2008年11月

湯谷温泉『はづ別館』加藤社長の講演・・・「当たり前のことを当たり前にすれば商売は成り立つ。」

遠くから交通不便な山間まで、来て下さった業界の皆様のために、

「はづ別館」の加藤社長様に講演をして戴きました。



「はづ別館」は、わずか14室の小さな旅館ですが、日本旅館大賞を2回も

受賞した知る人ぞ知る有名旅館です。

”価値観の宿”として、宿泊したお客様が、チェックアウト時に妥当と思う金額を

払うというユニークなシステムをとっています。



はづ別館
」と言っても、本館は無く、最初は1旅館だけでしたが、今では

湯谷温泉に、それぞれ個性的な「湯の風HAZU」「はず木」「ハズ合掌」を

経営し、他に西浦温泉と渥美半島にリゾートホテルも有ります。



20081130-DSCF7222hazubekkann.JPG


私は、以前から静かな落ち着いた「はづ別館」さんの雰囲気が好きで、

日帰り入浴も含め数回訪れておりましたので、加藤社長のお話は

とても楽しみにしておりました。



会議室に入って来られた加藤社長の姿は、普通と違っていました。

作務衣に羽織と、旅館のご主人というよりお寺の和尚さんといった風でした。



20081130-P1010489-2.JPG


加藤社長は2代目として「はず別館」を継いだ後、2~3年は楽だったそうですが、

バブルが弾け、お客様が少なくなった頃、「一体お客様は、何を求めて来訪される

のだろう。どのように評価されているのだろうか。」と疑問に思ったそうです。



そこで加藤社長は、普通の人では思いもつかないとんでもないことを考えつきました。

「お客様に、宿泊料をきめてもらおう。」勿論、身内も周りも大反対です。

「そんな事をしたら、たちまち潰れてしまう。」当然の心配です。

でも、加藤社長には確信があったのです。

「精一杯心を込めておもてなしもすれば、お客様は必ずわかって下さるはず・・。」

性善説にたった考え方でした。



また、宿の使命は何かと追求し、何も無い山間の温泉で

”退屈する事がいかに贅沢か”と思い至り、”気分を売る”事にしたのです。



20081206-hazubekkann.jpg
はづ別館HPより転載。
 



簡単なアンケートと共にお客様が記入された宿泊料金のこれまでの最低は百円、

最高は六万円だそうです。精一杯のおもてなしに少ない金額を書かれた方が、

帰宅して「儲かったぞ。」と吹聴するより、「悪い事しちゃったな。お前は絶対

ちゃんと払うんだぞ。」と、言って下さると信じているのです。これまで無事経営

して来れた事が、加藤社長の考えの正しかった事の何よりの証明です。



このユニークな取り組みが評判になり、新聞・雑誌・TV等の取材が殺到した

お蔭で、旅行社に営業に行かなくても、お客様が来て下さるようになったのです。

また、後継者がいなかったり、経営が立ち行かなくなった旅館の再建を依頼される

ようもになりました。



20081206-hazukigaikan.jpg 

 はず木HPより転載



常に時代における使命は何かと考え、平成六年には、豪華な食事に飽きている

お客様に向けて、より健康な食事を提供する、”薬膳料理”を特色とした、「はず木」

を開業し、平成八年には、癒しとゆとりを求めるお客様に向けて、エステを併設し、

チェックイン・チェックアウト共12時という24時間ステイを実現した「湯の風HAZU」を

開業したのです。薬膳もエステも24時間ステイもだれもやっていない頃で、

まさに時代の先駆けでした。



20081206-yunokazeterrace.jpg
 湯の風HAZU HPより転載。



今は年間80回位の取材や講演依頼、旅館の立て直しの相談があるそうです。

再建に取り組む時は、以前の従業員をそのまま引き受けるそうで、サービスの質や

人材育成が気になるところです。

「60~70歳位の高齢者も多いので、元気になってもらうよう励まします。」

とのことです。経営者が暖かい心で接すれば、従業員も暖かい心で

お客様をおもてなしすると信じていらっしゃると感じました。



最後に、サービス業としての心構えをお話戴きました。

「当たり前のことを、当たり前にできている。」のがスタート。

挨拶一つでも、できていない事も多いものです。

大切な事は、もてなし=ホスピタリティ=親切。です。



使命感。 奉仕の心。 忠誠心。 誠実な心。

謙虚な心。 思いやり。 感謝の心。 愛。




「八つの事を心掛け、当たり前のことを当たり前にすれば、商売は成り立つ。」

との事でした。



日之出や、ダストクリーンや私達レンタルモップ・レンタルマット業界にも

大変参考になる素晴らしいご講演をありがとうございました。



また、事前の問い合わせを覚えていて下さり、関屋酒造の銘酒「空」まで

頂戴致しまして、心よりお礼申し上げます。



20081130-DSCF7283kouyou.JPG


新鮮でした・・湯谷温泉

16日の日曜日に、会合で湯谷温泉に行ってきました。

紅葉には早いと思っていましたが、小雨に濡れた渓谷の透き通った流れと、

緑の中に紅葉が際立ち、何度も訪れている鳳来、湯谷が、こんなにも美しい所

だったかと新鮮な驚きを感じました。



20081130-DSCF7167resutoitaziki.JPG


はず別館の佐野さんに教えて戴いた、

「レストハウス板敷」さんの釜飯は、とても美味しかったです。

中身の鶏も、ゴボウも椎茸も皆地元で採れた食材と聞いて、

皆満足して戴いた後、車で会議場に向います。



20081130-DSCF7173dasukomu.JPG


「湯の風HAZU」さんのテラスからの景観に、皆から喜びの声が上がりました。

「これは素晴らしい。」「愛知にはこんなに良い温泉があるんだね。」



20081130-DSCF7170yunokaze.JPG


会議は、渓谷を望み油絵の展示された

素敵な部屋で始まりました。



仮予約した日程がずれ、「湯の風HAZU」さんは、16日は満室でした。

お断りのお電話をしたところ、佐野さんが機転の効いた良いご提案を次々に

して下さったので、会議は「湯の風HAZU」さん、宿泊は「はづ別館」さんに

お世話になることになりました。



http://www.hazu.co.jp/hazu/

20081130-DSCF7193yunokaze.JPG


会議終了後作務衣をお借りして、紅葉の綺麗な、「湯の風HAZU」の

露天風呂に入ります。



20081130-DSCF7196rotennhazu.JPG


その後、車で「はづ別館」に移動し(下の橋を渡れば歩いても4~5分ですが・・)

お抹茶を戴いた後、忘年会です。



都合で豊橋に帰る私は、5時52分の特急を待つ間、加藤社長の奥様にお心遣いの

お礼を言うために、駅そばの「はづ別館」さんによりました。



「湯の風HAZU」とは違った趣のある、静かなロビーでお抹茶を戴き、

宿泊するお部屋も見せて戴きました。

床の間付きの10畳と6畳にお茶室までついた特別室二部屋に加えて、

民芸調のお部屋もご用意して戴けると嬉しいお心遣いです。

窓からの清流の眺めと落ち着いた佇まいに、今度は私も

是非このお部屋に泊まってみたいと思いました。



20081130-DSCF7240bekkann kawa.JPG


すっかり日の暮れた単線の小さな駅から一日二本しかない特急「ワイドビュー伊那路」

に乘り帰途につきました。普通電車で1時間10分、特急で45分で豊橋に着きます。

湯谷温泉駅は、夕方の特急発車後は、無人駅になります。改札口も無いホームに

入り、普通電車が来ても、ドアーは開きません。自分で開けて車内で車掌さんから

切符を買います。あまり早くホームに来ると、猪が突進して来る事もあるそうなので

要注意です。

普通電車の最終は午後9時30分頃。豊橋直通は、昼間でも1時間か2時間に

1本しか有りませんので、乗り遅れは厳禁です。



湯谷温泉は、豊橋からあまり離れていないのに、交通不便です。

それだけに、他の温泉地に無い清々しさが有ります。

温泉も本物で、温泉スタンドで売っている位湯量も豊富です。

駅の近くの「まつや」さんでは、とびっきり美味しい五平餅が食べられるし、

各旅館の人々も親切で俗化していません。



ここから少し離れた寒狭川沿いの日之出の新城(元鳳来)工場も、

風光明媚な所に有ります。

元中学校跡地に建つの広い工場に、6人の方が、モップの製作に励んでいます。

離れているので、私は滅多に行かれなくて、申し訳無い思いですが、

皆さん、陰ひなた無く真面目に働いて下さっています。

ありがたい事です。



きれいな水と美しい自然の中に暮らすと、人柄も清々しくなるのかもしれません。

本当に鳳来(湯谷)は、良いところです。


ビジネスフェア2008・・・リサイクルだけど美しい。

ポートメッセ名古屋で開催されたビジネスフェア2008に出展しました。

日之出のライフワークの「お客様ブランドでのエコ製品開発と3Rの実践」の

ビジネスモデルの実践例を実際に見て戴く良い機会です。



20081118-DSCF7110-3.JPG


使用済みのユニフォームや手袋を原料として製造したモップやバッグ等の

リサイクル布製品と、ペットボトルから製造した玄関マットを展示しました。



20081118-P1010463-2.JPG


「リサイクル製品だからこそ、美しくなくてはならない。」と、

ずーっと思い続けてきました。



「ひまわりの帆布(仮称)」は、工場で使用済みになった手袋を

原料として製造した日之出自慢のリサイクル帆布です。

普通の綿帆布より柔らかく古布の様な風合いがあります。

バッグに仕立てると、軽くて手肌に馴染み、肩に掛けても

しっくりと落ち着いて、滑り落ちません。



今回は、創房泰豊さんとのコラボレーションによる、

新作バッグを数点発表しました。



20081118-P1010461-2recyclebag.JPG


デザインにもこだわったので、繊維製品リサイクルの

説明パネルの側に展示したのにも係わらず、

リサイクル製品とは気がつかない方が多かった様です。

我が意を得たりといった感じです。



リサイクルだけど美しい。



手肌に馴染み、使えば使うほど愛着の沸くような

エコで高級なバッグを目指します


一番です・・2001・11・1

深夜会社から帰宅すると、玄関先に楚々としたフラワーアレンジメントが

置かれていました。



20081108-P1010434-1ota.JPG


「あっ、今年も・・」と胸がきゅんとなりました。

十一月一日は、主人の命日なのです。



あの時、ご夫婦で駆けつけて下さった親友の太田さんは、

数年に渡り、規則正しく毎月一日にお花を届けて下さいました。

あまりに申し訳なくて、何回もご辞退したのですが、

今でもお彼岸やお盆など折に触れて贈り続けて下さっています。



太田さんが苦境にあった時、主人がご支援させて戴いた事を

忘れないでいて下さっているのです。

ありがたいことです。



二日の日曜日には、日之出取締役の小松さん夫妻がお参りに来てくれました。



20081108-P1010433-1komatu.JPG


七年前、会長、社長が相次いで亡くなった混乱時に、

「日之出はやって行ける。価値がある会社だ。」と言ってくれた

彼の言葉を信じて、私は専業主婦から社長に転身したのでした。



あれ以来、まさに苦楽を共にし、日之出のために誠心誠意尽力してくれました。

日之出テックス社員の無口な奥様も、家に仕事を持ち帰るほど熱心に、

玄関マット作りに励んでくれています。

本当にありがたいです。



お客様や仕入れ先様、銀行様、社員や友人など

多くの皆様のお蔭で、ここまでやってこれました。

振り返ると感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました



2001年11月1日

負けず嫌いで、一番が好きだった主人の命日です。



私もモップ・玄関マットで一番にこだわり続けたいと思います。

また、これまでお世話になった方々に少しでもご恩返しができるよう、

更に努力して行きたいと願っています。


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ