2011年7月

日之出の看板犬

土曜日はマッピィちゃん、里帰りの日です。

お母さんの車の助手席に乗って嬉しそう~



20110703-mappi_R000.jpg


マッピィちゃんは、13歳の老柴犬、目も見えないおばあさん犬です。

事情があって、マンションで飼えなくなったのです。



縫製スタッフのSさんの必死の願いで、

6月初めから日之出に住むことになりました。



長年日之出のために尽くしてくださったSさんの目に涙を見た時、

反対の声を押し切って、社長命令で許可しました。



会社中探して、居場所がみつからなかったのですが・・・

運良くドアが壊れた物置が一つ空いていました。



早速ドアを取り外し、ベッドやサークルを持ち込み立派な犬小屋になりました。



20110703-mappi_R001.jpg


雨の吹き込みと日差しが心配だったのですが・・・・びっくり・・・

翌日、プラスチック波板やすだれが取り付けてありました。

大反対したMさんが、器用に工事してくれたのです。

今では、立派なグリーンカーテンまで着々と準備されています。



マッピィちゃんは、朝出勤してきたSさんと散歩、昼の暑い時間は、

工場トイレ横の涼しい場所で過ごし、夕方もう一度散歩します。



20110703-mappi_R003.jpg

最初の頃Sさんが帰宅した後、くうくう泣くのが可哀相でした。

マッピィちゃんは、声もあんまり出せなくなっていたのです。



行く所が無かったら保健所に・・・

まさに危機一髪だったマッピィちゃんですが、



20110703-mappi_R009.jpg


今では、会社のみんなに可愛がられ・・・

「日之出の看板犬」になりました。



「病気や老衰は諦めるけれど、天寿を全うさせたい。」

Sさんの願いは、しごく真っ当だと思います。



相談してくれて良かった。



日之出メンバーの皆さん、もしどうにもならない問題が起こったら、

相談してくださいね。聞けることと、聞けないことはあるけれど、

一緒に考えて解決の糸口を探ることはできますから・・・



一人一人を大切にして助け合うことは、

良い製品作りのために必ず役に立つと信じています。







ゆりこ




賞与の出前

6月29日は賞与支給日でした。

ほんのわずかな金額です。



社長就任時、会社再構築のため、大幅にダウンした賞与を少しずつ増やす事

を張り合いにしてきたのですが、リーマンショックで躓いてしまいました。

需要の停滞、デフレ、原料高を克服できていません。



20110703-images.jpg


数年前より、賞与の出前をしています。

各現場に出向いて、感謝の言葉と共に一人一人に手渡しします。

あまりに少なくて申し訳ない思いですが、

「働かせていただいてありがとうございます。」と、暖かい言葉を返して下さる方も多く、人に恵まれています。



皆の力を結集して、品質・生産効率・お客様満足度を上げると共に、

新製品開発、新ビジネスモデル推進のために全力で頑張ってまいりますので、

皆様、なにとぞよろしくお願い申し上げます。





ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ