Posts Tagged ‘#縫製’

今日から9月、ローテクでもいい会社、愛の溢れる会社にしたいです。

おはようございます。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。



今日から9月、新しい人が来てくださいました。
以前の職場は、小さな会社から技術を磨き、世界に認められるまで成長した先進技術企業だそうです。
また創業社長様以来、社員を大切にをモットーされているとのことです。


多品種少量生産を職人の腕でこなしている日之出は、ローテクながらどこよりも丈夫で長持ちするモップを造って、お客様に喜んでいただいています。

大きな会社、一流会社と競争する気はありませんが、人の活用にはには自信を持っています。
多くの企業では、まだまだ学歴、年齢、性別に拘っているようです。
そのようなことを気にしない日之出は、種々の人材を紹介していただける機会が多いのです。
そんなわけで今回も素晴らしい人柄の方が入社してくださって、ありがたいと思っています。



課題もいっぱいありますが、勇気を出して乗り越え、愛が溢れる会社にしたいと願っています。


皆様、今月もよろしくお願いいたします。

ゆりこ


レンタル用お掃除クロスの点検仕上げ

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

日之出では、主にレンタル用のモップや玄関マットを造っているのですが、レンタル用のお掃除クロスもたくさん作っています。

糸から手配して、織機、精錬、裁断、縫製、染色を終え、一枚一枚丁寧に点検して仕上げます。
縫うのも一枚一枚手作りですので、1,000枚縫えたら、まとめて染色します。

今日染色が終わり、仕上げ室ではクロスの点検仕上げに大忙しでした。



リーダーのNさんが、一枚一枚手際よく点検しています。



さすがベテラン、丁寧かつ素早く仕上げしていく様は気持ちがいいです。

染色して乾燥機から出したら、直ぐに仕上げなければ皺が伸びませんので、いつもは縫製部が応援して大勢で一気に仕上げるのですが、今は受注残を抱え超忙しくて人手が足りません。
代わりに楽天担当のSさんがせっせと作業してくれていました。

日之出に他の部署も気持ちよく手伝うという社風が、育っているのが嬉しいです。

ありがとうございます。
季節の変わり目、身体に気を付けて皆で頑張りましょう。


ゆりこ


新しい仕事ー人から求められ、役に立つものーを創る

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

今朝工場にいってみると、昨日入社したHさんが、早速モップを縫っていました。
ミシン経験者ですが、さすがにまだまだゆっくりです。
ゆっくりでもいい、丁寧に着実に縫うことが、丈夫なレンタルモップづくりに欠かせません。



最近、多くの方が入社してくださったのですが、一人前になるにはなかなか大変なのです。

昨年、ドクタースタッフでベテランが二人辞め、産休の人が二人、技術に優れた四人が欠けたのは痛手です。

一流の技術者を育てるのは、数年も時間がかかるので・・・
できるだけ長く働いてくださるのがありがたいのです。

せっかく日之出を選んで入社してくださった方々と、できるだけ長く気持ちよく楽しく過ごしたいと願っています。働きやすい環境を整えるのは私の大事な役目です。
また、皆に十分働いていただけるだけの仕事を創らなければなりません。



今は生産に追われて、どんどん人を増やしていますが、受注が少ない時のことも考えておかなければなりません。
ご注文が多すぎるのも大変ですが、無い方がもっと大変です。

リーマンショックの頃は、休業してセミナーで勉強したリ、5Sや掃除に励むだけでは足りず、一部のパートさんに辞めていただいたり、時短をお願いしなければなりませんでした。

お客様の受注や景気に左右されない自社製品を考える必要があるのです。

そんな気持ちもあってOTOME バッグを開発したのです。
表参道のセレクトショップや伊勢丹本店さんに出展するまで行ったのですが、とん挫してしましました。
モップ造りが忙しいとか、材料のエコ帆布の入手困難とかいろいろ理由はあったのですが、要するに、やりきれなかったのです。



また、日本一のエコ帆布バッグに拘り過ぎたとも思います。

自分達の思い込みでなく、人から求められるもの、役にたつものの視点で考えていきたいと思います。

ゆりこ


新しい出会いにワクワクしています。

日之出の本日の業務は、全て終了しました。



仲良く車に乗り合って退社する皆の姿を見るのが嬉しいです。



昨日応募のあった縫製スタッフさんを今日面接して、即決しました。ミシンの技量はもちろんですが、明るくて前向きな人柄に好感が持てました。
先週入社したばかりのAさんも、真剣な顔つきで、ミシン仕事に取り組んでいます。来週からは、モップ糸造りのSさんが正社員に、5月には、もう一人入社の予定です。



人が増えたので、頑張って受注しなければと、身の引き締まる思いです。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。\(^-^)/


 

ゆりこ


お雛様は娘を想う親心☆ご縁ある元スタッフのしあわせを祈ります。

青々とした立派なブロッコリーをいただきました。



元縫製スタッフのナナちゃんからです。
農家を継ぐため辞めた後も、年に1~2回、リーダーのAさんのところに野菜を届けてくれるのです。昨年、娘さんが専門学校を卒業したと聞いて、びっくりしたのですが、なんと”おばあちゃん”になったのだそうです。とびっきり元気で若々しい笑顔しか思い浮かばないので、想像もできません。

二十代から三十代の半ばまでを日之出で過ごしたナナちゃんは素直で明るい性格で皆に好かれていました。ご主人の実家の農家を継ぐと決まって、退社時期を二年半も前から会社に申告してくれる律義さのおかげでスムーズに業務の引き継ぎができました。

月日の経つ速さに驚かされます。会社にも顔を出すようにAさんに言づけたけれど、遠くて日曜日にしか来られないのかもしれません。

お子さんも無事に成長したけれど、それなりに苦労もしたらしい・・・。
ナナちゃんのこれからの人生が幸せでありますよう祈らずにはいられません。

今日はお雛祭り、娘たちもお嫁に行って、お雛様は倉庫にしまい込んだままです。
母を亡くした一人娘のため、毎年お雛様を飾る実家の弟の心情が尊く感じられます。
お雛様は、いつかはお嫁に行ってしまう娘の仕合せを祈る親心なのだと思います。



ブロッコリーはサラダの他、ポトフにも入れて楽しみました。
ナナちゃん、ありがとう。ご馳走様でした。
 

ゆりこ


キリン一番搾り缶そっくりのビールチョコで祝うバレンタインデー!

バレンタインデーの今日、キリンビールの工場見学で買ったビールチョコを配りました。



とても小さいのですが、可愛いのです。



リーズナブルなお値段で40ケも入っているのも嬉しいです。



2階の縫製部は今日は20人なので、1箱置いてきました。
「ビール缶なら尚いいなぁ!」と呑兵衛のリーダー。
ほんの一口サイズですが、キリン一番搾りの缶にそっくりです。
ビールゼリーも入っているそうですが、酔っぱらう心配はありません。

小さなチョコひとつで笑い声が起こります。
工場見学も楽しかったけれど、帰ってからも宣伝になるなんて、凄いです。

キリンビール名古屋工場 見学



お休みで工場が動いていなかったのは残念でしたが、展示にも工夫があり、楽しめました。



見学の最後の試飲会場では、三種の一番搾りとソフトドリンクがいただけますが、時間切れにはご注意くださいね。友達とおしゃべりしていたら、一番期待していた黒ビールが飲めませんでした。

皆様もぜひ一度お出かけくださいませ。

ゆりこ


女性だから無理ではなく、トライして解決策を考えることが大事!

嘱託のTさんと面談し、三月からまた一年同じように働いてくださることになりました。
フォークリフトの出荷作業の合間に裁断加工など何でもこなす器用なTさんですが、昨年はちょっと体調を崩し心配していました。



新人Kさんの指導のため、土曜日出社もOKとまで言っていただきありがたいです。仕事に厳しいTさんですが、Kさんのことは認めてくれているようです。
ただ女性は、男性と同じ仕事は無理と思っているようでした。
能力が無いということではなく、体力が無いからとか、刃物の工具は危ないとか思っているようです。




Tさんの後継者となる人を募集したのですが、希望したのは女性だったのです。

日之出は女性縫製メンバーが多く、軽作業に見えますが、糸やモップ製品は意外と重く、力持ちの人も多いのです。

日之出テックスでは、男女共プレス機を扱い大きく重いマットも造っています。
ダストクリーンでも時には大きな重い玄関マットも交換しなければなりません。

どんな職場でも重い荷物を持ったりすることもあると思います。
家庭でも子供を抱っこしたりおんぶしたリ、老人介護したリ、体力がいる場合も多いのです。

最初から重たいから、難しいから女性にはやらせないということは、一見優しく感じますが、やっぱり女性は工場には向かないと、職域の可能性が狭まれることになるのです。

せっかく未来の現場リーダーを希望して入社したKさんの意欲を削がないように、まずは後継者と認めて何でもやらせてみるようお願いしました。努力してみて難しいことがあれば、その時対策を考えればいいと思います。

Tさんだって、年齢とともに荷物は重くなり、大変になっています。
どうしたら女性でも高齢者でも楽に作業ができるか工夫しなければなりません。



今ある手動リフターより能率の良い電動リフターを購入するとか、今話題のパワースーツを検討するとか対策はいろいろあるはずです。

そういうことも現場の方々が自分で考え研究し提案して欲しいと思います。
日之出では、改善のための10万円以下の費用は稟議書もいりません。

人に優しく仕事に厳しい会社
良い仕事を楽しくやりきる会社でありたいと思います。

ゆりこ


祝日、仕事中のランチ送別会☆大成功でした。

今日は、10月20に退職した縫製のYさんの送別会でした。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_3319-2

12時に会社に来てくださったYさんに、欠席のAさんからのプレゼントが渡されます。
以前、同じ部署で一緒に仕事した二人だったのです。

12時10分過ぎに、車三台に分乗してホテルアークリッシュ豊橋さんに向かい、現地直行組と落ち合います。

会社カレンダーでは出勤日の3日、日之出メンバーは個人の都合に合わせて、それぞれ契約が異なるのですが、休日組の方も多く参加してくださいました。
祝日なので、お客様からのお電話も無く、事務所を空にしても安心なのもグッドです。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_4993

総勢20名で、一般席と言われていましたが、二つの個室を用意してくださっていました。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_748

6種類あるメイン料理は、前もって予約しているので、サラダやアラカルトのビュッフェ料理を各々吟味して選ぶのも楽しいです。

何よりゆっくりお話できるのがいいです。
女性が多く家庭中心の日之出ですので、夜の会合は皆無なのです。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_6783

普段は、ごく近場の人か、お昼休みくらいしか話す機会がないので、皆さん楽しそうにおしゃべりしています。

途中でYさんに、もう一つの部屋にも行っていただいたのはもちろんです。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_3447

心もお腹も満たされたころ、ケーキが4つもでてきたのも嬉しいです。

161103-%e9%87%91%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e9%80%81%e5%88%a5%e4%bc%9a_7667

ホテルの方にシャッターを押していただいて、記念撮影もできました。

Yさん、長い間丁寧なお仕事ありがとうございました。
これからもお元気で楽しく過ごしてくださいね。

参加の皆にも、会費1,000円送り迎えつきで、出席しやすいと喜んでいただけました。

時々楽しいことを考えたいと思います。

 

 

ゆりこ


Yさん、長い間ありがとうございました。一生青春☆お幸せをお祈りいたします。

今日は縫製メンバーYさんの最後の出社日でした。
月曜日のディミーティングで、私からお礼の言葉と小さなブリザードフラワーをお贈りし、Yさんからも皆にご挨拶してくださいました。

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bcdscf3190

以前は、花束をお贈りしていたのですが、記念に残るブリザードフラワーがいいという意見があって、好きな方を選んでいただいてお贈りしています。

カードのメッセージは「長い間ありがとうございました。一生青春☆お幸せをお祈りいたします。」です。

これまで「一生青春、一生勉強」と言い続けてきましたが、退職後は少しゆっくり楽しんでいただきたいと、一生青春だけにしておきました。

今朝Yさんから好きなお菓子を一袋ずついただきました。
真面目で質実剛健なYさんらしいなと微笑ましくなりました。

14650150_1243425042388055_6920802998586967142_n

ありがとうございます。亀田のまがりせんべい好きですよ~♬

縫製部に行ってみると、ミシンの掃除を終え、最後の縫製仕事をしているところでした。
お礼を言ってお別れ会のための、ご都合の良い日をお聞きました。
主婦の多い日之出ですので、夜の会合はなかなか難しいので、ランチのお別れ会にしようと思います。

ダストクリーンのお客様のホテルで、祝日の出勤日の合間に、会費は会社で半額負担して、1,000円ぐらいなら参加しやすいかと思います。詳細が決まりまっしたら、お知らせして参加希望者を募ります。

普段は仕事に一生懸命で、ゆっくりお話しする機会がないので、楽しみです。
日之出メンバーの皆さま、ご都合がつきましたらぜひご参加くださいね。

ゆりこ


伝えることの難しさと伝わることの重要さ

皆さま、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

先日のデイミーティングで7月のバースディを祝いました。
今月は3人、ベテランのEさんと新人のYさん、それに私です。

DSC_9753

Eさんにはこれまでの功績を讃え、お礼を述べ、Yさんには歓迎の気持ちと今後への期待を込めたご挨拶をしました。

DSC_9756

私には、松本取締役(息子です)から、お祝いの言葉と皆の拍手で祝ってもらい、照れくさいけど、嬉しかったです。

私がお話したことは三つ

一つは、お客様のことを第一に考える日之出の姿勢に、高いご評価をいただけたことです。「何を頼んでも、気持ちよく引き受け、しかも早い、万一不具合があっても、誠実に対応してくれて信頼できる。」とのことです。
高品質のご評価は以前からいただいているのですが、お客様のご要望、難題をひとつひとつ誠実に取り組んできたことによって今があるのです。

二つ目は、神奈川での重度障害者施設の事件に触れ、障害のある方々や高齢者、こどもたちがたいせつにされる社会が、皆にとっても一番仕合せな社会であることをお話しし、日之出社内でも、お互いを思いやる気持ちを大切にしてほしいこと。

三つめは、原料費、人件費も上がるグローバルな時代、変化していかなければ生き残れません。
今回のインターンの高校生の受け入れ等新しいことを積極的に受け入れ、チャレンジする気持ちを持って欲しいとお伝えしました。

今回は、誕生日のお礼の挨拶に加えて、三つもお話してしまったので、多分伝わらなかったのではないかと思います。

DSC_9760

案の定、縫製部のホワイトボードにも一つ目のことしか書かれていませんでした。

皆の心の底まで届くように伝えるには、心を尽くして何度も繰り返してお話しするしかないと思いました。

ディミーティングを始めた理由は、社内の意思の疎通に努め、言葉だけでない全社一丸を達成するためでした。最近製造に追われ、月一回バースディを祝うための会合になっています。
少しマンネリになってきたので、やり方や時間を変えて、続けたいと思います。

 

ゆり子


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ