2016年8月

トライアル雇用でSさん入社

皆さま、こんにちは。
日本初のモップメーカー日之出株式会社の松本ゆり子です。

今日からトライアル雇用のSさんが日之出に来てくださいました。

「トライアル雇用」とは、ハローワークが紹介する対象求職者を試行雇用(トライアル)することで、人材の常用雇用を助成する厚生労働省の制度です。

その概要は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1)事業主は、ハローワークが紹介する対象労働者を短期間(※1)雇用し、その間に、事業主と対象労働者との間で、業務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、相互に理解を深めていただき、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけ作りを図っていただきます。


(2) 特に①から⑤の対象労働者については、その後の常用雇用に結びつくように、トライアル雇用期間中に実務能力の向上を図るための取組みを事業主に行っていただきます。


(3)要件を満たす事業主には、次の試行雇用奨励金(以下「奨励金」といいます。)を支給します(※2)。

※1 原則3か月ですが、1か月又は2か月の実施や、実施後に一定期間延長をすることも可能です。

※2 要件については、3ページの「6 奨励金の支給要件」に記載しております。

トライアル雇用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トライアル雇用の対象となる労働者とは
①中高年齢者(45歳以上の者)、②若年者等(45歳未満の者)、
③母子家庭の母等、④季節労働者、⑤中国残留邦人等永住帰国者、

⑥障害者、⑦日雇労働者・住居喪失不安定就労者・ホームレス

今回は、事業継承のため40歳以下の若い人材を求人したところ、②のトライアル雇用をお勧めいただいたのです。

DSCF795033

トライアル雇用のいいところは、企業は、その方の適性や業務遂行の可能性などを実際に見極めた上で、トライアル雇用終了後に本採用するかどうかを決めることができることと、その方も、実際に働くことを通じて、企業が求める適性や能力・技術を把握することができることです。

トライアル雇用のデメリットはあまり考えられませんが、ご紹介いただいたら、必ず面接しなければならないということぐらいです。中小企業では、それすらも面倒という場合もありますし、現場できちんと教えることができなければ、トライアルの意味が無くなってしまうので、要注意です。

条件をクリアーすれば補助金もいただけ、国とお約束したことですので、経営者も気を配る必要があると思います。何より、一人の若者の未来が掛かっていますし、日之出の将来を担う人材に育ってくれるのが一番いいことは間違いありません。

日之出の仕事はラインでは無く、製造、出荷、配送等何でもやらなければならないので、指導するのが難しいのですが、自主性のある人にはやりがいのある楽しい仕事のようです。

今日は、初日ですので、現場の各リーダーのそばで、それこそ見習っていただきました。

職人気質のシニアが多い日之出ですので・・・真は親切で人柄のいい人ばかりです・・・あたたかい目で丁寧に指導してくださるよう皆にお願いしました。

明日からが楽しみです。

 

ゆりこ

 

 


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ