Posts Tagged ‘#レンタル’

レンタル用お掃除クロスの点検仕上げ

皆様、こんばんは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

日之出では、主にレンタル用のモップや玄関マットを造っているのですが、レンタル用のお掃除クロスもたくさん作っています。

糸から手配して、織機、精錬、裁断、縫製、染色を終え、一枚一枚丁寧に点検して仕上げます。
縫うのも一枚一枚手作りですので、1,000枚縫えたら、まとめて染色します。

今日染色が終わり、仕上げ室ではクロスの点検仕上げに大忙しでした。



リーダーのNさんが、一枚一枚手際よく点検しています。



さすがベテラン、丁寧かつ素早く仕上げしていく様は気持ちがいいです。

染色して乾燥機から出したら、直ぐに仕上げなければ皺が伸びませんので、いつもは縫製部が応援して大勢で一気に仕上げるのですが、今は受注残を抱え超忙しくて人手が足りません。
代わりに楽天担当のSさんがせっせと作業してくれていました。

日之出に他の部署も気持ちよく手伝うという社風が、育っているのが嬉しいです。

ありがとうございます。
季節の変わり目、身体に気を付けて皆で頑張りましょう。


ゆりこ


新しい仕事ー人から求められ、役に立つものーを創る

皆様、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本です。

今朝工場にいってみると、昨日入社したHさんが、早速モップを縫っていました。
ミシン経験者ですが、さすがにまだまだゆっくりです。
ゆっくりでもいい、丁寧に着実に縫うことが、丈夫なレンタルモップづくりに欠かせません。



最近、多くの方が入社してくださったのですが、一人前になるにはなかなか大変なのです。

昨年、ドクタースタッフでベテランが二人辞め、産休の人が二人、技術に優れた四人が欠けたのは痛手です。

一流の技術者を育てるのは、数年も時間がかかるので・・・
できるだけ長く働いてくださるのがありがたいのです。

せっかく日之出を選んで入社してくださった方々と、できるだけ長く気持ちよく楽しく過ごしたいと願っています。働きやすい環境を整えるのは私の大事な役目です。
また、皆に十分働いていただけるだけの仕事を創らなければなりません。



今は生産に追われて、どんどん人を増やしていますが、受注が少ない時のことも考えておかなければなりません。
ご注文が多すぎるのも大変ですが、無い方がもっと大変です。

リーマンショックの頃は、休業してセミナーで勉強したリ、5Sや掃除に励むだけでは足りず、一部のパートさんに辞めていただいたり、時短をお願いしなければなりませんでした。

お客様の受注や景気に左右されない自社製品を考える必要があるのです。

そんな気持ちもあってOTOME バッグを開発したのです。
表参道のセレクトショップや伊勢丹本店さんに出展するまで行ったのですが、とん挫してしましました。
モップ造りが忙しいとか、材料のエコ帆布の入手困難とかいろいろ理由はあったのですが、要するに、やりきれなかったのです。



また、日本一のエコ帆布バッグに拘り過ぎたとも思います。

自分達の思い込みでなく、人から求められるもの、役にたつものの視点で考えていきたいと思います。

ゆりこ


健康診断は会社と従業員双方に受診の義務があります。

皆様、こんにちは!



花冷えのおかげか、桜もまだ綺麗で、日之出にもチューリップが咲き、



ご近所の丹精された花壇に癒されるこの頃の豊橋です。

さて今日は日之出グループの健康診断でした。
早朝から検診車2台で来てくださりありがたいことです。

レンタルに出かけるダストクリーンが一番最初、玄関マット部門の日之出テックスも、こちらに来てくれ、無事に終了してほっとしました。

総務マネージャーのSさんが、7時半から出社して準備してくれたおかげでスムースに運び、
体調不良で欠席したMさんの再診の手配もできて良かったです。

新城工場の方々は、別途現地の医療機関で受診してもらいます。

会社は従業員全員に健康診断を受診させる義務があるのですが、従業員も受診する義務があることが、ようやく徹底されました。

持病などで他所で健診を受けた場合も、結果を会社に報告しなければなりません。
会社は、従業員の健康状態を把握して、無理ないように配慮することが求められているのです。

健診していても、これまでも何人かのメンバーが病気になり、そのたびに業務内容や、時には会社も職種も変えて、乗り切ってきました。

今も休職療養中のベテラン二人の復帰を待ち望んでいます。

会社は大きな家族のようなもの、お互いに身体に気を付け、皆で助け合って楽しく仕合せに過ごして行きたいと願っています。

ゆりこ


東日本大震災から6年、東北地方の方々の前向きな頑張りを尊敬します。

皆様、こんにちは。
東日本大地震から6年経ちました。
テレビによりますと、地震とその後の影響で亡くなられた方が2万人、
いまだに避難生活を送っていらっしゃる方々は12万人もいらっしゃるそうです。

当時モップ・マットレンタル業会の役員だった私は、東北地方の会員企業の方々の安否を確認するのに必死だったことを思い出します。

電話は全く通じず、会員企業全部に連絡するのに丸二日かかりました。
幸い人命に別状は無かったのですが、社屋や車、自宅等にかなりの被害がありました。

特に地震と原発でダブル被害を受けた福島県の社長様が、業界会長だったので、大変だったと思います。

お見舞いのとりまとめやらで、東北の皆様と話す機会が多かったのですが、愚痴や弱音を吐く人がいないのに驚きました。

その年の総会を東北支援を兼ねて青森で開催し、ねぶた祭りを見学した折り、被災した企業様から飲み物などの差し入れをいただき恐縮したことを思い出します。

↓被災社長様の頑張りのご様子と当時の気持ちを綴ったブログです。良かったらお読みくださいませ。

今私にできること

2014年の夏、同じ会で被災地見学に出かけた時のことも忘れられません。



http://otome-blog.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/–3489.html

現地で知り合いFacebook友達になった女子大生さんが、
お取引先の東京の支店に就職して元気でいるのも嬉しいです。

過ぎたことは過ぎたこと、今できることを前向きにやっていきたいと思います。

日々の暮らしに感謝して、周りの方々に明るくやさしく笑顔で接するよう心がけたいと思います。

 

ゆりこ


RINE@活用セミナーを受講して

皆さん、こんにちは。
今日は、ソーシャルメディアコンサルタントの松浦法子先生のLINE@セミナーを受講しました。



国内利用者数6,800万人のLINEのビジネスアカウントがLINE@です。
メーカーの日之出には関係無いかと思っていたのですが、モップ・マットレンタルのダストクリーンには、有益なツールになりそうな予感がします。
正式なビジネス認証済みアカウントは、まだ25万店とのことですので、先行者利益があるそうです。
設定の仕方も丁寧に教えていただきましたので、先ずは登録からトライしてみます。



松浦先生、素敵なセミナーをありがとうございました。



ご親切に企画して下さった市橋さんにもお礼申し上げます。

ゆりこ


女性だから無理ではなく、トライして解決策を考えることが大事!

嘱託のTさんと面談し、三月からまた一年同じように働いてくださることになりました。
フォークリフトの出荷作業の合間に裁断加工など何でもこなす器用なTさんですが、昨年はちょっと体調を崩し心配していました。



新人Kさんの指導のため、土曜日出社もOKとまで言っていただきありがたいです。仕事に厳しいTさんですが、Kさんのことは認めてくれているようです。
ただ女性は、男性と同じ仕事は無理と思っているようでした。
能力が無いということではなく、体力が無いからとか、刃物の工具は危ないとか思っているようです。




Tさんの後継者となる人を募集したのですが、希望したのは女性だったのです。

日之出は女性縫製メンバーが多く、軽作業に見えますが、糸やモップ製品は意外と重く、力持ちの人も多いのです。

日之出テックスでは、男女共プレス機を扱い大きく重いマットも造っています。
ダストクリーンでも時には大きな重い玄関マットも交換しなければなりません。

どんな職場でも重い荷物を持ったりすることもあると思います。
家庭でも子供を抱っこしたりおんぶしたリ、老人介護したリ、体力がいる場合も多いのです。

最初から重たいから、難しいから女性にはやらせないということは、一見優しく感じますが、やっぱり女性は工場には向かないと、職域の可能性が狭まれることになるのです。

せっかく未来の現場リーダーを希望して入社したKさんの意欲を削がないように、まずは後継者と認めて何でもやらせてみるようお願いしました。努力してみて難しいことがあれば、その時対策を考えればいいと思います。

Tさんだって、年齢とともに荷物は重くなり、大変になっています。
どうしたら女性でも高齢者でも楽に作業ができるか工夫しなければなりません。



今ある手動リフターより能率の良い電動リフターを購入するとか、今話題のパワースーツを検討するとか対策はいろいろあるはずです。

そういうことも現場の方々が自分で考え研究し提案して欲しいと思います。
日之出では、改善のための10万円以下の費用は稟議書もいりません。

人に優しく仕事に厳しい会社
良い仕事を楽しくやりきる会社でありたいと思います。

ゆりこ


待望のニューフェイスがダストクリーンに入社、緑のユニフォームが似合っています。

今日、レンタル部門の(有)ダストクリーンに待望の新人Iさんが入社しました。
朝礼でしっかり挨拶してくれて頼もしいです。



早速ベテランMさんの車に同乗して、実地研修に出発しました。幸い一番大変なルートは今週は無いようです。



ダストクリーンのユニフォームをキリリと身につけ、グリーンが似合って若さが光っています。

夕方帰社した時、聞いてみると「頑張ります」との答え、初日ですので緊張するのは無理ありません。多少重くて汚れた玄関マットを交換したり、お客様に気遣ったり、大変なこともあると伝えてありました。夜しかお伺いできないお客様が数軒あることを伝え忘れていましたが、行ってくれると聞いて安堵しました。
真面目な言動が好もしいですが、焦らず無理せず着実に覚えていって欲しいと思います。
ダストクリーンの皆にも温かい目で見て、育てていただくようお願いしたのはもちろんです。

先が楽しみです。

 

ゆりこ


神様、仏様、鬼〇様、産業雇用安定センターさんのおかげでダストクリーンの人財決定!

産業雇用安定センターのOさんが、ダストクリーン志望の若者と共に来社されました。

産業雇用安定センターHP

Oさんとは昨年10月、豊川ビジネス交流会でお会いしたご縁で、日之出にご来社くださいました。
聞けば企業が撤退する時の再就職支援をされているとのことでした。
豊橋ではイトーヨーカドー閉店が話題になっていたころです。
「やるきのある人なら何をやらしてもできる」というOさんの言葉に押され、工場未経験の女性を採用したことは以前書きましたが・・・
今回は、ダストクリーンのレンタルマンに洋服屋さんのスタッフだった男性をご推薦いただきました。

とても爽やかな好青年です。
音楽の趣味があると聞いていましたが、「音楽は楽しみでプロになる気は無い。仕事をを頑張りたい。」とハッキリ言ってくださいました。

健康で運転もOKです。
お客様に接するのが好きというのが嬉しいです。
人と話すのが嫌い、玄関マットを取り換えたりするのは恥ずかしいという若者も意外と多いのです。



ちょっと重いことや汚れたマットを運ばなければならないこと、時には早出や残業もあることなどもお話ししました。不手際があればお客様からおりをいただくのも当然ことです。
反対にお客様からお褒めをいただくことも多く、誠意を尽くせば喜んでいただけるやりがいのある仕事です。

ご本人の考えが確認できたので、即採用が決定し、来週の月曜日から出社してくださることになりました、

拝むようにお願いして良かったです。
神様、仏様、鬼〇様、ありがとうございます。
温かいオーラいっぱいの素晴らしいお人柄です。
お会いできて幸運でした。
これからもよろしくお願いいたします。

ゆりこ


六十歳からの働き方パートⅡ

今日玄関マット部門の日之出テックスのT工場長と面談しました。

DSC_7690

私が社長になった時四十代だったTさんが、今年六十歳になります。
というか、今年は日之出グループの主要メンバー四人が揃って定年を迎えるのです。
以前からわかっていたことなのだけれど、改めて年月の経つ速さに驚かせられます。
この際、みんなからじっくり意見を聞いて、いろいろ会社の規定も改定しなければならないと考えています。

三銃士のように三社は一つを合言葉にこれまで頑張ってきました。
好不況、仕事の多寡など、状況により、三社で助け合い努力して生き抜いてきました。会社と個人の事情により、人もあちこち配転したり、移籍してきました。

Tさんもいろいろ苦労しましたが、数年前から工場長として皆をまとめてくれています。
日之出グループでは、十数年間、適材適所に人を配転し、しかも移転する人は優秀だと言い続けてきたので、皆変わることにあまり抵抗が無くなったのは良かったです。
以前ダストクリーンのレンタル業務を手伝ったTさんは、エンドユーザーとレンタル会社の事情が良く分かるようになりました。そのためお客様の気持ちになって生産することができるのです。

今も細かくて難しい開発を依頼されていますが、辛抱強く真面目に取り組む姿勢は、お客様からも良いご評価をいただいています。

一応定年となりますが、引き続き工場長として頑張っていただきたいとお願いしました。
年齢は重ねましたが、以前よりやるきと活力に満ちたT工場長は、ますます良い仕事をしてくださると信じています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ゆりこ


六十歳からの働き方

終業後ダストクリーンのTさんと面談しました。

16003175_1347912175272674_6494666802372971361_n

以前より定年後は少し楽に働きたいとの事でしたが、詳しい話が出来ていなかったのです。

本人の希望は「8時半から5時半まで、残業無しで働きたい。」というものでした。
メーカーの日之出と日之出テックスも以前は2時間ぐらい残業していたこともありましたが、今では残業ゼロを達成しています。お客様の所にレンタルモップやマットをお届けするサービス業のダストクリーンは、どうしても残業になりがちです。
以前日之出で染色と洗濯業務に従事していたTさんは、組み立てや日之出テックスの玄関マット製造も手伝ったこともあり、どこに行っても有用な人財です。
どの仕事でもいいとのこと、レンタルがいやでは無いそうなので、ちょっとほっとしました。

昨年から後任のレンタルマンを募集しているのですが、なかなか決まりません。
モップやマットを配達するだけでなく、信頼されご要望にお応えし、お客様の喜ぶお顔が見れるお仕事ですので、やりがいがあると思います。

ノルマは一切ありませんが、報奨金はあり、残業代もきちんと出ますので、やる気のある方にはぴったりのお仕事だと思います。詳しくは↓の募集ページをご覧くださいませ。

(有)ダストクリーンの求人案内

ご興味がありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介くださいますようお願いいたします。

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ