おもしろくて夢中でした。

経営のことは、
いろんな方に片っ端から聞きました。
主人の友達、父、父の友人の銀行マン、
決算書を抱えて、大企業重役の従兄弟を
横浜に訪ねて、新幹線に乗り遅れ、
浜松から在来線で帰ったこともありました。
唯一の勤務経験の住商で心酔していた先輩を
探し出して、教えを請いました。
海外赴任されてから長年音信不通でしたが、
三十年振りに交流が復活、時に厳しく親身に
相談に乗っていただいています。

日々決断の連続とも言える経営業ですが、
直ぐに決断できることと
そうでないことがあります。
簡単なことは即決し、
難しくて複雑な問題は、お茶を濁して
時を待つこともしばしばです。

どちらにしても、
過去に下した決断を悔やんではいけない。
上手くいっている時は、気にならないが、
不調のときは、内心迷うときもあります。

経営者が迷っては、社員が不安になります。
経過がどうであれ、決めたことに責任をもつ。

moppy_3.ai 切り抜き

経営だけではありません。
進学でも就職でも結婚でも、どんな時でも、
自分の選んだ道は正しかったと思う・・・
その方が幸せです。

今健康で仕事ができる、
気の合わない人もいない・・・
こんな幸せなことは無いと思います。

思い悩み後悔することが、
今の状況をよくする事はありえない。
今ある事を感謝し、
どうすれば良くなるかを真剣に考えれば
必ず道は開ける。

自分の選んだ道に自信を持って、
前向きに進んで行こうと思います。

 

 

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ