Posts Tagged ‘#エクスマ’

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」ガンジーの名言通り、ゆっきー旋風が豊橋を駆け抜けました。

こんにちは。日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。
今日、エクスマ塾で同期のゆっきーこと恵 幸子さんが、奄美大島から豊橋やってきました。

ゆっきーは、赤ちゃんを先生として、学校や病院、ホームに派遣するという不思議で素敵なプロジェクト、「ママの働き方応援隊」の創始者です。
そこから発展して、ママの能力を社会に還元するという社団法人ママ脳総合研究所 理事長として、日本中を駆け回っているのですが、先日豊橋で会合があると連絡をいただき、お会いするのを楽しみにしていました。

新幹線こだまでやってきたゆっきーを午前11時10分過ぎに改札口でお迎えし、私の車で会場の牛川町の「いるカフェ」さんに向かいますが、4時に東京で約束があると聞いてびっくり、どう考えても間に合いません。
駅から6.5キロの会場までは、市内を抜けていくので、そんなに早くは行けないのです。

とにかく遅れるむねの連絡をしてもらい、いるカフェに11時35分着、ゆっきーだけ降りてもらって、駐車場を探します。
東京から名古屋まで2時間なので、豊橋は1時間半で行けると思われるのですが、どっこい、日中はひかりが2時間に1本しかない悲しさです。



それでもさすがゆっきーは慌てず騒がず、12時半に帰りのタクシーを予約して、わずか50分の滞在で、挨拶、交流、悩み相談までこなし、



ランチはもちろん完食、疾風のように豊橋を駆け抜けました。

ゆっきーの座右の銘、ガンジーの名言「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」が、心に響きました。


身体に気をつけて、ママと子供たちが仕合せで、ママ脳を生かして活躍できるような世の中を創ってください。



元気で明るいママハタの皆様にも、お会いできて嬉しかったです。
ママの能力は、会社の経営力と同じ、自分を信じて仕合せな家庭を築くとともに、好きなこと、やりたいことに注力して、充実した人生を送られますようお祈りいたします。
私も 小さな会社の中で、理想の火を燃やしてがんばります。



ゆりこ

 


豊橋エクスマセミナー☆人は愛され仕合せになるため生まれてきた

皆様、こんばんは。夜も更けてまいりました。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。



昨日、懇親会を入れると9時間以上に及ぶ「豊橋エクスマタイムズセミナー」を受講して、少しも疲れなかったことに驚きました。



会場(穂の国とよはし芸術劇場プラット)も豪華で快適だったのですが、とにかく楽しかったのです。



エクスマ塾やSNSを通じて知り合った方々や同じような考え方をする方々にお会いできて嬉しかったということももちろんですが、「人は愛され仕合せになるため生まれてきた」という藤村正宏先生の思想が基本にあるからなのだと思います。



和気あいあいとした懇親会も、大阪の畑 裕志(ボンバー)さんのマジックまであってとても盛り上がりました

さすがに今日はキビキビと動けなかったのですが、温かい仕合せ感に満ちた心地よい疲労感に浸っています。



藤村先生、短パン社長こと奥ノ谷圭祐様、素晴らしいご講演をありがとうございました。
こんな素敵なセミナーを企画してくださった松林克法様、澤山哲也様にも感謝いたします。お二人のお話もとても良かったです。
セミナーでお教えいただいたことを実践して、皆が楽しく仕事をして、お客様に喜んでいただける仕合な会社を目指します。


ゆりこ


ニックネームの効用☆「ひまわり」になってから、より明るく前向きになった気がします。

今日「松本さんて、いつもニコニコしてますね。」って褒められました。

気が付けば、最近よくそう言われます。

080807-143%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%b8%82%e4%b8%8a%e9%87%8e%e7%94%ba

「ひまわり」っていうニックネームのお陰かもしれません。

昨日伊勢に行った時も「ひまわりさん」って呼ばれると、坂道が辛くても「は~い」って明るく答えたくなります。

三年前、ご縁があって入会させていただいたこの交流会では、ニックネームで呼び合う決まりでした。

最初は名前とニックネームの両方を覚えなければならないので大変でしたが、会う回数が増す毎に、どんどん親しくなれるのは、ニックネームの効果かもしれません。

今年の二月に思い切って入塾した、藤村正宏氏の体験を売るという実践的マーケティング手法を学ぶ「エクスマ塾」では、初めからニックネームオンリーです。合宿で寝食を共にしたこともあって、あっと言う間に親しくなりました。同期に「さくらちゃん」がいますが、お花のお仕事をされているので、より素敵ですね。

私はもともと花の名前なのですが、「ひまわり」になってから、より明るく前向きになった気がします。

名は体を表すって言いますものね。
ひまわりの花のように、いつでも明るく大らかに笑っていたいと思います。

ゆりこ

 

 


ゆる呑み会ですが、つながりの経済では、ゆるマナー厳禁です。

12月開催のFacebook友達のゆる呑み会に申し込みました。

14520512_1255659104468107_3080580588102489056_n

https://www.facebook.com/events/643872972448181/

以前からお誘いいただいていたのですが、仕事の予定が確定せず、締め切りギリギリになってしまいました。

夏の時、数週間前にメッセージでキャンセルをお願いしただけで、イベントページの表示を不参加にするのを忘れてしまいました。結局ドタキャンになってしまい、会場を提供してくださる「かぐやひめ」さんにご迷惑をおかけしてしまったのです。

いつもご一緒に勉強し、親しくお話ししてくださるオーナーの大橋さんに、とても申し訳なく思いました。

会合でもセミナーでも、とりあえず申し込んで席を確保し、気軽にキャンセルする方も多いと聞いています。

一時お客様は神様という風潮が流行りましたが、今は見直されてきています。
人というものは、謙虚に努力するといくらでも良くなりますが、油断して傲慢になると、どんどん悪くなります。

宅配便でも再配達の有料化が検討されています。
自分で指定した約束の時間に不在の人も多く、中には苦情を言う人までいるらしいです。

もし配達してくれる人が知人・友人だったら、恥ずかしくてとてもそんなことは言えないですね。お詫びして、潔く追加料金をお払いすると思います。

エクスマのセミナーはもっとはっきりしています。
「一度申し込んだらキャンセル不可ですので、よく考えてね。」と明記してあります。

行くか、行かないか、意思を問われるので、真剣さが増していい結果になりそうです。

12月のゆる呑み会ご参加の方々は、勉強するときは真剣に、遊ぶときは思いっきり楽しく笑う気持ちのいい方ばかりですので、すごく楽しい会になると思います。

とても楽しみです!
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

ゆりこ


「一番大切なものは自由」の父とエクスマ。

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

もうすぐ「父の日」ですね、皆様プレゼントはご用意されましたか?
照れ屋のお父さんもきっと嬉しいと思うので、心がけてあげてくださいね。

父が亡くなって早5年半が過ぎましたが、笑顔の父しか思い浮かびません。
父の「鶴の一声」で、あっちといえば家中があっちを向き、こっちといえばこっちを向くというような家庭でしたが、父は全然怖くはありませんでした。とても朗らかな人だったからです。

100000009000969951_10204

ほらふき男爵の冒険と父の思い出

子どものころから面白いお話をしてくれたのですが、ほとんど「ほらふき男爵の冒険」みたいなお話ばかりでした。出かけるのも好きで、バスや電車であちこち連れて行ってくれたのですが、いつも行き先は決まっていなくて、ワクワクドキドキしたことを思い出します。
車もすごく好きで、小学生の頃には、日曜日は毎週ドライブに出かけていました。毎週早朝出て夜遅く帰宅するので、月曜日は必ず宿題忘れで先生に叱られ、バケツを持って廊下に立たされたこともありました。

仕事の話も良くしてくれましたが、なぜかいつも大成功の話ばかりでした。
当時の父の会社ー大田区の六郷橋近くのプラスチック成型の町工場ーにも時々遊びに行きましたが、「ダイヤモンドの粉で磨いているんだよ。」と楽しそうに説明する父を見て育ったので、私も仕事が大好きになったのかもしれません。

「一番大切なのもは自由だ、そのために少しばかりの金と努力がいる。」というのが口癖だった父でしたので、「勉強しろ」と言われたことは一度もありませんでした。
それどころか、受験勉強中の私のところに、「面白い映画をやっているよ、一緒に見よう。」と誘いに来るありさまです。つられて映画を見てしまう私でしたが、楽しい思い出になって良かったと思っています。そんな風に「まぁ、いいか」と思ってしまう呑気なアバウトな性格は、経営者に向いていたと今更ながら、父のおかげと感謝しています。

その時は全く気がつかなかったのですが、私の家は普通の家庭とは大きく違っていたようでした。「~しなければ」とか「~してはいけない」という躾けはされなかったので、お嫁に行ってから苦労しました。(笑)

若き日の父は大学卒業を3カ月繰り上げて戦争に行き、ビルマのインパール作戦最前線で命からがら敗走する苦労を経験したのですが、その体験談でさえ、「ほらふき男爵の冒険」のような感じでした。
自分の部下の命だけは守ると決心して、必死に全員連れて帰った父は、それ以上悲惨なことは言いたくなかったのだと思います。

考え方てみると、発想がユニークでいつも楽しんでいて、人を大事にして皆に好かれる父の性格は、とてもエクスマ的だと思います。

きっと今頃は、戦死した大学の友人達や早世した大親友と、天国で楽しく暮らしていると信じています。

ゆりこ


エクスマセミナー イン 豊橋

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

昨日の夜はドキドキして良く眠れませんでした。
今日豊橋でエクスマセミナーが開催されるのです。

藤村正宏先生の「モノを売るな!「体験」を売れ!」のご本に出会ったのは10年ぐらい前のことでした。これまでの原価を積み上げて価格を決めるメーカーらしい考え方が通用しづらくなって危機感を感じていた私には、目から鱗の斬新な考え方でした。

2011年6月7日、名古屋のセミナーで初めてお会いした藤村先生のまなざしがお優しかったことを思い出します。

DSC_9230

あの時、ご著書「集客術」に書いてくださった言葉は「Let’s Move !! 」でした。

DSC_9234

あれから5年、ちゃんと動けたかしらと反省しきりですが・・・
「大丈夫、今日から頑張ってね!」って優しい藤村先生のお声が聞こえてくるようです。

「真理にそって行動しよう!」という規範にたって物事を考えてきました。人を恨んだり、うらやんだりせず、自分を卑下せず明るく考えようと元気づけられてきました。
エクスマの考え方はビジネスに活かすのはもちろんですが、生きていく指針ととしても大事なものになっています。

せっかく生まれてきたのですから、私だけでなく、息子や日之出メンバーにも伝えて、真理にそって誠実に歩み仕合わせでいたいと想います。

ゆりこ


看板を勧めない豊橋の看板屋さんことJimdo Cafe豊橋主宰市橋 求さんののFacebook活用セミナー

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

昨日、いつもお世話になっている豊橋の看板屋さんこと、Jimdo Cafe豊橋主宰の市橋 求さんのFacebook活用セミナーを受講しました。

DSC_8739

市橋さんのFacebookno活用方法は、他のセミナーと違っています。
会場はFacebook友達のカフェ Accodianaさんです。

DSC_8760

まず一切広告宣伝めいたことは載せません。
「市橋は何をしているのか?」ではなく「どんな人なのか?」が重要なのです。

日々のちょっとした出来事や面白話など、くすっと笑えるような内容が多いです。
一日に何回でも投稿するし、いいね!の数にもこだわりません。

DSC_8744

友達の数もTwitterこそ4万人ですが、Facebookは数百人と大分少ないようなのです。

市橋さんのFacebookの基本スタンスは、関係性を築く事を第一にしているので、交流のない人はどんどんお友達解除しているそうです。お客様まで解除してしまったという徹底ぶりに、みな びっくり!! 「影響なかったですか。」と聞いてしまいましたが、「お仕事がなくなった」こともあったそうです。

少なくなった友達を市橋さんはとても大事にしています。
セミナーでもランチ会でも、Facebookの招待機能は全く使わず、一人一人にメッセージを書いて招待してくれます。またセミナーなどの行事が終わった後も必ず全員にお礼のメッセージを書くのです。

そんなふうですから、市橋さんから招待が来たら、都合がつけば必ず参加する事にしています。参加表明をしてから、じっくり内容を見るという感じです。市橋さんは、いつも私たちの仕事がうまくいくように真剣に考えてくださるので、内容はいいものに決まっているのです。
「何を」ではなく「誰から」が大事とエクスマ塾で習った真理そのものです。

自分のPRはしない市橋さんですが、友達のPRは積極的にします。
市橋さんのやり方を見習った友達が市橋さんのpRをするようになりました。
仲間が応援してくれるので、自分で宣伝しなくてもOKなのです。

そんなわけで、市橋さん主催のセミナーはほとんど友人で埋まります。

DSC_8747

商工会議所のある時のセミナーの出席者130人(そもそも個人が主催するセミナーで、あり得ない数なのですが)Facebook上での参加者115人のうち、市橋さんが個別に招待した人が90人、10人がその他の友達、残りの15人のうちのほとんどが市橋さんの友達の紹介、何も関係なく来た人はたった3人! 商工会議所会員6,000社にチラシを配ったのですが、それを見て来た人も5人だけだったのです。チラシを配る必要も無いようなのですが、実験のため作り続けるそうです。

ほんとうに凄い時代になりました。まさに繋がりの経済が世の中を回しています。

豊橋生まれでない私も、Facebookを通じてお友達がいっぱいでき、友達の飲食店でお食事して、友達のカフェでコーヒーを飲み、身の回りのものもどんどん友達からで間に合うようになってきました。
少しお高めのバッグやアクセサリー、とうとう冷蔵庫までお友達から買ってしまいました

もし将来看板が必要になったときは、迷わず市橋さんにお願いします。そのときはもちろん「相見積もり」なんて絶対しません。市橋さんが日之出にとって最適なものを提案してくださる事を信じていますので。

 

ゆりこ


「エクスマ=愛」実践して成功するのが講師の方々の願い!!

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

「 すべての出会いは
素晴らしい出会い.
協調.調和.
楽しんで.おもしろがろう! 」

DSC_8074.jpg2

私のために書いてくださったメッセージが
言霊となって私の胸に響いてきます。

エクスマ東京塾71期が始まってからも、
毎日のように飛行機や新幹線に乗って
あちこち講演に行かれる藤村先生!
中国にも行かれましたよね、
そんなお忙しい合間に、

71期16名の終了証書を、
一人一人に似合う言葉を考え、
デザイン、額装してアートにして・・・
しかも手書(描)きで・・・

いつ書(描)いてくださったのか
見当もつきません。

Facebookやツイッター、ブログ等で、
自分が発信する以上に、他の人の投稿を
見て、いいね!やコメント、リツイートする
ようにご指導していただいた私達は、
藤村先生や講師の方々を追いかけ、
行動が丸見えなのです。

SNSでの発信は、単純のようで深い
慣れないブログを毎日書くなど、
正直なかなか大変なのだけれど、
苦しくはない・・・
楽しむことが基本だから

もっと忙しい講師の方々が
毎日をブログを書き、SNSで発信
塾生のブログ、発信を読み・・・
コメントに返事をくれる。

セミナー三回目、ゆかりんがツイッターの
講義を2時間、短パン社長が2時間15分
ぶっ通しで話し、「塾が終了したら二度と
口も聞かないからね!」と言ったことが
忘れられない。

一期一会の気迫を感じ・・・
気持ちが引き締まった。
ハッピーやかっちゃんが、
皆のSNSにビシバシメスを入れて
プロフィールをその場で変えた人も・・・

そうなんだ!習うよりも慣れろ
何より実践なのだ

講師の方々の半端ない情熱が伝わった
とびきり熱い、ほとばしる愛を感じた
だから皆頑張れたし
胸に温かいものが残った。

8371_1148965448489015_8111403918505178603_n

絆が生まれた

塾生が実践して成功するのが
講師の方々の願い

”愛”には”愛”で答えるしかない
楽しく実践し続けたいと思います。

 

ゆりこ


「モノを売るな!体験を売れ!」のエクスマ塾を卒業。

皆様こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

9日の土曜日は、エクスマ東京塾71期の最終回でした。
”モノ”を売らず”体験”を売るという藤村正宏先生の
「エクスペリエンス・マーケティング」=「エクスマ」に
出会ったのは、随分前のことでした。

51AFP2EXY9L._SX334_BO1,204,203,200_

今回思い切って、エクスマ塾に申込んで驚いたことは、
藤村先生の本も読んだこともセミナーを受講したことも無い
方が3~4人もいたことでした。しかも若いサラリーマンや、
利益に関係の無い看護学校の先生もいます。

藤村先生の塾を卒業したお弟子さん達が全国で
活躍しているので、そのご縁で来たようでしたが・・・
決してお安くない受講料を若い方が自腹で申し込む
決断力と前向きさにショックを受けました。

一回目の2月13日の土曜日、東京和泉多摩川にある
エクスマスタジオに1時間以上前から続々と受講生が集まり、
午後1時開講、10分程度の休憩2~3回のみで夜7時まで
情熱的な講義が展開します。引き続きスタジオのすぐ前の
ベトナム料理店で懇親会、あっという間に時間が過ぎ、
最終の新幹線に乗り遅れないように神戸のゆっきーと
沼津のさくらちゃんと共に急ぐことに・・・

講師は藤村先生の他、短パン社長こと奥ノ谷圭祐先生、
ハッピーこと橋本 亨先生、かっちゃんこと勝村大輔先生、
ゆかりんことYukari Sato先生、受講生たちも71期塾生の
Facebookページで、ニックネームを決めてきています。

12837420_745261938938771_1399800056_o

ニ回目は伊豆長岡のはなぶさ旅館での合宿。
宿のご主人も塾生OB、なぜか旭川のうらちゃんと
浜松のはだっちが一緒に車で来ています。
合宿の最大の目的、他己紹介の課題のため夜中の3時まで、
グループワークしたことで、全員急激に親しくなりました。

三回目の課題はSNS、ゆかりん先生のツイッターの講義
から始まり、受講生全員のブログ、Facebook、ツイッターを
検証して、徹底的に駄目ダシされます。

12931273_1100816013315626_8216286000914899470_n

そして最終回、藤村先生はじめ、講師の先生方の
講義と励ましの言葉のあと、終了証書をいただきました。
なんと藤村先生の手書きです。絵も字も一人一人違います。
塾生OBも応援に駆けつけて、エールを送ってくださいました。
いつものお店での懇親会も温かく和やかに過ぎていきます。
東京に泊まる人が多い中、後ろ髪を引かれる思いで、
先生方や仲間にご挨拶、全員の方と固い握手を交わしました。
うらちゃんは店の外まで出て見送ってくれました。私のことを
紹介してくれた時は、名前もよく覚えてくれていなかったのに、
いつの間にか親友のようになっていました。

最終のひかりに2分前に滑り込み、心のこもった大切な
終了証書と共に温かい気持ちで帰りました。
藤村先生はじめ講師の先生の皆様、愛に溢れる
熱血 ご指導ありがとうございました。
同期の皆様、一緒に学ばせていただき嬉しかったです。
今日からが本当の始まり、これからもよろしくお願いいたします。

 

ゆりこ


藤村正宏先生のエクスマ東京塾合宿で「関係性を深める」課題に没頭。知っていると実践する差は大きい!!

皆様こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

3月5~6日、エクスマ東京塾の合宿で伊豆長岡に行ってきました。

http://www.ex-ma.com/

藤村正宏先生のご本に出会って10年、閉塞感に悩む今年は
できることは何でもやろうと一大決心しての入塾でした。

知っていると実践する差は大きいです。

講師の先生方はもちろん、塾生の方々のパワーが凄くて圧倒されます。
藤村先生のセミナーを一度も聞かずに申し込んだ方も何人もいて、
その決断力に驚かされました。
DSC_7384.jpg3

午後1時伊豆長岡温泉の「はなぶさ旅館」に集合、和気あいあいとランチをいただいた後、待ちに待った藤村先生や短パン社長のエクスマセミナーが始まりました。

その後他己紹介のやり方を勉強し、A5等級の伊豆牛など数々の豪華な夕食を挟んで

夜中の3時過ぎまで、塾生同士の「関係性を深める」課題に取り組みました。

翌朝は5時半に起きてやっと温泉を堪能することができましたが・・・

DSCF3720.jpg20

美味しい朝食をいただいた後、グループで自習、セミナー、リファーサル、

 

12790077_745261902272108_1808257268_o
写真はゆかりん先生が撮ってくださいました。
本番と続き午後3時までみっちり研修が続きました。

ほとんど眠れませんでしたが、なぜか全然眠気も疲れも感じませんでした。

やっぱりエクスマは楽しいのが基本ですね。

 

 

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ