‘未分類’ Category

日之出株式会社は2月4日に創業94周年を迎えました。

皆様、こんにちは。
立春の今日、東京は雪の予報が出ていましたが、皆様の地方はいかがでしょうか。
日之出株式会社は創業94周年を迎えました。

image_01

創業者松本繁次郎が、大正9年2月4日東京深川にて
平安堂松本商店を開業したのが日之出の始まりです。

アメリカの商社・伴新三郎商店の命を受けて、自動車会社を起こした繁次郎が、
なぜモップを作り始めたのかはよくわかりません。

10年近くの英米滞在を経て帰国した繁次郎が、横浜伊勢佐木町の材木問屋の長女
高瀬キイと結婚し、 赤坂に新居を構えたのは間違えがありません。祖母が「あんなへんぴなところに住んで淋しかった。」と言っていたのは私も直接聞きました。

当時の横浜は外国人も多くとても賑わっていて、明治時代にキリスト教の幼稚園に通い牛鍋を普段から食べるような家に育った娘ですので、洋行帰りの繁次郎にも合うのではということで結婚したと聞いています。

モップと言っても誰も知らないころ、一から作るのですから大変です。
モップだけでは商売にならないので、箒などの掃除用品も扱っていたようです。
繁次郎ももちろんですが、キイもモップ造りを手伝ったり、住み込みの使用人の世話をしたりと大変だったようです。毎日2升のご飯を炊いていたそうで、私がお嫁に来たころも炊飯の水加減は祖母の仕事でした。

当時の洋行帰りは、ハイソサイエティな方ばかりで、そんな裕福な方々とお付き合いをしながら、 地道な商売を続けて行くのも気苦労だったと思います。

生前祖母は口うるさくて皆から煙たがられたのですが、会社を経営してみると、
祖母の苦労は並大抵では無かったのだと思うようになりました。
そういえば繁次郎の親友・・・私達の仲人の伯父さんが、
「キイさんの功績が一番大きかった。」と言っていたのを思いだします。

創業94周年にあたり、創業者松本繁次郎を支えた祖母の功績も讃えたいと思います。

184666_167921486592635_7801620_n
日之出の歴史を振り返り、常に新しい製品の開発に努力して来た姿勢を
踏襲していかなければならないと思っています。

皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ゆりこ


長らくご無沙汰しておりました。

皆様、こんにちは。
長らくご無沙汰しておりました。
一年以上前から、ブログの文面が消えたり見えなかったりと、
PC環境の不調のため 掲載できにくい状態になっておりました。

Otomeスタッフブログの方は、まめに更新しておりましたが、
こちらのブログを見てくださる方も多く、心苦しく思っておりました。
楽天ショップ担当のSさんに少し時間の余裕ができ、
HPやブログ環境の手直ししてくれたので、やっと解決しました。
ブログ記事の移転も完了し、安心して書けるようになりましたので、
今日からまたよろしくお願いいたします。

DSCF052720
専業主婦だった私が社長になって、12年が経ちました。
一番初めの仕事は、前社長の告別式での挨拶でした。
それまで取引先へのご挨拶は、他の取締役にまかせた私ですが、
「貴女はちゃんとできる人だ、貴女の言葉で挨拶をしなさい。」
と後を押してくれた友人のお蔭で、 主人の病状を隠していたお詫びと
これからの会社経営にかける決意を表明することができました。

「あの時の挨拶が素晴らしかったので感激した。」
「これで日之出は大丈夫だ。」
「しっかり支援しよう。」

多くの方々から「そう思った。」と、後日言っていただきました。
翌日には、取締役と二人でお客様のところにご挨拶に伺い・・・
従来通りのお取引のお約束をいただき、一粒の涙も見せなかったけれど、
行き帰りの新幹線の中では、窓に顔を向けて、ずっと泣いていました。

「組織は、外からよりも内側から壊れる。」「利は元にある。」との 父からのアドバイスで、
各地の仕入れ先を巡り支援を要請、 生まれて初めて大阪に行けたのが嬉しかったです。

社員と力を合わせ苦楽を共にして、今日までやってこれましたのも
暖かくご指導ご支援くださいました皆様のお蔭と心より感謝申し上げます。

原料や工賃の上昇など課題は尽きませんが、時代のせいにすることなく、
前向きに努力して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ゆりこ


ブックマーク
松本百合子

日之出株式会社

有限会社ダストクリーン

Otomeショップ